SEO担当者への無料相談はこちら

被リンクチェックツールおすすめ10選!チェックすべき理由も解説

被リンクは、コンテンツの検索順位を決めるうえで重要な要素の1つです。

コンテンツの重要性が高まっているのは傾向としてあります。しかし、被リンクの品質や数が、サイトの伸びやすさに大きく影響するといっても過言ではありません。

被リンク対策をするためには、まずしっかりと分析を行うことが大切です。

そこで本記事では、おすすめの被リンクチェックツール10選を紹介します。

被リンクの調査や分析が重要な理由も冒頭で解説していきますので、
「悪質なスパムリンクがないか心配」
「被リンク対策ができていなかったので本格的に始めたい」
という方は、ぜひ参考にしてください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンクのチェックが重要な理由

被リンクのチェックが重要な理由は、以下の3つです。

  1. 競合サイトの被リンク調査をするため
  2. 良質な被リンクを獲得するため
  3. 悪質なスパムリンクを除外するため

それぞれの理由について、詳しく解説します。

競合サイトの被リンク調査をするため

被リンクチェックツールによっては、競合サイトの被リンクを調査できるものもあります。

多くのキーワードで検索上位を獲得している競合サイトを調査することで「どのようなサイトから、どれだけの被リンクをもらっているか」を把握することができます。

被リンクの品質や数によって、検索エンジンからのサイトの信頼度も変わるとされているため、どこから獲得したら良いのか参考にできます。

良質な被リンクを獲得するため

良質な被リンクは、リンク先コンテンツの検索順位アップに効果的です。

良質な被リンクを獲得するためには、競合サイトの被リンクを調査して、リンク元のサイトへ営業をかけるといった手法があります。

また、競合サイトが被リンクを受けていないかつ業界との関連性が高いサイトが見つかれば、差別化を図ることができます。

悪質なスパムリンクを除外するため

自社サイトへの被リンクを調査して、悪質なスパムリンクを除外するのも大事なポイントです。

悪質な被リンクがついたサイトは、評価を落としかねません。

被リンクチェックツールにより悪質と判定されたスパムリンクは、なるべく早い段階で否認作業を行う必要があります。

被リンクチェックツールおすすめ10選

それでは、被リンクチェックツールのおすすめ10選を紹介します。

  1. Googleサーチコンソール
  2. Ahrefs
  3. Majestic
  4. 被リンクチェックツール「LYNX」
  5. Ubersuggest
  6. hanasakigani.jp
  7. Microsoft Bing Webmaster Tools
  8. Online Broken Backlink Checker「Small SEO Tools」
  9. Moz Pro–Link Explorer
  10. Bing Webmaster Tool

それぞれのツールの特徴を順番に見ていきましょう。

Googleサーチコンソール

運営会社 Google
利用料金 無料
被リンク分析機能 被リンクを獲得ページ
ページごとの被リンク数
被リンク元サイト
アンカーテキスト
公式サイト https://search.google.com/search-console/

Googleサーチコンソールは、Google社が提供する無料のチェックツールです。被リンクの数をチェックできるだけでなく、悪質なスパムリンクを否認する際にも使用するので、被リンクチェックにおいて必須のツールといえます。

Googleサーチコンソールでは、被リンクを受けているURLと、リンク元のURLを一覧表示して確認可能です。チェックしたデータをCSV形式で一括ダウンロードすることもできるので、被リンクデータを整理・分析する際にも役立ちます。

Ahrefs

運営会社 Ahrefs Pte.Ltd
利用料金 ライト:月額12,500円〜
スタンダード:月額25,000円〜
アドバンスド:月額50,000円〜
エンタープライズ:月額125,000円〜
被リンク分析機能 自社サイトの被リンク状況
競合の被リンク状況
対策すべきキーワード
悪質な被リンク
運用サイトの順位変動
公式サイト https://ahrefs.jp/

Ahrefsは、世界中のSEO担当者に使用されているツールです。被リンクチェックはもちろんのこと、その他にもさまざまなSEO調査機能が搭載されています。

Ahrefsが提供する無料のSEOツール「被リンクチェッカー」では、ドメインごとの被リンク数や被リンク数の推移を調査可能です。悪質なスパムリンクを受けた際に通知が届くアラート機能もついているため、Webサイトの安全性を保つためにも有効なツールといえるでしょう。

Majestic

運営会社 Majestic
利用料金 LITE:49.99ドル(約7,500円)
PRO:99.99ドル(約15,000円)
API:399.99ドル(約59,900円)
被リンク分析機能 お気に入りサイトの追跡
有益な被リンク先
上位被リンクの確認
競合の被リンク状況
相互リンク先候補
公式サイト https://ja.majestic.com/

Majesticは、自社サイトへの被リンクの数や質をチェックできるツールです。無料で1回だけお試しチェックができますが、すべての機能を使用するには有料プランに登録しなければなりません。

Majesticの有料プランでは、「最新の被リンク状況」「過去5年分の被リンク状況」の2パターンの指標で被リンクをチェックできます。アンカーテキストやリンク切れ、参照ドメインなどもチェック可能で、被リンクチェックに必要な機能はひと通り網羅されているツールといえるでしょう。

被リンクチェックツール「LYNX」

運営会社 リンクス・アンド・カンパニー・ジャパン合同会社
利用料金 無料
被リンク分析機能 被リンク数
被リンクドメイン数
ホームページへのリンク数
nofollowの被リンク数
被リンク元のページタイトル
アンカーテキスト
公式サイト https://www.lynx-co.jp/backlink-checker/

被リンクチェックツール「LYNX」は、URLを入力するだけで、自社・競合サイトの被リンク状況を調査できるツールです。

対象サイトの被リンク数、ユニークな被リンク数、ホームページへ向けられたリンク数などをチェックできます。

被リンク数の推移などは調べられないものの、無料かつ短時間でサクッと被リンクの現状を調べられるので、SEO初心者にもおすすめのツールです。

「被リンクは気になるけど、今はまだコンテンツを充実させるフェーズだから」と後回しにしている人も、無料ツールを使って一度調べてみると良いでしょう。

Ubersuggest

運営会社 Neil Patel Digital
利用料金 【月額】
パーソナル:2,999円
ビジネス:4,999円
エンタープライズ:9,999円【買い切り】
パーソナル:29,990円
ビジネス:49,990円
エンタープライズ:99,990円
被リンク分析機能 コンテンツごとの被リンク獲得数
自社の被リンク状況
競合の被リンク状況
公式サイト https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

Ubersuggestは、被リンクチェックを含めたさまざまなSEO調査ができるツールです。無制限で利用できる有料プランもありますが、無料プランでも1日3回までなら利用できます。

被リンクチェック以外にも、ドメインパワーを確認したり、キーワードごとの検索順位を調査したり、流入予測を見たりすることも可能です。一般的なSEO対策ツールと比較すると有料プランの料金も安めなので、初めてのSEO対策ツール導入にもおすすめです。

hanasakigani.jp

運営会社 株式会社ディーボ
利用料金 無料
被リンク分析機能 被リンク数
被リンク元のページタイトルやURL
nonfollowの有無
被リンク元の外部リンクの総数
自社サイトと競合の被リンク差
公式サイト https://hanasakigani.jp/

hanasakigani.jpは、無料で利用できる被リンクチェックツールです。

「マイサイトのURL」と書かれた枠に、被リンクがついていて分析・調査したいサイトのURLを入力すると、被リンク数やアンカーテキストなどが一覧で表示されます。

競合サイトのURLを入力すると、競合サイトにおける被リンクの状況をチェックすることも可能です。競合調査の一環として利用してみるのも良いでしょう。

Microsoft Bing Webmaster Tools

運営会社 Microsoft
利用料金 無料
被リンク分析機能 被リンク元ページ
アンカーテキスト
公式サイト https://www.bing.com/webmasters/

Microsoft Bing Webmaster Toolsは、Microsoft社が提供するWeb解析ツールで、Bingの検索エンジン内のパフォーマンスを測定できます。

被リンク元のページURL・ドメイン・アンカーテキストなどを簡単に調べることも可能です。

Online Broken Backlink Checker「Small SEO Tools」

運営会社 Small SEO Tools
利用料金 無料
被リンク分析機能 被リンク元ページURL
アンカーテキスト
被リンク元ドメインのAhrefドメイン評価
nofollow属性かfollow属性か
公式サイト https://smallseotools.com/ja/backlink-checker/

Online Broken Backlink Checker「Small SEO Tools」は、リンク切れのチェックに特化したツールです。

無料かつ会員登録なしで利用できるので、誰でも簡単にリンク切れを調べられるのが最大の特徴といえるでしょう。

Moz Pro–Link Explorer

運営会社 Moz
利用料金 STANDARD:99ドル
MEDIUM:179ドル
LARGE:299ドル
PREMIUM:599ドル
被リンク分析機能 自社サイトの被リンク状況
競合サイトの被リンク状況
対策キーワードの優先度
検索結果の分析
公式サイト https://moz.com/

MOZは、自社サイトのSEO状況や競合サイトの調査ができる、幅広い用途を持つSEOツールです。

MOZには、Link Explorerという機能があり、会員登録することで自社サイトの被リンク状況を把握することができます。

Bing Webmaster Tool

運営会社 Microsoft
利用料金 無料
被リンク分析機能 インデックス状況
検索パフォーマンス
キーワード調査
自社サイトの被リンク状況
競合サイトの被リンク状況
公式サイト https://www.bing.com/webmasters/

Bing Webmaster Toolは、バックリンク機能が搭載されたBing専門のWeb解析ツールです。

自社サイトはもちろんのこと、競合サイトの被リンク数やリンク元のURLを調べられます。

「詳細なレポート」機能を使うと、競合と比較して、自社サイトに足りない要素を確認することも可能です。

スパムの被リンクがチェックできたらリンク否認ツールを活用

これまで紹介してきた被リンクチェックツールによりスパムリンクが検出された場合は、リンク否認ツールを活用します。

リンク否認ツールとは、Google Search Consoleが提供するサービスで、悪質な被リンクを拒否できるツールです。

スパムの被リンクを放置するとSEOに悪影響を及ぼすため、被リンクチェックツールと同時に、リンク否認ツールも活用しましょう。

まとめ:被リンクチェックツールでSEOの外部対策を強化しよう

被リンクは、コンテンツの検索順位に大きく影響する要素の1つです。自社サイトへ向けられたリンクがあれば、ツールを用いて詳細を分析し、良質な被リンクか悪質なスパムリンクか見極めなければなりません。

被リンク施策を行うにあたって、状況の把握は逐一行う必要があるためツールは必ず導入してください。この記事で紹介した10個のツールから選んで活用し、良質な被リンクの獲得を進めていきましょう。

\集客できないお悩み解決します!/

  • HPを作ったはいいが全然集客に繋がらない
  • SEO記事を作成したがリード獲得に繋がらない
  • そもそも何から始めたらいいかわからない

このようなお悩みがあればぜひandmediaへご相談ください。

どんなSEOのお悩みにもプロが丁寧にお答えさせていただきます。

問い合わせ後のしつこい営業は一切しませんので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

無料で相談をする

>>まずは資料請求<<

お問い合わせメニュー