SEO無料相談受付中!

学習塾向けのSEO対策7選!塾生徒を集客するキーワード戦略も解説

学習塾のSEO対策は、塾に関心がある生徒や保護者を集めるために効果的な手段です。SEO対策に取り組むことで、中長期的に安定した集客効果が得られます。

本記事では、学習塾がSEO対策をするメリットや重要なキーワード戦略、効果的なSEO施策について紹介します。「学習塾の認知度を高めたい」「問い合わせ数を増やしたい」という方は、ぜひ最後までご覧ください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

学習塾がSEO対策をするメリット

学習塾がSEO対策をするメリットは、以下の3つです。

  1. 塾に関心がある生徒や保護者を集客できる
  2. 高い費用対効果が期待できる
  3. 学習塾のブランディング効果も得られる

それぞれのメリットについて解説します。

塾に関心がある生徒や保護者を集客できる

学習塾がSEO対策に取り組むと、塾に関心がある生徒や保護者を集客できます。インターネット上で学習塾を検索する生徒や保護者は、勉強への意欲が高く、入塾につながりやすいでしょう。

学習塾の集客で重要なのは、学習意欲が高い生徒や保護者を集めることです。

勉強への意欲が低い生徒や保護者を集めても入塾数は増えません。アプローチするターゲット層を見極めたうえで、的確なユーザーを集客できます。

高い費用対効果が期待できる

SEO対策は、他の集客方法と比較して高い費用対効果が期待できます。

サイトの評価基盤が築けて、高品質なコンテンツを提供し続ければ、検索順位が安定してきます。自社コンテンツを多くの人々に届けられるでしょう。

広告出稿やプレスリリース配信と比べると、SEO対策は中長期的な集客方法です。

なるべくコストを抑えつつ、安定した集客効果を得るためには、早い段階でSEO対策に着手することが重要です。

学習塾のブランディング効果も得られる

SEO対策に取り組むと、学習塾のブランディング効果も得られます。勉強に対する意欲が高い生徒や保護者に向けて有益なコンテンツを発信し続けることで、「信頼できる学習塾」という印象を与えられるでしょう。

学習塾の良いブランドイメージが定着すると、生徒や保護者の間で良い口コミが広がる可能性も期待できます。

口コミや紹介による入塾者数増加という良い循環に入るためにも、SEO対策は重要な施策です。

学習塾のSEO対策を実施する上でメインターゲットは保護者になる

学習塾のSEO対策で重要なのは、情報発信のメインターゲットを生徒ではなく保護者にすることです。塾の費用を支払い、最終的に入塾を決定づけるのは保護者であるため、保護者を納得させられるコンテンツを作成しなければなりません。

学習塾のWebサイトを運営していると、勉強方法や受験対策など生徒向けのコンテンツを作りたくなりますが、それだけでは不十分です。家庭内の決裁権者である保護者を納得させられなければ、入塾者数を効率よく増やすことはできないでしょう。

保護者を説得するためには、「生徒を入塾させるメリット」「学習塾の選び方」というテーマのコンテンツを作成しなければなりません。学習塾の重要性や選び方を解説することで、保護者を納得させることが大切です。

学習塾のSEO対策で重要なキーワード戦略

学習塾のSEO対策では、以下5つのようなキーワード戦略が重要です。

  1. 指名検索
  2. 地域名+塾のキーワード
  3. 志望校名+合格+塾のキーワード
  4. 勉強に関するキーワード
  5. 競合の塾が獲得しているキーワード

一つひとつの戦略について解説します。

指名検索

学習塾のSEO対策をする際は、指名検索で1位を取ることがポイントです。

指名検索とは、「〇〇スクール」「〇〇塾」のように、学習塾の名前をインターネット上でそのまま検索する行為のこと。指名検索をする生徒や保護者は、その塾に対して強い興味関心を持っており、入塾する可能性が高い状態といえます。

適切なアプローチをすることで入塾してもらえる可能性が非常に高いので、取りこぼさないための対策をしなければなりません。

地域名+塾のキーワード

「地域名+塾」のキーワードも対策しておきたいキーワードの1つです。ほとんどの生徒や保護者は、自宅から無理なく通える距離の学習塾を探しており、地域名で検索されることが多いためです。

一口に地域名といっても、都道府県名・市町村名・地名など、さまざまなアプローチ方法があります。複数の視点からコンテンツを作成することで、その地域内の生徒や保護者に対して効率良くアプローチできるでしょう。

志望校名+合格+塾のキーワード

「志望校名+合格+塾」のように、具体的な志望校名を含むキーワードも、入塾につながりやすい重要キーワードの1つです。塾に通う生徒の多くは志望校への合格を目的としており、志望校に関する情報を重点的にチェックしています。

多くの合格者が出ている学校、特に力を入れて対策している学校があれば、積極的に情報開示するのがおすすめです。特定の学校への合格者を多数輩出していることをアピールできると、学習塾のブランディングにもつながります。

勉強に関するキーワード

多くの生徒に認知してもらうためには、勉強に関するキーワードも対策しておく必要があります。勉強に関するキーワードで上位表示できると、より広い範囲のターゲット層にアプローチできるためです。

具体的には、勉強方法やおすすめの参考書など、生徒が知りたいと感じるようなテーマを扱うのがおすすめです。勉強に関して豊富な知識や経験を持ち合わせている学習塾だとアピールできると、お問い合わせ数の増加も期待できるでしょう。

競合の塾が獲得しているキーワード

学習塾のSEO対策を成功させるには、競合の塾が獲得しているキーワードにも注目しなければなりません。競合となる学習塾がどのようなキーワードで上位表示に成功しているかを分析して、自社サイトでも対策を行いましょう。

同じくらいの規模の競合塾が上位表示できている場合、自社でも対策することで比較的簡単に上位表示できる可能性があります。強豪に流れていた生徒や保護者の集客につながるため、競合分析は欠かせません。

学習塾に効果的なSEO対策7選

学習塾に効果的なSEO対策は、以下の7つです。

  1. 問い合わせにつながりやすいキーワードを狙う
  2. 保護者・生徒が求める新規コンテンツを作成する
  3. タイトルタグにキーワードを入れて最適化する
  4. スマホでも閲覧しやすいデザインを心がける
  5. 関連記事を内部リンクでつなぐ
  6. ローカルSEO対策にも注力する
  7. 関連性の高い被リンクを獲得する

それぞれの施策について詳しく解説します。

問い合わせにつながりやすいキーワードを狙う

学習塾への入塾者数を増やすためには、問い合わせにつながりやすいキーワードを狙うのが効果的です。「おすすめ」「体験」「夏期講習」など、問い合わせにつながりやすいキーワードを狙いましょう。

広く浅いキーワード選定をすると、Webサイトの閲覧数は増えても入塾者数が増えないという事態が起こります。入塾見込みのある生徒や保護者を集めるためにも、キーワード選定は慎重に行わなければなりません。

保護者・生徒が求める新規コンテンツを作成する

Webサイトに掲載するコンテンツを作成する際は、生徒や保護者が求めるコンテンツを作成しなければなりません。Webサイトを訪れたユーザーが有益なコンテンツを閲覧することで、運営元である学習塾への信頼性が高まるためです。

学習塾側が発信したい情報ばかりを取り扱っていると、生徒や保護者からの信頼はなかなか得られません。自社の魅力を伝えることも大切ですが、あくまでも生徒や保護者への価値提供を優先するようにしましょう。

タイトルタグにキーワードを入れて最適化する

検索エンジンで上位表示するためには、タイトルタグにキーワードを入れて最適化することが大切です。コンテンツのタイトルや見出しにキーワードを入れることで、何について書かれているのかを検索エンジンに正確に伝えることができます。

タイトルや見出しにキーワードが含まれていないと、検索エンジンのクローラーがコンテンツ内容を正確に認識できません。

そこで、狙ったキーワードで上位表示を目指すためには、タイトルタグや見出しタグには検索キーワードを、できるだけ左寄せで入れましょう

スマホでも閲覧しやすいデザインを心がける

Webサイトに掲載するコンテンツを作成する際は、スマホでも閲覧しやすいデザインを心がけるのがポイントです。

学習塾を探す生徒や保護者は、スマホで検索することが多いでしょう。パソコンのデバイスにのみ最適化したコンテンツでは、スマホ画面で見たときにデザインが崩れる恐れがあります。

具体的には、文字の大きさや改行のタイミング、図表やイラストの視認性などに注意する必要があります。

コンテンツ作成後は、スマホ画面のプレビューを確認してから公開しましょう。

関連記事を内部リンクでつなぐ

学習塾のSEO対策を成功させるためには、関連記事を内部リンクでつなぐことも大切です。関連性が高いコンテンツ同士を内部リンクでつなぐことで、Webサイト全体としての回遊率を高められます。

ユーザーのWebサイト滞在時間が長くなるほど、Googleなどの検索エンジンから「有益なサイト」という評価を得られます。Webサイト全体の閲覧数増加、新規コンテンツの検索順位アップにもつながるので、内部リンク設計も慎重に行うことが重要です。

ローカルSEO対策にも注力する

学習塾のSEO対策では、ローカルSEOへの注力も大切です。ローカルSEOとは、Googleマップのような地図アプリにおける対策で、特定の地域での集客効果が期待できます。

学習塾のような地域に根差したサービス業では、その他の業界と比べてローカルSEOの効果があらわれやすいのが特徴です。

ローカルSEOに力を入れて、地元の生徒や保護者を集めましょう。

関連性の高い被リンクを獲得する

学習塾のSEO対策では、関連性の高い被リンク獲得も重要です。

受験や勉強などの教育関連の情報発信をしているメディアから被リンクを獲得すると、自社サイトのコンテンツの検索順位が上がりやすくなります。

関連性の高い被リンクが多いWebサイトは、Googleなどの検索エンジンから「信頼性が高いサイト」として評価される傾向にあります。

新規コンテンツがインデックスされるまでの時間が短縮されたり、既存コンテンツの検索順位が上がったりする可能性もあるので、被リンク対策は欠かせません。

学習塾のSEO対策ならandmedia株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

学習塾のSEO対策で困ったときは、and media株式会社にお任せください。

SEOに強いプロフェッショナルチームが高品質なコンテンツを作成し、最新のSEO情報も取り入れながらWeb集客を支援します。

and media株式会社は、BtoB事業に強い支援会社として多数の企業から高い評価をいただいております。ユーザーファーストを意識したコンテンツ制作を得意としており、企業の売上アップにつながる施策を提供します。

地域クエリに特化したローカルSEO対策も可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:学習塾のSEO対策はキーワード選定を重要視しよう

学習塾のSEO対策は、塾に関心がある生徒や保護者を集客するために有効な手段の1つです。他の集客方法と比較して費用対効果が高く、中長期的に安定した集客効果が期待できます

学習塾のSEO対策を行う際は、指名検索や地域名など、キーワード選定を慎重に行うことが重要です。問い合わせにつながりやすいキーワードを優先的に対策して、入塾者数の増加を目指しましょう。