SEO無料相談受付中!

中小企業こそSEO対策に取り組むべき!外せない9つの施策を紹介

中小企業が集客力を高めるためには、SEO対策が効果的です。モチベーションが高い顧客にアプローチできるうえに、企業のブランディング強化にもつながります。

本記事では、中小企業がSEO対策に取り組むべき理由や具体的な施策9選、SEO対策の費用相場について解説します。「自社の認知度を高めたい」「集客数を増やしたい」という方は、ぜひ最後までご覧ください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

中小企業こそSEO対策に取り組むべき理由

中小企業こそSEO対策に取り組むべき理由は、以下の3つです。

  1. モチベーションが高い顧客の獲得につながる
  2. 企業のブランディングが厳格でない
  3. 施策の制約が少なく比較的幅広い取り組みができる

一つひとつの理由について解説します。

モチベーションが高い顧客の獲得につながる

SEO対策に成功すると、モチベーションが高い顧客の獲得につながります。インターネット上で検索するユーザーは自ら情報を取りに行く姿勢であり、そうでない人と比べてモチベーションが高い状態です。

自社の商品やサービスを利用してもらうためには、浅く広く集客するのではなく、興味関心がある人々を集めなければなりません。能動的に情報を取りにいくような、モチベーションが高い顧客を集めましょう。

企業のブランディングが厳格でない

中小企業の多くは、ブランディングが厳格でないというのも、SEO対策に取り組むべき理由の1つです。SEO対策は企業のブランディングにも効果的な施策で、ユーザーに対して自社のブランドイメージを植え付けることができます。

「〜といえば〜社」というブランドイメージが定着すると、その後の顧客獲得や販売促進が容易になるというメリットもあります。

中小企業の業績を左右するブランディングを定着させるためにも、なるべく早い段階でSEO対策に取り組みましょう。

施策の制約が少なく比較的幅広い取り組みができる

SEO対策は、施策の制約が少なく比較的幅広い取り組みができるのもメリットです。近年は規制が厳しくなっているとはいえ、広告出稿やプレスリリース配信などと比較すると、自由度が高い集客方法といえるでしょう。

景品表示法や薬機法、個人情報保護法など、扱うジャンルによっては注意しなければならない規制が存在します。

法律違反や名誉毀損に注意しながら、正攻法でSEO対策をすると良いでしょう。

中小企業に有効なSEO対策9選

中小企業に有効なSEO対策は、以下の9つです。

  1. 無料ツールで自社の強みを把握する
  2. 無料ツールで競合他社の分析をする
  3. 事業領域に適したキーワード選定をする
  4. ユーザーニーズや悩みを解消する有益コンテンツを作成する
  5. 専門性の高いページに仕上げる
  6. 低品質コンテンツはリライトまたは除外する
  7. ユーザーや検索エンジンが使いやすいサイト構造を意識する
  8. 被リンク対策を行う(無料でも実施可能)
  9. SNS運用も並行して力を入れる

それぞれの対策について解説します。

無料ツールで自社の強みを把握する

SEO対策を始めるにあたって重要なのが、自社の強みを活かした施策を打つことです。

実際にコンテンツ作成へ取り掛かるうえで、まずは自社の強みがどこにあるのか、正確に把握しましょう。

初期段階で自社の強みを把握できると、集客する際の切り口を最適化することができます。

自社と相性が良い顧客へのアプローチをするために、強みの明確化は早い段階で行いましょう。

無料ツールで競合他社の分析をする

自社の強みを把握できたら、競合他社の強みも分析することをおすすめします。競合他社を分析すると、業界の市場感を把握できたり、自社の改善点に気づけるためです。

競合他社の分析をする際は、流入数・検索順位・獲得キーワードなど細かく分析することがポイントです。

なお、まずは無料ツールで分かる範囲で構いません。競合他社がどのようなキーワードで対策しているのか分析してみてください。

事業領域に適したキーワード選定をする

中小企業のSEO対策では、自社の事業領域に適したキーワード選定をするのも重要なポイントです。闇雲にユーザーを集めるのではなく、自社の商品やサービスに興味関心があるユーザーを集めなければなりません。

キーワード選定は、SEO対策の成功を左右する大切なステップなので、じっくりと時間をかけて行うことをおすすめします。自社商品・サービスの利用につながるキーワードを厳選しましょう。

ユーザーニーズや悩みを解消する有益コンテンツを作成する

キーワード選定が済んだら、一つひとつのキーワードに対して、ユーザーニーズや悩みを解消するコンテンツを作成します。検索キーワードからユーザーの悩みやニーズを推測して、求められている情報をコンテンツ内に盛り込むことが大切です。

有益なコンテンツに仕上げるためには、必要十分な情報量と分かりやすい文章表現が必要です。どちらか一方が欠けると、Webサイトを訪れたユーザーの満足度が下がるため、コンテンツの品質にはこだわりましょう。

専門性の高いページに仕上げる

近年のSEO対策では、Webサイトの専門性の高さも重要視されています。Googleなどの検索エンジンは、専門性が高いサイトを「信頼できる」と評価しており、これはコンテンツの検索順位にも大きな影響を及ぼします。

専門性の高いページに仕上げるためには、過去に取得した資格を掲載したり、専門家への記事監修を依頼したりすると効果的です。扱うジャンルに関連性が高い資格を持っている場合は、積極的に掲載すると良いでしょう。

低品質コンテンツはリライトまたは除外する

Webサイト内に一定量のコンテンツが溜まってきたら、低品質コンテンツのリライトや除外作業も行いましょう。低品質なコンテンツが存在すると、Googleからの評価が低下する可能性があるためです。

コンテンツのリライトをする際は、「競合と比較して不足している部分はないか」「他の記事内容と重複する部分はないか」という視点を持つのが重要です。Webサイト全体で必要な情報を過不足なく網羅するように、計画的にリライトをしていくといいでしょう。

ユーザーや検索エンジンが使いやすいサイト構造を意識する

中小企業のSEO対策を成功させるには、全体を俯瞰したサイト構造にも注目しなければなりません。ユーザーや検索エンジンが使いやすいサイト構造を意識しながら、一つひとつの要素を見直してみましょう。

サイト構造を見直す際のポイントは、「カテゴリー分けは適切か」「関連性が高い記事同士が内部リンクでつながっているか」などの点に注目すると良いでしょう。特に内部リンクは、Webサイトを訪れたユーザーの回遊率にも関わるため、ユーザー目線でサイトを見直す必要があります。

被リンク対策を行う(無料でも実施可能)

中小企業のSEO対策では、被リンク対策も欠かせません。質が高い被リンクを獲得するには、おすすめコンテンツを作成して営業をかける方法と、団体に登録する方法があります。

おすすめコンテンツを作成して営業をかける方法は、同業の企業からの被リンクを獲得するのに有効です。自社サイト内で相手企業を紹介する記事を執筆して、相互リンクの獲得を狙います。

時差bizポジティブ・オフなど、団体に登録する方法もあります。

プロジェクトそのものに賛同しなければ登録はできません。しかし、登録できれば効果的な被リンク対策になります。

なお、団体への登録料やコンテンツの掲載費用がかかる場合もあります。フォーム送信をはじめ、手間をかけずに登録手続きができます。

SNS運用も並行して力を入れる

中小企業がSEO対策をする際は、SNS運用も並行して力を入れることをおすすめします。SEOによる集客に加えてSNS流入も増やすことで、相乗効果が期待できるためです。

SEO対策は、Googleのアルゴリズムアップデートによる影響を受けやすい施策です。SNSアカウントも同時に育てておくことで、Googleのアルゴリズムアップデートで検索順位が下落した際にも、被害を最小限に抑えられるでしょう。

中小企業こそ取り組みたい基本的なSEO対策

中小企業こそ取り組みたい基本的なSEO対策は、以下の3つです。

  1. ページタイトルにキーワードを含める
  2. hタグでコンテンツを構造的に整理する
  3. 関連記事への内部リンクを貼る

それぞれの対策方法について解説します。

ページタイトルにキーワードを含める

Googleのような検索エンジンには「クローラー」と呼ばれるロボットが存在しています。クローラーの役割は、一つひとつのコンテンツのテキスト情報や画像情報を分析して、そのコンテンツが何について書かれているかを判断することです。

クローラーがコンテンツを分析する際に大事になるのが、ページタイトルや見出しタグです。これらにキーワードを含めることで、そのコンテンツがどんな内容なのかを正確に伝えることができます。

hタグでコンテンツを構造的に整理する

コンテンツを作成する際は、hタグを使って構造的に整理することが重要です。

記事の目次を見ただけで内容を把握できるように、ユーザー目線で記事構成を整えましょう。

hタグはクローラーが記事内容を把握する際に重要な項目とされています。hタグだけでコンテンツ内容を把握できるように整理すると、検索エンジンにも正しい情報を伝えられるでしょう。

関連記事への内部リンクを貼る

関連記事への内部リンクは、ユーザービリティとクローラビリティの両方を高める効果があります。

適切なタイミングで適切なコンテンツへのリンクが貼られていると、ユーザーは自然な流れで必要な情報を取りに行けます。

また、検索エンジンのクローラーも内部リンクを分析しており、適切な内部リンクと判断されると、リンク先の記事に対する評価が向上するというメリットも。

SEOにおいて内部対策として重要な施策なので、関連記事が複数ある場合は、適切なタイミングで内部リンクを設置しましょう。

中小企業のSEO対策にかかる費用相場

中小企業のSEO対策にかかる費用は、月額10〜30万円前後となるのが一般的です。大手企業と比べてページ数やコンテンツ量が少ない中小企業の場合は、比較的少ない費用でSEO対策を実施できます。

ただし、SEO対策会社によって提供しているサービス内容が異なる点には注意しなければなりません。

依頼前の打ち合わせでは、実際に必要な費用とその内訳をしっかりと確認しておきましょう。

リソースがない中小企業ならSEO対策の外注化がおすすめ

SEO対策を内製化するためには、一定のリソースが必要です。SEO対策はやるべきことが多いため、リソースがない中小企業が自社で完結するのは至難の業といえるでしょう。

インターネットを活用した集客を成功させるためには、SEO対策会社への外注がおすすめです。一時的なコストは発生するものの、一度構築したWebサイトは長期的な集客効果をもたらしてくれるので、早めに外注して他の社内業務にリソースを割く方が効率的です。

中小企業のSEO対策ならandmedia株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

SEO対策会社選びに迷ったときは、and media株式会社にお任せください。

SEOに強いプロフェッショナルチームが高品質なコンテンツを作成し、最新のSEO情報も活用しながらWeb集客に貢献します。

and media株式会社は、BtoB事業に強い支援会社として多数の企業から評価を頂いております。

法人向けのSEO対策やコンテンツ制作を得意としており、企業の売上アップにつながる施策を提供しています。

中小企業に特化したSEO対策も可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:中小企業こそ集客するならSEO対策に取り組もう

中小企業が集客力を高めるためには、SEO対策に取り組むことが大切です。モチベーションが高い顧客を集められるうえに、企業のブランディング強化にもつながります

SEO対策を成功させるには、自社の分析、競合調査、高品質なコンテンツ作成など、やるべきことがたくさんあります。

もし、リソースが足りない場合はSEO対策会社への外注も検討して、事業成長を加速させましょう。