SEO担当者への無料相談はこちら

介護施設・業界のSEO対策8選!狙うべき3つのキーワードも紹介

インターネットが社会の中で普及し、Webサイトの重要性が高くなっています。

インターネットを通じて情報収集する人はとても多く、介護施設および介護業界においても、自社のホームページ、ブログなどのWebサイトが集客効果が高く、大きな役割を持ちます。

そこでこの記事では、介護施設・業界のSEO対策についてを詳しく解説します。狙うべきキーワードもご紹介しますので、集客していきたい介護施設・業界の方はぜひ最後までご覧ください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

介護施設・業界における現在の状況

まずは、介護施設および介護業界における現在の状況についてご説明します。

2023年現在、65歳以上の高齢者の割合は、全体の29.1%となっています。

この数字は、前年の29%から0.1ポイント上回る過去最高を更新しました。

参照:厚生労働省-統計トピックスNo.138 統計からみた我が国の高齢者

年々、総人口に占める高齢者の割合が増え続けており、総人口のうち約3割が高齢者という現状で、介護施設や老人ホームも次々に新規開業しています。

ホームページに力を入れている介護施設や老人ホームは多く、インターネットから入居者を募集することで、集客を高めています。

高齢化社会だからといって、闇雲に経営していては失敗してしまう恐れがあります。失敗しないためにも、適切なSEO対策を行い、集客力を高めて経営を安定させましょう。

介護施設・業界がSEO対策に取り組むべき理由

介護施設・業界が、SEO対策に取り組むべき理由について解説します。

具体的には、以下の2点が主な理由です。

  1. 高齢化社会に伴って競合の施設が増加している
  2. 情報過多でどの施設が良いか迷ってしまう

高齢化社会に伴って競合の施設が増加している

1つ目は、総人口のうち約3割が高齢者という高齢化社会に伴い、競合施設となる介護施設・老人ホームが増加していることです。

高齢化が進むにつれ、介護施設の需要は伸び続けており、介護業界の市場も拡大傾向にあります。

介護施設の経営者側では競争が激化している状態のため、ライバル施設との差別化を図ることが重要です。

介護施設の雰囲気や特徴、魅力を効果的に伝えることはもちろんですが、まずは自社の存在を知ってもらわなければなりません。

SEO対策を実施して効果が表れれば、検索エンジンの上位に表示されるようになり、知ってもらう機会が増えます。

たくさんの競合がいる中で、上位表示を勝ち取るのは簡単なことではありませんが、SEO対策をしっかり行えばおのずと順位も上がるでしょう。

さらに、介護業界は深刻な人手不足な状態で、働き手を探すのも大変です。

ホームページから集客するだけでなく、求人も行うとより経営を安定させられるでしょう。

情報過多でどの施設が良いか迷ってしまう

2つ目は、どの介護施設が良いか迷っている人に自社の魅力を伝えやすくするためです。

介護施設の数が増えている昨今、探す側は情報過多となっており、どの施設がいいか迷ってしまうケースが多いです。

アピールポイントや魅力が伝わってこない施設よりは、わかりやすく魅力を簡潔に伝えてくれる施設を利用したいと感じるでしょう。

ユーザーはいくつかの介護施設と比較を行いながら検討を進めるため、ライバルと差をつける必要があります。

集客をするうえで重要なのは、「集客すべき対象を知る」ことと、「ターゲットが求めている情報を理解する」ことです。

この2点を念頭に置いて、SEO対策を実施しましょう。

介護施設・業界で取り組むべきSEO対策8選

ここからは、介護施設および介護業界で取組むべきSEO対策8選を解説します。

  1. トップページは「老人ホーム+活動エリア」のキーワードで対策する
  2. タイトル・メタディスクリプションを最適化する
  3. 介護施設サイトに必要な項目をコンテンツ化する
  4. 読者が知りたい情報・ニーズの高い情報をコラム化する
  5. 記事に内部リンクを入れる
  6. 介護施設と関連性の高い被リンクを獲得する
  7. 施設見学や送客したいサービスへの導線をわかりやすくする
  8. SNSを併用する

トップページは「老人ホーム+活動エリア」のキーワードで対策する

まず、トップページの対策として、「老人ホーム+活動エリア」のキーワードを盛り込みましょう。

サイト名に施設名だけでなく活動エリアを付け足すことで、〇〇県〇〇市にある施設であることが瞬時に理解でき、クリックされやすくなります

トップページの挨拶文に関しても、活動エリアをしっかり明記しておくことで、ユーザーも安心して閲覧を続けられます。

トップページのタイトル例

  • 福岡市の老人ホーム|施設名
  • 施設名|新宿区の有料老人ホーム

老人ホームへの入居を検討しているユーザーは、入居したい地域を決めてから探し始めます。そのため、「老人ホーム+活動エリア」のキーワードでの検索も多くなるでしょう。

タイトル・メタディスクリプションを最適化する

タイトルやメタディスクリプションの最適化も、SEO対策において重要です。

タイトルは、コンテンツの中身を表す1文として、非常に重要な役割を持ちます。

ユーザーは検索結果の画面で、タイトルを見てどのサイトを閲覧するかを決めるためです。
タイトルは検索順位に影響するだけでなく、クリック率も左右します。

seoClarityが産出したデータによると、検索順位1位のページの平均クリック率は13.94%となっています。

14%よりも高い割合でクリックしてもらおうと考えると、コンテンツをわかりやすく伝え、読みたいと思わせるための工夫が必要です。

そのためには、キーワードをタイトルに盛り込む必要があり、検索されると想定できるキーワードを選定してタイトルを付けます。

参照:CTR Research Study: The Largest Ever for SEO

また、メタディスクリプションとは、記事の概要をまとめた100〜120文字程度の紹介文のことです。

検索結果画面のページタイトルの下に表示されている文章のことです。

メタディスクリプションは、設定しなくても検索エンジンが勝手に本文からピックアップしてくれますが、クリック率を高めるなら設定しておくべきです。

ユーザーは、メタディスクリプションを見て自分の求めているページなのかを見極めるため、非常に重要です。

検索順位には直接影響しませんが、クリック率を意識するなら必ず最適化しましょう。

タイトルの付け方に関しては、下記記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

SEO タイトル SEOタイトルの効果的な付け方!手順とコツをプロがわかりやすく解説!

介護施設サイトに必要な項目をコンテンツ化する

介護施設サイトに必要な項目をコンテンツ化することで、ユーザーは入居後の暮らしを詳しくイメージしやすくなります。

料金体系はもちろん、介護サービスやケアの内容、生活や暮らしを紹介するコンテンツなどを制作しましょう。

大切なのは、写真をたくさん掲載することです。

写真は施設内の雰囲気を感じ取れる貴重な資料のため、実際に施設に訪れる前に見ておきたいという人も多いです。

料金体系など写真が必要ないページ以外は、しっかり施設内の写真を掲載しておきましょう。

  • 介護施設サイトに必要なコンテンツ
  • 詳細な料金体系
  • 介護サービスやケアの内容
  • 老人ホームでの生活や暮らしがわかるコンテンツ
  • 介護職員の仕事やスキルの紹介
  • 入居までの流れ
  • 施設内での各種イベントや活動のアルバム(写真)
  • 見学予約受付ページ
  • アクセス・施設概要

読者が知りたい情報・ニーズの高い情報をコラム化する

読者が知りたい情報・ニーズの高い情報をコラム記事として投稿するのも、SEO対策において重要です。

読者が疑問に思うことをコラム化すれば、そのページを経由して自社サイトのトップページに辿りつき、申し込みにつながる可能性があります。

例えば、「親 介護 疲れた」というキーワードで検索されることを想定し、介護疲れに悩む読者に介護施設の利用を誘導するという方法があります。

施設に親を預けることに抵抗を感じる方もいるため、介護ストレスが孕む危険性を説明し、介護施設の魅力を伝えると効果的です。

質の高いコラムは自社を知ってもらうきっかけとなり、集客効果を発揮しますので、コラムにも力を入れていきましょう。

記事に内部リンクを入れる

コラム記事を作ったら、次は記事に内部リンクを入れましょう。

内部リンクとは、自社サイト内のページとページをつなぐリンクのことです。

内部リンクを最適化することで、検索エンジンがページを見つけやすくなり、インデックスされやすくなるメリットがあります。

その結果、リンク先・リンク元の両ページの品質が上昇し、Googleから評価されやすくなってSEO効果が見込めます。

しかし、ただ内部リンクを設置すればいいのではなく、関連性のあるページ同士でつなげることが重要です。

サイト内の高品質な関連するページ同士で、内部リンクを張り巡らせるとより検索順位の上昇が目指せます。そのためにも、高品質なコンテンツを増やしていき、Webサイトをツリー型構造にしていろんな記事にたどり着きやすくする必要があります。

介護施設と関連性の高い被リンクを獲得する

介護施設と関連性の高い被リンクを獲得できると、SEO対策において非常に重要です。

被リンクとは、外部リンクとも呼ばれ、他サイトから自サイトへ貼られたリンクのことです。

被リンクは、Googleがサイトの人気度を測る指標として採用しているほどの要素です。

介護施設と関連性の高い被リンクを獲得できれば、人気があるサイトとして評価され、検索順位が上昇しやすくなります

参照:Google が掲げる 10 の事実 – Google

ただし、被リンクは購入したり、自作自演で被リンクを増やしても意味はなく、むしろガイドライン違反につながりペナルティの対象となるため、絶対にやめましょう。

もし被リンクの獲得方法がわからない場合は、DMLinkへご相談ください。

被リンク獲得のプロに丸投げするだけで、効果の高い被リンクを獲得します。

完全成果報酬制のため、無駄なコストも発生しません。

独自の被リンク獲得ノウハウを活かし、お客様のサイト用にカスタマイズを行って支援します。

気になる方は、ぜひ一度サービスの詳細をご覧ください。

DMLinkの詳細はこちら

施設見学や送客したいサービスへの導線をわかりやすくする

施設見学や送客したいサービスへの導線をわかりやすくして、見込み客を逃しにくい構造を作りましょう。

老人ホームなどの介護施設は、実際に中に入ってみてみないと判断できない部分も多いです。そのため、施設見学をしたいと考える人も多いですが、その施設見学を申し込むページがどこにあるかわかりづらくては、申し込みを得るチャンスを逃す恐れがあります。

他サイトから自サイトへ飛んできた人にも、なるべくわかりやすいサイト設計を作ることを心掛けましょう。

SNSを併用する

SNSを併用することで、自サイトへのアクセスを誘導できます。

SNSで共有されたリンクは外部リンクにはならず、SEO対策として直接効果があるわけではないですが、実施するメリットも多いです。

しかし、SNS上でサービスについて言及されるだけでサイテーションを獲得でき、SEOに良い影響を与えます。

施設の認知度が高まり、アクセス数のアップも見込めるため、間接的なSEO効果が期待できるというメリットがあります。

SNSを上手に活用するためにも、ソーシャルボタンを設置して拡散しやすい環境を整えておきましょう。

介護施設・業界のSEO対策で狙いたいキーワード

介護施設および介護業界のSEO対策において、まず狙いたいキーワードは以下の3つです。

  1. 地域名+デイサービス+送迎
  2. 地域名+老人ホーム+初期費用
  3. 地域名+老人ホーム+入居条件

地域名+デイサービス+送迎

送迎ありのデイサービスを探している人は、近隣の地域で探すケースが多いと考えられるため、「地域名+デイサービス+送迎」のキーワードで検索順位の上位を目指しましょう。

「地域名+デイサービス」だけでなく、送迎と付け足すことで、競合が少なくなり上位表示を目指しやすくなります。

なお、3つ以上の単語を組み合わせたものを「ロングテールキーワード」と呼び、検索ボリュームは低下しますが、申し込みにつなげやすいメリットがあります。

送迎ありのデイサービスを探している方をターゲットとし、自社の魅力をアピールしましょう。

地域名+老人ホーム+初期費用

老人ホームへの入居を検討している方は初期費用も重要視します。

そのため、「地域名+老人ホーム+初期費用」のキーワードで上位を取れると集客効果が見込めます。

老人ホームは、初期費用として入居費用や敷金を支払う必要がある施設も多く、施設種別により相場は異なりますが、中には0円の施設もあります。

入居者側としては、少しでも安く済ませたいと思う人が多いため、「安く抑える方法」や「〇〇市の初期費用が安い老人ホーム」などのタイトルのコラムを制作すると見てもらいやすいです。

地域名+老人ホーム+入居条件

老人ホームには、年齢や保証人の有無、認知症の方の受け入れ可否など、入居する際の条件があります。

地域名+老人ホーム+入居条件」というキーワードで検索流入したユーザーに、自社施設の入居を勧めることで申し込みにつなげやすいです。

入居審査に落ちた人が、「老人ホーム+入居条件+厳しい」というキーワードで検索することも考えられるでしょう。

読者がどういった心情で、どんなキーワードで検索するかというのを想像して、キーワード選定を行うと効果的です。

この場合も、地域名を入れることでロングテールキーワードとなり、よりターゲットを絞って的確にアピールできます。

介護施設・業界のSEO対策ならand media株式会社にお任せ

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

介護施設・業界のSEO対策ならand media株式会社にお任せください。

月間1,000万アクセス以上の経験を元に、ノウハウを提供し、アドバイスを行います。
豊富な実績を持つ代表自らが貴社サイトのSEO分析を行い、無料で改善提案をします。

一度アドバイスをして終わりではなく、定期的なMTGで結果と改善案を提案し、改善策を実行するという流れを繰り返し実施します。

この成果に100%コミットする方法で、これまでたくさんの企業様に対して本質的なSEOのサービスを提供してきました。

介護施設・業界においても、入居申し込みや見学相談など、成果から逆算したホームページ構築・運用をサポートいたします。効果的なSEO対策が可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:介護施設・業界こそSEO対策で集客を伸ばそう

介護施設・業界こそ、SEO対策で集客を伸ばす施策を行う必要があります。

高齢者の方がご自身でインターネットで探すことは多くないと考えられるため、主に親や知り合いに介護施設を紹介したいと考える人がターゲットになるでしょう。

適切なSEO対策を実施することで、自社のホームページが検索エンジンの上位に表示されて、問い合わせ件数が増えて集客に効果を発揮します。

正しいSEO対策を継続して実行すれば、大きな成果が見込めますので、目的の達成に向けた施策を実施してください。

\集客できないお悩み解決します!/

  • HPを作ったはいいが全然集客に繋がらない
  • SEO記事を作成したがリード獲得に繋がらない
  • そもそも何から始めたらいいかわからない

このようなお悩みがあればぜひandmediaへご相談ください。

どんなSEOのお悩みにもプロが丁寧にお答えさせていただきます。

問い合わせ後のしつこい営業は一切しませんので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

無料で相談をする

>>まずは資料請求<<

お問い合わせメニュー