SEO担当者への無料相談はこちら

オウンドメディア運用で得られる効果は7つ!効果測定の方法も紹介

オウンドメディアを運用して、実際にどのような効果が得られるのかは気になるところではないでしょうか。

オウンドメディアは、正しく運用すれば目的に応じてさまざまな効果を生み、事業の促進に向けて多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。

この記事では、オウンドメディア運用で得られる7つの効果をご紹介します。効果測定で意識すべき点や効果測定の方法についてもご紹介しますので、ぜひご覧ください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

オウンドメディア運用で得られる7つの効果

オウンドメディア運用によって得られる効果は、大きく以下の7つあります。

  1. ブランディングにつながる
  2. 自社に高い興味関心を持つ顧客と接点が持てる
  3. 広告コストを節約できる
  4. さまざまなマーケティング施策ができる
  5. 顧客満足度を高められる
  6. リード獲得が期待できる
  7. 人材採用を強化できる

効果1.ブランディングにつながる

オウンドメディアの運用により、ブランディングにつながります。

オウンドメディアとブランディングは密接な関わりがあり、企業のブランドイメージを届けられます

オウンドメディアを運用することで、ブランディングに与える影響は以下の通りです。

  • ブランド認知度の向上
  • ブランドイメージの向上
  • ブランドロイヤルティの向上

ユーザーにとって価値のある良質なコンテンツを発信して、ブランディングにつなげていきましょう。

効果2.自社に高い興味関心を持つ顧客と接点が持てる

自社に高い興味関心を持つ顧客との接点が持てる点も、得られる効果の一つです。

オウンドメディアのアクセスの多くは、検索エンジンからの流入となります。そのため、自社の事業に関連するキーワードで検索して訪れたユーザーは、興味関心が高いと考えられます。

関心度が高いユーザーの流入は、製品の購入やサービスの申し込みにつながりやすく、売上の向上効果も期待できます。

こういった顧客を呼び込むためにもオウンドメディアのコンテンツを充実させて、検索結果に多く表示されるようにしなければいけません。

効果3.広告コストを節約できる

オウンドメディアで集客に成功すると、広告コストが節約できるという効果もあります。

オウンドメディアの運用で検索エンジンからの流入が増えると、広告を打たなくても十分に効果のある宣伝ができます。

広告の出稿はコストが高く、資金力に余裕のある企業でなければ、継続的に広告を打つのは難しいです。もし顧客を獲得できても、かけた費用に対して獲得できた顧客数が少ないと費用対効果は低いです。

オウンドメディアなら、比較的安い費用で運用できるため、広告コストを抑えた集客が可能です。

広告と違って、すぐに効果が出るわけではありません。

とはいえ、オウンドメディアが育って検索上位に表示されるようになれば、コストを最小限に抑えて継続的な顧客獲得が見込めます。

効果4.さまざまなマーケティング施策ができる

オウンドメディアを運用していくと、さまざまなマーケティング施策ができる点も効果の一つです。

オウンドメディアのコンテンツ(記事)を制作すれば、その記事をもとにSNSの投稿やメールマガジン配信、動画投稿などにも転用でき、他のマーケティングに活用できます。

他のマーケティングと併用することで相乗効果を生み、流入経路が増えてより効果を高められるでしょう。

効果5.顧客満足度を高められる

オウンドメディアによる役立つコンテンツの発信で、顧客満足度アップにもつながります。

オウンドメディアは集客が目的ですが、顧客にするには「このメディアはとてもわかりやすい」「この企業なら安心できる」と感じてもらえるかが重要です。

例えば、自社商品の製造過程での裏話や細部へのこだわりなどをまとめたコンテンツを発信すれば、「そんな秘密があったんだ」とより自社商品への理解度が深まり満足度も高まります。

また、あまり広く知られていない商品の活用方法や、食品会社なら自社商品を使ったレシピなどを発信すれば、「私もやってみよう」と思ってもらえるでしょう。

既存顧客とのコミュニケーションも大切なポイントで、顧客のエンゲージメントが向上すればリピーターとなって長期的に利用してくれると考えられます。

効果6.リード獲得が期待できる

オウンドメディアには、リード獲得が期待できるという効果もあります。

そもそもリードとは、将来的に自社の商材を購入するかもしれない見込み客のこと。まだ自社と関わりはなくても、検索エンジン経由で流入して顧客となる可能性があります。

検索流入で辿りついたユーザーは、オウンドメディアのコンテンツを通じて興味関心が高まり、購買意欲も高まって最終的にはコンバージョンにつながるでしょう。

効果7.人材採用を強化できる

オウンドメディアでは、リクルーティングを目的に運用し、人材採用の強化につなげることも可能です。

実際に、採用の悩みに関するコンテンツや社員や社長へのインタビューなど、就活生や求職者をターゲットとして人材採用を目的に運用している企業も多いです。

採用ページとは別に、オウンドメディアでも採用強化に向けたコンテンツを制作することで、応募者数の増加を狙ったり、入社後のギャップをなくせたりという効果が期待できます。

オウンドメディアの効果測定で意識したいポイント

続いて、オウンドメディアの効果測定について3つのポイントを紹介します。

  1. 中長期的な視点で取り組む
  2. KGI・KPI設定をする
  3. 定期的に成果の振り返りと次の施策を考える

中長期的な視点で取り組む

オウンドメディアは成果が出るまでに時間がかかるため、中長期的な視点で取り組むようにしましょう。

SEOコンテンツは、記事の公開から検索エンジンに評価されるまで1〜3ヶ月、サイトで成果が見え始めるまでに半年〜1年の期間が目安です。

立ち上げ直後は特に時間がかかり、サイト自体が検索エンジンに認知されて評価されるに至るまでには時間を要します。

こまめに更新してコンテンツを投稿していき、ユーザーが増えてくると成果につながることも増えてきます。

立ち上げてすぐに効果が出るわけではないため、長い目で見ましょう。

KGI・KPI設定をする

オウンドメディアの効果測定においては、KGI・KPIの設定も重要です。

KGIとは「重要業績評価指標」のこと。「最終的に達成したい目標」と位置付けられます。KPIは「重要目標達成指標」という意味で「最終目標までのプロセスや途中経過を図る指標」を指します。

KGIを達成するためのKPIとなるため、KPIを設定して都度改善を図るというプロセスが大切です。

KPIが正しく設定できていれば、その目標に向かってプロジェクトを円滑に進められます。KPIが達成できない見込みであっても、途中で軌道修正ができるでしょう。

オウンドメディアは中長期的な施策となるため、中間目標を設けておくことでモチベーションの維持もしやすくなります。

定期的に成果の振り返りと次の施策を考える

効果測定は定期的に成果を振り返りつつ、次の施策を考えることも必要です。

成果や成果に至るまでの過程などの数値を確認することで、「目標に到達できているか」「その目標設定は正しくできているか」などが確認できます。

SEOコンテンツの成果の振り返りと次の施策は、以下のように考えましょう。

  • 成果につながっていない記事:ページ内の動線を改善する
  • 検索順位が低い記事:リライトして検索順位上昇を目指す
  • 検索順位が高いのにクリック率が低い記事:興味を引くワードを左寄せにする

成果の確認とその後のアクションは両方とも重要です。

成果が出ないと感じているなら、改善策を立案して実行していきましょう。

オウンドメディアの効果測定方法|フェーズ別

オウンドメディアの効果測定方法をフェーズ別で解説します。

立ち上げ直後:サイト訪問者の増加を目指す

オウンドメディアの立ち上げ直後は、サイト訪問者の増加を目指して取り組みましょう。

立ち上げ直後は、そもそも認知されていません。訪れるユーザーもいない段階なので、初めからコンバージョンにこだわっていても、すぐに効果は得られないでしょう。

サイト訪問者を増やすために良質な記事を量産し、ユーザーを増やしていくことを意識していってください。

分析する項目として、まずはPV(ページビュー)とSS(セッション)、UU(ユニークユーザー)といったアクセス数に関する数値を確認しましょう。

成長期:見込み顧客の増加を目指す

立ち上げから数ヶ月経過した成長期の段階では、見込み顧客の増加を目指して取り組みましょう。

サイトの訪問者が徐々に増えてくるため、ここでは見込み顧客の増大が狙えます。見込み顧客獲得のためには、コンテンツの質が重要となるため、最後まで読まれたかを示す「scrollイベント」や「平均ページ滞在時間」をチェックしましょう。※GA4の場合

その他にも、1ユーザーあたりのPV数を示す「回遊率」を見れば、サイト内のページを見てくれたユーザーが多いかを把握できます。

なおこれらの指標は、Google Analyticsなどの解析ツールを使用して確認できます。

成熟期:コンバージョン増加を目指す

オウンドメディアの成熟期では、コンバージョンの増加を目指すフェーズに入ります。

コンバージョンとは「成果」を指し、オウンドメディアの運用目的によって異なります。

もし売上の向上が目的なら、商品の購入数やサービスの申し込み数などがコンバージョン数に該当します。

サイトにアクセスされても最終的な成果に至らなければ目標達成とは言えないため、「コンバージョンに至ったか」という数を図るCVと、「訪問者のうちコンバージョンに至った割合」を示すCVRを確認しましょう。

CVとCVRが目標の数値に達しない場合は、ヒートマップを活用してどこで離脱されているのかを確認してみてください。分析をもとに、記事の構成や中身を見直す必要があります。

成果につながる記事に改善していきましょう。

オウンドメディアの効果測定に役立つツール5選

ここからは、オウンドメディアの効果測定に役立つツール5選をご紹介します。

  1. Google Analytics(アナリティクス)
  2. Google Search Console(サーチコンソール)
  3. Ahrefs(エイチレフス)
  4. GRC
  5. User Insight

Google Analytics(アナリティクス)

出典:Google Analytics | Google for Developers

料金・プラン 無料
(有料版のGoogleアナリティクス360(GA360)もあり。価格は要問い合わせ)
運営会社 Google LLC
公式サイト https://developers.google.com/analytics?hl=ja

Google Analytics(アナリティクス)は、Google公式が提供する無料のアクセス解析ツールです。

登録したWebサイトのユーザー行動を細かく分析可能で、サイト全体およびページごとの表示回数やユーザーの属性、成果の達成率などが自動で記録されます。

サイトにトラッキングコードを設置すれば解析が開始されるため、難しい設定も必要なく簡単に利用可能です。

表示回数やユーザー数、平均エンゲージメント時間、セッション数、イベント数、直帰率などの数値を確認できます。

Googleアナリティクスは最も重要なツールとなるため、必ず使用しましょう。

Google Search Console(サーチコンソール)

出典:Google Search Console

料金・プラン 無料
運営会社 Google LLC
公式サイト https://search.google.com/search-console/about

Google Search Console(サーチコンソール)も、Googleが公式に提供している無料の解析ツールです。主に検索結果に関するパフォーマンスを測る指標を記録するツールで、Web検索画面でのクリック数や掲載順位、表示回数などを確認できます。

「どんな検索ワードで流入したか」がわかるため、狙い通りのキーワードで集客できているかの判断にも使えます。表示回数に対するクリック数(CTR)も把握でき、検索順位が高いのにクリック率が低い場合は、「ユーザーにとってクリックしたくなるタイトルではない」と推測できるため改善が必要です。

また、手動ペナルティや不正なリンクの有無も確認でき、致命的な状況にも対処できます。

アナリティクスと同様に必須のツールとなるため、必ず導入しましょう。

Ahrefs(エイチレフス)

出典:SEOの被リンク分析・競合調査ツール | Ahrefs(エイチレフス)

料金・プラン 初期費用:無料
ライト:19,900円/月
スタンダード:38,400円/月
アドバンスド:68,900円/月
エンタープライズ:2,309,000円/年
運営会社 Ahrefs Pte.Ltd
公式サイト https://ahrefs.jp/

Ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人が導入しているSEOツールです。

主に被リンク分析や上位ページ調査、運用中のサイト・競合サイトの日々の順位変動の確認などができます。

Ahrefsでは、膨大な被リンクデータを保有しているため、自サイトだけでなく競合サイトの被リンク状況も確認できます。

新規コンテンツ制作時にも活用でき、流入が期待できるキーワードの分析ができるため、コンテンツ制作の戦略も立てやすいです。

無料のツールではありませんが、その価格に見合った機能を有しているといえるでしょう。

GRC

出典:検索順位チェックツールGRC

料金・プラン ベーシック:495円/月
スタンダード:990円/月
エキスパート:1,485円/月
プロ:1,980円/月
アルティメット:2,475円/月
運営会社 有限会社シェルウェア
公式サイト https://seopro.jp/grc/

GRCは、日々の検索順位の変動を取得してくれるツールです。

あらかじめサイトURLと検索順位を知りたいキーワードを登録しておくだけで、そのキーワードでの検索順位を自動で調査します。

チェック方法はボタンを押すだけでよく、ワンクリックで調査が完了するお手軽さが魅力です。

検索順位は日々変動しますが、その変動の記録も残り、グラフで表示してくれるため視覚的にわかりやすいです。

無料でも利用できますが、無料版の場合は10キーワードまでしか調査できないため、有料版に登録するといいでしょう。

User Insight

出典:User Insight | ヒートマップ機能を搭載したアクセス解析ツール(ユーザーインサイト)

料金・プラン 月間PVに応じて見積もり
運営会社 株式会社ユーザーローカル
公式サイト https://ui.userlocal.jp/

User Insightは、ヒートマップや競合と自社の検索順位の分析、上位サイトの調査などができる解析ツールです。

ヒートマップとは、ユーザー行動を可視化したもので、ページを訪れたユーザーが、そのページのどこを見てどこをクリックしたかを分析し、視覚的に表示したものです。

ユーザーの行動を分析することで、CVRの向上を目指したページの改善がしやすくなります。

また、関連ワードなどのデータを可視化してコンテンツ制作・改善に活用でき、効率的に作業できることから工数の削減にも貢献します。

料金は個別見積もりとなるため、詳しくは見積もりフォームで確認してみてください。

オウンドメディアの運用代行ならand media株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

オウンドメディアの運用代行なら、and media株式会社にお任せください。

GA4・LookerStudioなどのツールを活用し、メディアの状況を視覚的に分析できる基盤を構築して効果測定を効率的に実施します。

オウンドメディア運用のプロが、競合・市場調査〜CV獲得までをワンストップで対応し、貴社メディアの成長をサポートします。

オウンドメディア運用が難しく、上手く成果がでないと感じている場合は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

オウンドメディアで得られる効果を把握して運用方針を決めよう

オウンドメディアで得られる効果はブランディングやリード獲得など7つありますが、正しく効果を得るためには運用方針を定めることから始めましょう。

運用方針が固まっていないとオウンドメディアの方向性も定まらず、効果測定もうまくいきません。

方向性がはっきりしていると目標も定めやすくなり、運営メンバーのモチベーションも高まります。

効果測定を正しく行い、オウンドメディアを成長させて得られる効果も最大化させましょう。

\集客できないお悩み解決します!/

  • HPを作ったはいいが全然集客に繋がらない
  • SEO記事を作成したがリード獲得に繋がらない
  • そもそも何から始めたらいいかわからない

このようなお悩みがあればぜひandmediaへご相談ください。

どんなSEOのお悩みにもプロが丁寧にお答えさせていただきます。

問い合わせ後のしつこい営業は一切しませんので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

無料で相談をする

>>まずは資料請求<<

お問い合わせメニュー