SEO担当者への無料相談はこちら

アクセス解析ツールおすすめ12選を比較!選び方や成果へのつなげ方も紹介

Webサイトを成長させるためには、アクセス解析が必須です。

アクセス解析といっても、PV数の推移だけでなく、ユーザーの属性を把握できたり流入経路を確認できたりと分析項目は多岐にわたります。

アクセス解析ツールを活用すれば、効率的にアクセス解析ができ、「サイトの運営がうまくいっているか」「上手くいってない場合は何が原因か」を探れるでしょう。

この記事では、アクセス解析ツールのおすすめ12選を比較しながらご紹介します。アクセス解析ツールの選び方や成果へのつなげ方についてもご紹介しますので、ぜひご覧ください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

アクセス解析ツールで測定できること

アクセス解析ツールは、Webサイトの運用状況を確認し、改善点を見つけるために使用するツールです。

主に、以下の項目を測定します。(代表的なものを抜粋)

PV(ページビュー)数 ページを閲覧された数
UU(ユニークユーザー)数 Webサイトに訪問したユーザーの数
SS(セッション)数 特定の期間内にWebサイトを訪問したユーザーの数
離脱率 全体のPVのうち、閲覧をやめて離脱したユーザーの割合
直帰率 最初に訪問したページ(セッション)で離脱したーユーザの割合
CV(コンバージョン)数 商品購入、資料請求、問い合わせなど、成果につながるアクションが実行された数
CVR(コンバージョンレート) 訪問者のうちCVに至った件数の割合

これらの項目が分析できるほか、訪問者の属性(性別・年齢)や、使用デバイス、流入経路などのデータも収集できます。

Webサイトのアクセス解析によって、課題の解決や目的達成に向けた戦略の立案にも役立ちます。

解析の結果、男性ユーザーが欲しいのに女性の割合が多ければ成果にはつながらないでしょう。アクセス解析によって、方向性の軌道修正をしてくれるため、活用は欠かせません。

アクセス解析ツールの種類

アクセス解析ツールは、大きく分けて以下の3種類があります。

  1. Webビーコン型
  2. サーバーログ型
  3. パケットキャプチャリング型

Webビーコン型

Webビーコン型のアクセス解析ツールは、Webページに小さな画像やタグ(ビーコン)を埋め込んでデータを収集するタイプです。「タグ型」とも呼ばれます。

Webビーコン型の場合は、HTML内にJavaScriptのコードを記述するタイプが多く、埋め込まれたタグがアクセスデータを取得し、解析サーバにデータが蓄積されていって各種分析を行うという方式です。

GoogleアナリティクスはこのWebビーコン型で、現在のアクセス解析ツールはWebビーコン型が主流となっています。

リアルタイムでのデータの収集・分析が可能であり、タグを設置するだけでいいというお手軽さからも多くのWebサイトで導入されています。

サーバーログ型

サーバーログ型のアクセス解析ツールは、サーバー上にアクセスログファイルを直接記録して、それをもとに解析を行う方式です。

Webサーバーにユーザーのリクエストを保存し、解析サーバーが定期的にアクセスログファイルを取り込んで解析するという仕組みとなっています。

サーバー上のアクセスログを利用するため、Webサイトには手を加えずにアクセス解析ができ、ログが残っていれば過去のデータ解析もできる点がメリットです。

一方で、リアルタイムで解析できず、Webサイトの規模が大きいほど解析に時間がかかるというデメリットがあります。

パケットキャプチャリング型

パケットキャプチャリング型のアクセス解析ツールは、パケット(データ単位のこと)をキャプチャしながら収集・解析する方法です。

ユーザーがWebページを訪問した際に、リクエストを受けたサーバーはページ内容をユーザーに送信しますが、この過程で流れるトラフィック(回線の通信量)をパケットキャプチャで読み取るという方式になります。

リアルタイムでの解析ができる反面、専用サーバーが必要で導入費用が高額で、専門知識が必要であるといったデメリットがあります。

アクセス解析ツールおすすめ12選

ここからは、アクセス解析ツールのおすすめ12選をご紹介します。

料金 無料プラン 無料トライアル
Googleアナリティクス 無料
あり

(無料ツール)
SEARCH WRITE 3つのプランから選べる ×
なし

あり(1週間)
Similar Web スターター:$208/月~
プロ:$417/月~
チーム:個別見積もり
エンタープライズ:個別見積もり
×
なし

あり(1週間)
FC2アクセス解析 無料
あり

(無料ツール)
Microsoft Clarity 無料
あり

(無料ツール)
アクセス解析研究所 無料
あり

無料デモあり
User Local 無料
あり

(無料ツール)
Juicer 無料
あり

(無料ツール)
Pt engine Free:無料
Growth:5,478円/月~
Premium:要問い合わせ

あり

あり(14日間)
Sitechecker Basic:$49/月
Standard:$199/月
Premium:$399/月
×
なし

あり(14日間)
ミエルカSEO 企業規模や課題感に応じて見積もり ×
なし
あり(期間不明)
Looker Studio(ルッカースタジオ) 基本機能無料
有料版 Looker Studio Pro:ユーザー1人あたり9ドル/月

あり

(基本無料ツール)

Google Analytics(アナリティクス)

出典:Google Analytics | Google for Developers

運営会社 Google LLC
料金・プラン 無料
※有料版のGoogleアナリティクス360は要問い合わせ
無料トライアル
主な機能 表示回数や訪問者数などの記録
ユーザー属性の分析
流入元の分析
公式サイト https://developers.google.com/analytics?hl=ja

Google Analytics(アナリティクス)は、Googleが公式で提供するアクセス解析ツールです。

無料でありながら、たくさんの機能が備わっている高性能なツール。日々のアクセス管理はもちろん、ユーザー属性やユーザーの行動分析、さらには流入元の分析もでき多彩な切り口でデータを閲覧できます。

Webサイトを運営するにあたって、必須と言っても過言ではありません。立ち上げと同時にGoogleアナリティクスのタグを設置して、アクセス解析を行うサイトも多いです。

大規模サイト向けの有料版もリリースされていますが、価格は公表されていないため、詳しくはお問い合わせください。

SEARCH WRITE

出典:SEOのプロをいつも隣に | SEARCH WRITE(サーチライト)

運営会社 株式会社 PLAN-B
料金・プラン 3つのプランから選べる(料金は要問い合わせ)
無料トライアル あり(1週間)
主な機能 分析・追加施策
公式サイト https://searchwrite.jp/

SEARCH WRITEは、正しいSEOのやり方を効率的に実行できるSEOツールです。

SEOに対する知識がなくても正しい対策を実施でき、コンテンツ制作や分析・追加施策などさまざまな場面で活躍します。

実施した施策の結果を一覧で表示し、簡単に確認できるため工数の削減にもつながり、やるべきことを把握しやすい点も特徴の一つです。

プロの専属のコンサルタントによるサポートも受けられ、どのプランでも導入からツール活用まで伴走し、徹底的に内製化を支援してくれます。

Similar Web

出典:Webサイトトラフィック – Webサイトをチェック&分析| Similaweb

運営会社 Similarweb LTD
料金・プラン スターター:月額$208〜(日本円327円)
プロ:$417(日本円655円)〜
チーム:個別見積もり
エンタープライズ:個別見積もり※2024年5月時点
無料トライアル あり(1週間)
主な機能 Webサイト分析
公式サイト https://www.similarweb.com/ja/

Similar Web(シミラーウェブ)は、Webサイトのトラフィックデータやパフォーマンスを調査できるツールです。

自サイトだけでなく競合サイトの分析にも活用でき、「比較機能」もあるため競合サイトの優れている点を把握して自サイトの改善につなげられるでしょう。

調べたWebサイトが世界で何番目に人気か、どんな属性の人に見られているか、などの興味深いデータも閲覧できるため、Webサイト運営のモチベーションにもつながります。

無料版と有料版があり、無料版は機能制限付きで利用可能です。

FC2アクセス解析

出典:FC2アクセス解析 – 無料アクセス解析レンタル/SEO対策

運営会社 FC2, Inc.
料金・プラン 無料
無料トライアル
主な機能 アクセスログ解析
訪問者の動向分析
クリック解析
公式サイト https://analyzer.fc2.com/

FC2アクセス解析は、FC2ブログを運営している人向けのアクセス解析ツールです。

タグを設置するだけで解析開始し、訪問者を細かく解析できるだけでなく、ページ上のどのハイパーリンクをクリックしたかというクリック解析などの機能も備わっています。

すっきりと見やすい管理画面で、初心者の方に優しい構造です。

時間・日別・月別でアクセスログを解析できたり、検索キーワードやリンク元から訪問者の動向を詳しく解析するなど、機能も充実しています。

Microsoft Clarity(クラリティ)

出典:Microsoft Clarity – Free Heatmaps & Session Recordings

運営会社 Microsoft社
料金・プラン 無料
無料トライアル
主な機能 ヒートマップ生成
機械学習による分析
公式サイト https://clarity.microsoft.com/lang/ja-jp

Clarity(クラリティ)は、Microsoft社が提供するアクセス解析ツールです。

Clarityの特徴は、無料でヒートマップの作成ができる点で、ユーザーのWebページ上での行動が可視化されて改善すべき点を把握しやすくなります。

同じページの異なるバージョンのヒートマップを並べて比較することもでき、それぞれの動作がどのように異なるかを調査できます。

導入方法は簡単で、タグを設置するか導入済みの他のツールと連携させてデータを取得するという形になり、難しい手順もない点も魅力です。

アクセス解析研究所

出典:アクセス解析研究所・最強の解析能力を無料で

運営会社 アクセス解析研究所
料金・プラン 無料
無料トライアル 無料デモあり
主な機能 セッションなどアクセス解析
クリック解析
検索履歴追跡
相互リンク分析
公式サイト https://accaii.com/

アクセス解析研究所は、無料で業界最高水準のアクセス分析ができるツールです。

セッションなど基本的なアクセス解析に加えて、ページ内のどのリンクがクリックされたかを解析できたり、たくさんの機能を有しています。

各データのページ下部には、用語の解説が掲載されているため、「このデータはなにを意味するのかがわからない」ということも起きづらいでしょう。

無料のデモページも使用できるため、どういった操作感なのか、どんなツールなのかも事前に確認可能です。

User Local – スマートフォン解析ツール –

出典:ユーザーローカル無料アクセス解析

運営会社 株式会社ユーザーローカル
料金・プラン 無料
無料トライアル
主な機能 PVや直帰率などのアクセス解析
ユーザーの端末・ブラウザ分析
公式サイト https://web-analytics.userlocal.jp/

User Localは、完全無料でリアルタイムアクセス解析ができるツールです。

PVや直帰率などの主要項目の解析を簡単に解析でき、現在のアクセスデータをリアルタイムで反映します。

ユーザーの端末の情報や、使用しているブラウザの情報も分析でき、ユーザー情報を細かく把握できる点も特徴です。

どれだけ使用しても勝手に課金されることはないので、安心して利用できます。

Juicer(ジューサー)

出典:ユーザー分析DMP Juicer|ユーザー分析やA/Bテスト、NPSが無料で

運営会社 ログリー株式会社
料金・プラン 無料
無料トライアル
主な機能 ペルソナ生成
アクセスログ分析
ユーザー分析
BtoB分析
A/Bテスト
公式サイト https://juicer.cc/

Juicerは、国内40,000以上のサイトで導入されているユーザー分析ツールです。

基本機能を使用するのは無料で、アクセスログやユーザーの分析などができてサイトを分析&改善できます。

また、ユーザーの属性データや行動データなどのさまざまなデータを分析して、自動的にサイトのペルソナを作成してくれる機能があり、ターゲット設計やコンテンツ制作に活かせます。

タグを埋め込むかタグマネージャ経由で連携するかのどちらかで簡単に登録完了し、1分で使用開始できるお手軽さが魅力です。

Pt engine

出典:Ptengine ヒートマップとアクセス解析 | もっと多くのインサイトもっと少ない時間で

運営会社 株式会社Ptmind
料金・プラン Free:無料
Growth:5,478/月~
Premium:要問い合わせ
無料トライアル Growthプランは14日間無料トライアルあり
主な機能 ヒートマップ
アクセス解析
公式サイト https://www.ptengine.jp/analysis/

Pt engineは、業界最高峰の制度を誇るヒートマップ・アクセス解析ツールです。

独自の計算処理アルゴリズムなどにより、精度の高いヒートマップを実現しています。ヒートマップの種類も豊富で、さまざまな種類のヒートマップでユーザーの行動を一目で把握できます。

アクセス解析に関しても多様なレポートでユーザーの行動を見える化。直感的にレポートの内容を把握できます。流入や訪問者行動などさまざまな角度からアクセス解析を行います。

Sitechecker

出典:無料のオンページSEOチェッカー – あなたのSEOスコアを今すぐ

運営会社 Boosta Inc
料金・プラン Basic:月額$49(日本円換算7,690円)
Standard:月額$199(日本円換算31,241円)
Premium:月額$399(日本円換算62,639円)※2024年5月時点
無料トライアル 14日間無料トライアルあり
主な機能 ページスコア計測
アクセス解析
公式サイト https://sitechecker.pro/ja/

Sitecheckerは、ページスコアを計測できたり、ページのアクセス解析によって訪問者の行動を分析するなどの機能を持ったツールです。

Googleアナリティクスやサーチコンソールと連携して得たデータをもとに、何をすべきかを教えてくれます。

SONYやMicrosoftなど多くの有名企業が導入しているという実績もあり、1,000以上の企業から信頼されているツールです。

そのほかにも、被リンクやランクトラッカーなどさまざまな機能を有しています。

ミエルカSEO

出典:【無料お試し】コンテンツマーケ・SEO対策ツール-ミエルカSEO

運営会社 株式会社Faber Company
料金・プラン 企業規模や課題感に応じて見積もり
無料トライアル あり(期間は要問い合わせ)
主な機能 サジェストインテンション
サジェスト自動グルーピング
競合流入キーワード調査
ヒートマップ
新規トピック分析
順位レポート一覧
ページ分析一覧
公式サイト https://mieru-ca.com/

ミエルカSEOは、100社を超える企業のWeb集客を改善してきたSEOツールです。

ヒートマップ機能により、ページ内のユーザーが熟読した箇所、離脱したポイント、クリック箇所などを可視化し、ユーザー行動の改善に役立てられます。

また、AIによってページの改善案を提示してくれる機能もあり、改善後の流入数なども予測してインパクトの大きいページを優先的に改善できます。

マーケティングのプロに直接相談できるという機能もあり、行き詰った時や操作方法を教えてほしい時などに頼れるのもうれしいポイントです。

Looker Studio(ルッカースタジオ)

出典:Looker Studio: ビジネス分析情報の可視化 | Google Cloud

運営会社 Google LLC
料金・プラン 基本機能無料
有料版 Looker Studio Pro:ユーザー1人あたり月額$9(日本円換算1,412円)
無料トライアル
主な機能 データの可視化
レポートの作成
公式サイト https://cloud.google.com/looker-studio?hl=ja

Looker Studio(ルッカースタジオ)は、Googleが提供するツールです。

Googleアナリティクスやスプレッドシート、Google広告などさまざまなデータソースから集めたデータを組み合わせて、グラフや表などのレポートを作成できるという機能があります。

直感的に使用できるように設計されたインターフェースはシンプルな構造で、誰でも扱いやすくなっています。

基本機能はすべて無料で利用でき、有料版は1ユーザーあたり9ドルの月額料金が発生します。

アクセス解析ツールの選び方

アクセス解析ツールを選ぶ際は、以下の5点を意識して選びましょう。

  1. 利用目的に合わせて選ぶ
  2. 求める機能で選ぶ
  3. 使いやすさで選ぶ
  4. 費用を確認する
  5. サポート体制の充実度で選ぶ

利用目的に合わせて選ぶ

アクセス解析ツールを選ぶ際は、まず利用目的を明確にする必要があります。

目的が定まっていないと、いざ導入したとしても、収集したデータを上手く活用することは難しいためです。

成約につながらない理由を分析したい」や「どういったキーワードで流入しているか分析したい」など目的がはっきりしていれば、ツール選びも進めやすくなります。

なぜ導入する必要があるのか、導入して何を達成したいのかを明確にしたうえで、どんなツールを導入すれば目的を達成できるかという観点で検討しましょう。

求める機能で選ぶ

次に、求める機能は何かを詳しく考えていきましょう。

アクセス解析ツールの中には、機能が充実しているツールもあり、その多機能さに魅力を感じて導入してしまいがちですが、後から不要な機能も多かったと判明するケースも少なくありません。

アクセス解析ツールには、PVやUU、離脱率などの基本的な部分をチェックできるものから、ヒートマップの確認やペルソナ分析の機能などがついているツールがあります。

基本的な機能だけでいいという場合は、Googleアナリティクスを導入すればいいでしょう。CVRが低くて原因を知りたいなどはっきりとした目的があるなら、他のツールも検討する必要があります。

自社にとって不要な機能ばかりだと、ツールの使用にかかるコストが大きくなるため、目的にわせて本当に必要な機能は何かを見極めて最適なツールを導入しましょう。

使いやすさで選ぶ

Webサイトを運営し始めて間もない初心者の方は、使いやすさも重要になります。

初めのうちはSEO用語がわからず、慣れないうちは画面構成が複雑で扱いにくく感じてしまうケースもあるでしょう。

海外の企業が提供するツールの場合は、日本語対応していなくて扱いづらいという場合もあります。

シンプルな画面構成で直感的に操作できる、使いやすいツールを選ぶことも重要です。

費用を確認する

費用を確認する際は、プロジェクトのコストに見合う範囲で検討しましょう。

アクセス解析ツールは、まず無料と有料のものがあります。一般的な企業や個人でWebサイトを運営している場合、無料のツールで十分な場合が多いです。

有料ツールを導入する場合は、プロジェクトとしてアクセス解析ツールの導入によってどれくらいの利益をあげられる見込みがあるか、という予測を立ててその範囲内で導入するといいでしょう。

初めてアクセス解析ツールを扱う方は、まずは無料のツールを導入して、機能面で物足りなさを感じたら有料ツールの導入を検討してください。

サポート体制の充実度で選ぶ

サポート体制の充実度も重要な判断基準の一つです。

初めて導入したツールは、導入当初は操作方法などわからないことも多いでしょう。
トラブルが発生した際に、素早く対応してくれるかは重要です。

ヘルプページはあるものの、個別には対応していない場合もあるため、事前にサポート体制は確認しておきましょう。

有料ツールでも無料トライアル期間がある場合は、トライアル期間中に問い合わせをして対応は丁寧かを確認してください。

アクセス解析から成果につなげるために大切なこと

アクセス解析から成果につなげるためには、意識すべき大切な3つのことがあります。

  1. サイト運営のゴール・目標を明確にする
  2. 改善効果が大きい要素から進める
  3. 事前に仮説を立てて検証する

サイト運営のゴール・目標を明確にする

サイトを運営して達成したいゴールとフェーズごとの目標を明確にすることで、成果につながりやすくなります

達成したいゴールは最終的な目的のこと。例えば「集客が目的で実店舗の顧客を増やしたい」や「ブランディングにつなげたい」などさまざまです。

目標は、フェーズごとに設定していくことで、そのフェーズでやるべきことを定めやすくなるため成果にもつながりやすくなります。

サイトを立ち上げた直後は、検索エンジンにも評価されておらず、人を集めにくい状態です。初めから成約を伸ばしたいと思っていても困難でしょう。

初めはアクセスを伸ばしていくことを目標とし、そのためにできること(記事を増やすなど)に取り組んでいく必要があります。

アクセス解析は、そのゴール到達に向けた手段だと理解してください。

改善効果が大きい要素から進める

改善効果が大きい要素から取り組んでいくことも重要です。

アクセス解析を行えば、改善すべき箇所はたくさん出てくるでしょう。

リソースには限りがあるため、改善すべき箇所を発見した順に進めるのは効率的ではありません。改善されたときに効果が大きいと見込まれるものから進めていくと、効率的に進められます。

主に、以下の切り口で改善効果の大きさを分析しましょう。

  • デバイス別で分析する(パソコン・スマホ・タブレット)
  • 流入チャネルで分析する(自然検索・直接の流入・広告・有料検索など)
  • ランディングページ(訪問者が最初にアクセスしたページ)

たとえば、スマートフォンのユーザーの直帰率がパソコンのユーザーと比較して低い場合は、スマートフォンに最適化できていない可能性があります。

近年ではスマートフォンでWebサイト閲覧を行うユーザーも多いため、スマホサイトの改善は効果が大きい要素の一つです。

また、直帰率が低いと複数のページを見てくれるユーザーが多いということにつながるため、直帰率を下げる取り組みも重要度は高いでしょう。

このように、取り組むべきことに優先順位をつけて、効果が大きいものから進めることが大切です。

事前に仮説を立てて検証する

アクセス解析を行う際は、事前に仮説を立てて検証することも必要です。

アクセス解析をした結果、「こうすればPVが増える」という答えが出るわけではありません。そこで、何を改善すべきかを考える必要があります。

もし、PV数が伸びない場合に「タイトルや記事の構成が悪いのではないか」という仮説を立てたとしましょう。アクセス解析ツールによって、検索順位は高いのにCTRが低いとわかれば、仮説通りタイトルに問題があると考えられます。

このように、仮説を立てる際はユーザー目線で自身のWebサイトを見て考えることが重要です。

アクセス解析ツールでデータを収集して効果的な改善をしよう

「ユーザーに評価されるサイト」には、明確な定義があるわけではありません。ユーザーやGoogleなどの検索エンジンに「評価されやすいサイト」の特徴はあります。

その特徴の一つが「ユーザー目線で分かりやすく悩みを解決できるサイト」であり、アクセス解析はそうしたユーザーの行動を可視化してくれます。

アクセス解析ツールを活用してユーザーの動きを分析し、的確な改善をしてWebサイトを成長させていきましょう。

\集客できないお悩み解決します!/

  • HPを作ったはいいが全然集客に繋がらない
  • SEO記事を作成したがリード獲得に繋がらない
  • そもそも何から始めたらいいかわからない

このようなお悩みがあればぜひandmediaへご相談ください。

どんなSEOのお悩みにもプロが丁寧にお答えさせていただきます。

問い合わせ後のしつこい営業は一切しませんので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

無料で相談をする

>>まずは資料請求<<

お問い合わせメニュー