SEO担当者への無料相談はこちら

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いは?効果を高めるポイント

集客手段として注目度の高い「オウンドメディア」と「コンテンツマーケティング」ですが、両者は混同されがちな用語のため注意が必要です。

Webマーケティングにおいて重要となる2つの施策ですが、それぞれの違いをしっかりと把握しておかなければ適切に行えない可能性があります。

「2つの違いって何だろう?それぞれの役割や効果を知りたい」

こういった疑問をお持ちの方のために、オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いや、関係性、コンテンツマーケティングでオウンドメディアを活用するポイントについて詳しくご紹介します。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

オウンドメディアとコンテンツマーケティングは何が違う?

まずは、オウンドメディアとコンテンツマーケティングの両者の違いについてご紹介します。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、自社で保有するメディアのことで、ペイドメディアやアーンドメディアと並んで「トリプルメディア」と呼ばれています。

トリプルメディアの概要については、以下の通りです。

オウンドメディア
(Owned Media)
企業が「所有する」メディア。コンテンツを発信するなどして、売上向上やブランディングなどの目的で運用される。

(例)ブログ、ニュースページ、パンフレットなど

ペイドメディア
(Paid Media)
費用を支払って情報を流すためのメディア。広告を使って広くアプローチができ、認知度拡大のために利用される。

(例)テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の広告や、Web広告など

アーンドメディア
(Earned Media)
消費者の意見が反映されたメディア。ファンの獲得を目的に利用される。

(例)ソーシャルメディア、口コミサイト、個人ブログ

オウンドメディアは、集客手段の一つとして活用されることが多く、広告費用を削減しながら中長期的な集客を見据えて運用していきます。

ユーザーとの関係づくりを主体とし、自社商品やサービスを紹介したり採用強化のために職場環境や従業員のことを紹介したりといった情報を扱うことが多いです。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングも、オウンドメディアと同じくWebマーケティングの集客手段の1つです。見込み客に向けて価値ある情報を提供して購買意欲を高めてファンになってもらうことを目指した戦略です。

近年インターネット社会が進み、スマートフォンでいつでもどこでもWebで情報収集ができるようになりました。

それに伴い、Web上でどんどん情報発信を行うメディアが増えて、情報が溢れつつあります。そのため、Web広告を用いたマーケティングは人々の目に留まりにくくなっており、集客効果が薄れてきているのが現状です。

コンテンツマーケティングの種類には、主に以下の6つが挙げられます。

  • 記事コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • SNS
  • ホワイトペーパー
  • メールマガジン
  • ウェビナー(Webセミナー)

これらのコンテンツを適切に組み合わせて活用し、顧客ニーズを育てていくこととなります。

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの関係性

オウンドメディアとコンテンツマーケティングは密接な関係性があり、コンテンツマーケティングを実施するための媒体の一つがオウンドメディアという位置づけになります。

つまり、コンテンツマーケティングが「計画」で、オウンドメディアが「手段」です。

コンテンツマーケティングは情報発信の媒体を限定していないのに対し、オウンドメディアはWebサイトでの情報発信がメインとなります。

その媒体の一つとしてオウンドメディアを使って、SEO対策をするなど緻密に計画を立てながらコンテンツマーケティングを実施することで、潜在的顧客の獲得が期待できます。

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの共通点

オウンドメディアとコンテンツマーケティングには、以下の2つの共通した役割があります。

  1. 見込み顧客へアプローチする
  2. ブランドの確立をする(ブランディング)

見込み顧客へアプローチする

まず、見込み顧客へのアプローチがあります。

見込み顧客とは、自社商品に興味関心があり購入・サービス利用をする見込みがある顧客です。潜在顧客・顕在顧客・既存顧客のうち、潜在顧客から顕在顧客に該当し、既存顧客=ファンにするためにアプローチしていく必要があります。

見込み顧客が抱える悩みを解決するお役立ちコンテンツや、興味を惹く面白い情報を発信することで、信頼を獲得できて商品購入やサービス申し込みにつながります。

ここで重要となるのが、情報の専門性や内容の面白さです。

自社商品や同ジャンルの情報なら、専門家としての立場から人々が知らない情報まで発信できるでしょう。制作秘話や開発者による独自の視点からの商品活用法といった情報も、評価されやすく見込み顧客へのアプローチ方法として最適です。

ブランドの確立をする(ブランディング)

もう一つの共通点はブランドの確立、つまりブランディングにつながる点です。

発信する内容は自社で自由に選定・調整できるので、「企業としてこうありたい」という企業理念に基づいた運用方針のもとコンテンツ制作ができます。

また、ユーザーのニーズを理解して的確に情報発信ができていれば、「この分野の悩みはこのサイトで解決できる」という良いイメージにつながるでしょう。

初めにオウンドメディアの運用目的や方針、メディアのコンセプトを定めておくことで、さらにブランドの確立がしやすくなります。

コンテンツマーケティングでオウンドメディアを活用するポイント

ここからは、コンテンツマーケティングでオウンドメディアを活用するポイントについてご紹介します。

以下の7点を意識して取り組みましょう。

  1. コンテンツを継続して制作できる体制を整える
  2. ガイドラインを設定する
  3. 情報を届けるターゲットを明確にする
  4. ターゲットのユーザーニーズを理解する
  5. 顧客ニーズを解決するコンテンツ案を考える
  6. データの収集と活用・実践を繰り返す
  7. 他の施策と掛け合わせる

コンテンツを継続して制作できる体制を整える

まず、コンテンツを継続して制作できる体制づくりが重要です。

オウンドメディアの更新頻度は毎月継続が大切で、更新が途切れて一定期間動きがないサイトからは人が離れて行ってしまいます。そのためには、多くの人的・時間的リソースが必要です。

社内で継続してコンテンツ制作に取り組んでいけるだけのリソースがあるかを確認し、必要に応じて外注も検討しましょう。

ガイドラインを設定する

ガイドラインを設定することで、制作フローが確立されてスムーズに取り組みやすくなります。

ガイドラインは、主に以下の項目を設定しましょう。

  • メディアのトンマナ・スタイル
  • コンテンツの品質評価基準
  • 掲載ルール(コンセプト)
  • 表現ルール(ひらき・数字・固有名詞などのルールを決める)
  • 制作フロー
  • 毎月の制作本数

例えば、投稿日程は毎週月曜日と金曜日に投稿して、定期的に投稿されるサイトであるというイメージを与えて飽きさせないようにするという工夫が必要です。

これらの方針を固めて制作に取り組んでくことで、各メンバーがチームとして動きやすくなりミスの防止や業務効率のアップが狙えます。

情報を届けるターゲットを明確にする

情報を届けるターゲットを明確にすることで、ニーズに合わせた適切なコンテンツを発信できます。

ターゲットの設定は、顧客の属性などを想定する「ペルソナ」を設定するのがおすすめです。

ペルソナは顧客の人物像を細かく設定するというもので、具体的には以下のようなものを設定します。

  • 年齢や性別、居住地などの属性
  • 配偶者や子供の有無などの家族構成
  • 職業や役職、収入
  • 趣味や休日の過ごし方
  • 友人関係
  • 人生や社会へ対する価値観

これらの情報を想定してターゲットを明確にすると、コンテンツの内容で「どういった結論を導くか」という着地点を見つけやすくなり、より効率的にコンテンツ制作ができます。

ターゲットのユーザーニーズを理解する

ターゲットが明確になったら、ターゲットのユーザーニーズを深掘りして理解しましょう。

ターゲットが「どのような悩みを持っているか」を検索意図から考えてコンテンツを制作することが重要です。

ニーズは、顕在ニーズと潜在ニーズの2つに分けられますが、どちらも意識する必要があります。

オウンドメディアでは、自社製品に関心がないユーザーもターゲットとなるため、潜在ニーズを理解しなければいけません。

さらに、コンテンツマーケティングでは顕在ニーズにもアプローチしていくことで、ファンの獲得に貢献できる可能性もあります。

ユーザーニーズを正しく理解して、適切に情報を提供すればニーズを満たせるだけでなく競合他社との差別化にもつながります。

このように、コンテンツマーケティングにおいてユーザーニーズを理解しておくことで、オウンドメディアを最大限に活用できるでしょう。

顧客ニーズを解決するコンテンツ案を考える

顧客ニーズを理解できたら、顧客ニーズを解決できるようなコンテンツ案を考えましょう。

良質なコンテンツとなる条件の一つに、ターゲットの顧客ニーズを満たしているかが挙げられます。

例えば、顧客のニーズが「オウンドメディアの立ち上げ方がわからない」と予想されるなら、立ち上げ方の手順を図解付きと専門用語をかみ砕きつつ、わかりやすく1記事で解説しましょう。

ユーザーの疑問や課題に向き合っているコンテンツが良質なコンテンツであり、さらにオリジナリティや専門性、正確性などが備わっていればGoogleからも評価されやすいです。

Googleから評価されているということは、ユーザーにとっても有益な情報であると判断できるため、両者に評価されやすいコンテンツの作成が鍵となります。

データの収集と活用・実践を繰り返す

コンテンツマーケティングでは、データ収集と活用・実践を繰り返しましょう。

データ収集して活用していくことはマーケティング戦略において重要で、戦略通りに正しい施策を実施できているかを確認するために必要な作業です。

主に収集したいデータの例は、以下の通りです。

  • 顧客行動データ(クリック数や表示回数など)
  • トラフィックデータ
  • コンテンツの検索順位
  • ユーザーの属性データ

これらのデータから、狙い通りのマーケティングができているかを判断し、戦略を見直しながら実践を繰り返していきましょう。

これらのデータ収集は、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールといったツールを活用して行います。

他の施策と掛け合わせる

コンテンツマーケティングは、オウンドメディアに限らず、SNSや動画マーケティングなど他の施策と掛け合わせることで効果を高められます。

コンテンツマーケティングは、記事コンテンツ以外にもさまざまな媒体でのアプローチが可能です。SNSを使ってオウンドメディアを宣伝して認知拡大を狙ったり、動画コンテンツを制作して幅広い層のユーザーを集めるなどの施策が有効です。

各コンテンツの種類と特徴を把握しておくことで、最善な施策を選択し、成果につなげられます。

どれか一つだけにこだわるのではなく、状況に応じてさまざまな施策を取り入れて柔軟に対応することが重要です。

コンテンツマーケティングを意識したオウンドメディア運用ならandmedia株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

コンテンツマーケティングを意識したオウンドメディア運用代行なら、andmedia株式会社にお任せください。

オウンドメディア運用のプロ集団が、競合・市場調査からCV獲得までをワンストップで対応させていただきます。

これまで培ってきた経験から、豊富な自社メディアのSEOノウハウを活用して、貴社メディアの成長をサポートします。

成果を最短で出すことにこだわり、SEOで最も重要と言っても過言ではないキーワード設計もお任せください。

特にSEOはコンテンツの品質が重要です。コンテンツの品質を担保しながらオウンドメディア運用を検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:コンテンツマーケティングの一環でオウンドメディアを最大限活用しよう

オウンドメディアはコンテンツマーケティングを実施する媒体の1つとして、中長期的な視点で取り組んでいくことが重要です。

それぞれの特徴をしっかりと理解したうえで適切に取り組んでいけば効果的なWebマーケティング施策が実施できるでしょう。

コンテンツマーケティングの一環としてオウンドメディアを最大限活用していってください。

\集客できないお悩み解決します!/

  • HPを作ったはいいが全然集客に繋がらない
  • SEO記事を作成したがリード獲得に繋がらない
  • そもそも何から始めたらいいかわからない

このようなお悩みがあればぜひandmediaへご相談ください。

どんなSEOのお悩みにもプロが丁寧にお答えさせていただきます。

問い合わせ後のしつこい営業は一切しませんので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

無料で相談をする

>>まずは資料請求<<

お問い合わせメニュー