AI記事作成ツールのおすすめ10選!活用のコツや注意点も紹介!無料ツールあり

ChatGPTをはじめとして、記事作成に活用できるAIツールが増えています。

リサーチや記事執筆にかける時間を節約できることから、AI記事作成ツールを取り入れている企業や個人も少なくありません。

本記事では、AIで記事作成するメリットやAI記事作成ツール活用のコツ、AIで記事作成するときの注意点について解説します。「記事作成効率を高めたい」「AIを活用して良質なコンテンツを量産したい」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

AIによる記事作成とは

AIによる記事作成とは、AIに対して指示を出して、記事を自動的に生成してもらうことです。
近年、さまざまなAI記事作成ツールが登場しており、記事作成の効率が飛躍的に向上しています。

AI記事作成ツールは、最初の頃は精度が低いと言われていました。依然として人によるファクトチェックは欠かせませんが、最近は精度が高まりつつあります。

うまく活用することで記事作成の生産性が何倍にもアップするので、導入している企業や個人事業主も少なくありません。

AIで記事作成するメリット

AIで記事作成するメリットは、以下の3つです。

  1. 記事作成にかかる時間を短縮できる
  2. SEO対策を踏まえた構成案を作成できる
  3. 執筆時のヒントとして情報収集できる

それぞれ解説します。

記事作成にかかる時間を短縮できる

AIを利用することで、記事作成のプロセスが大幅に効率化されます。

従来の方法では、リサーチ・構成作成・執筆・校正といった一連の作業に多くの時間がかかりますが、AIならこれらの作業を迅速に実施可能です。

例えば、AIには短時間で大量の情報を収集し、それらを整理・分析する能力があります。
記事作成の一部をAIに任せることで、ライターがゼロから文章を作成する手間を省けます。

SEO対策を踏まえた構成案を作成できる

AIは、SEO(検索エンジン最適化)に関する膨大なデータを学習しており、効果的なキーワード選定や構成案の作成が得意です。

SEO対策を踏まえた記事構成は、検索エンジンのアルゴリズムに最適化されるため、検索上位を目指す上で欠かせないポイントです。

AIでも、ターゲットとなるキーワードの検索ボリュームや競合分析を瞬時に行い、それに基づいて適切な見出しや段落構成を提案してくれます。

未経験のライターでも、SEO対策を踏まえた記事作成が可能となり、Webサイトのアクセス増加やコンバージョン率の向上につながるでしょう。

執筆時のヒントとして情報収集できる

AIは膨大なデータベースにアクセスし、迅速かつ効率的な情報収集ができます。

特定テーマの信頼性が高い情報源や、最新のデータを見つけるのは時間がかかる作業です。しかし、AIならこれを短時間で行います。

関連するニュース記事や研究論文、統計データなどの情報収集をAIに任せることで、執筆時のヒントや参考資料を効率よく集められるでしょう。

結果として、記事の質が高まり、読者にとって価値のあるコンテンツを提供することにつながります。

AI記事作成ツールのおすすめ10選

それでは、おすすめのAI記事作成ツールを10選紹介します。

  1. Catchy
  2. ChatGPT
  3. トランスコープ
  4. BringRitera(リテラ)
  5. Notion AI
  6. Perplexity AI
  7. ELYZA Pencil
  8. Articoolo
  9. RakuRin(ラクリン)
  10. PlayAI

AIで記事作成の効率化を図りたい方は、ぜひ参考にしてください。

Catchy

料金 Free:無料
Starter:月額3,000円~
Pro:月額9,800円
特徴 キャッチーなコンテンツ作成に適したツール
公式サイト https://lp.ai-copywriter.jp/

Catchyは、キャッチコピーや記事タイトル、SNS投稿など、短くインパクトのある文章を作成したいときに便利なツールです。

記事作成機能だけでなく、タイトルや見出し、記事構成など100種類以上のコンテンツ生成機能が搭載されています。

読者の興味を惹く記事タイトルや魅力的な記事構成を作成したいときに、アイデアを得るために活用すると良いでしょう。

Catchyの詳細を見る

ChatGPT

料金 ChatGPT 通常版 無料
ChatGPT Plus 月額20ドル(約3,200円)
特徴 世界的に活用されているAI記事作成ツールの定番
公式サイト https://openai.com/index/chatgpt/

※2024年6月時点

ChatGPTは、世界で最も多くの人々に活用されているAI記事作成ツールです。
OpenAI社が開発した会話型のAIチャットツールであり、記事作成をはじめとしたさまざまな活用方法があります。

ChatGPTを上手に活用するためには、指示の出し方(プロンプト)を工夫するのもポイントです。
AIに役割を与えたり参照する情報を指定したりすることで、思い通りの記事を作成できるでしょう。

ChatGPTの詳細を見る

トランスコープ

料金 Free:無料
Basic:月額11,000円
Pro:月額38,500円
Enterprise:月額66,000円
Customize:要相談
特徴 SEOに強いAI記事作成ツール
公式サイト https://transcope.io/

トランスコープは、SEOに特化したAI記事作成ツールです。
ChatGPTをベースに開発されたツールで、記事作成の精度も申し分ありません。

フリープランなら無料で使い始められるのもポイントの1つ。
効率よくSEO対策をしたいときに、導入しやすいAI記事作成ツールです。

トランスコープの詳細を見る

BringRitera(リテラ)

料金 Free:無料
Light:月額500円
Standard:月額3,000円
Pro:月額9,000円
Enterprise:月額3,000円
特徴 SEO専門家が開発したAI記事作成ツール
公式サイト https://ritera.bring-flower.com/

BringRitera(リテラ)は、SEO専門家により開発されたAI記事作成ツールです。
SEOに強い記事を自動生成したり、上位表示のアドバイスを提供したりしてくれます。

作成した記事の検索順位の推移をグラフ形式で確認できるのもメリットの1つです。
導入することで、SEO対策の強力な味方になってくれるでしょう。

BringRiteraの詳細を見る

Notion AI

料金 Notion AI:月額10ドル(約1,600円)
Grammarly Premium:月額12ドル(約1,900円)~
ChatGPT Plus:月額20ドル(約3,200円)
Jasper:月額49ドル(約6,400円)~
特徴 記事作成以外にも多彩な機能を搭載したAIツール
公式サイト https://www.notion.so/ja-jp/product/ai

※2024年6月時点

Notion AIは、アメリカの企業が開発したAI記事作成ツールです。
ドキュメントやプロジェクト管理など、記事作成以外にも多彩な機能を搭載しているのが特徴で、多くのビジネスシーンで活用されています。

ミーティングの議事録や音声データを書き出す機能も搭載されており、インタビュー記事の作成時に重宝するツールです。

Notion AIの詳細を見る

Perplexity AI

料金 通常版:無料
Perplexity Pro月払い:月額20ドル(約3,200円)
Perplexity Pro年払い:年額200ドル(約32,000円)
特徴 追加料金なしで使えるAIツール
公式サイト https://www.perplexity.ai/

※2024年6月時点

Perplexity AIは、コスパの良さに定評があるAI記事作成ツールです。
Perplexity Proに登録すると、使用回数の制限がなくなったり、新機能導入時も追加料金なしで使えたりするメリットがあります。

過去にOpenAI社やGoogle LLCに勤めていた人物がCEOを勤めているのも注目される理由の1つ。
今後の、さらなるアップデートが期待されています。

Perplexity AIの詳細を見る

ELYZA Pencil

料金 無料
特徴 東大松尾研究室のメンバーが運営するAIツール
公式サイト https://elyza.ai/lp/elyza-llm-for-jp

ELYZA Pencilは、東京大学の東大松尾研究所のメンバーで構成されたELYZAが運営するツールです。
キーワードを入力するだけで自動的に記事を作成してくれるので、手軽に使えるのがポイントです。

キーワードを2〜8個登録すると、それらをもとに文章を作成してくれます。
キーワードの入れ方により出力結果が変わるので、さまざまなパターンを試してみてアイデアを練るのも良いでしょう。

ELYZA Pencilの詳細を見る

Articoolo

料金 10記事あたり19ドル(約3,000円)
特徴 記事作成に特化したAIツール
公式サイト http://articoolo.com/?lang=ja

※2024年6月時点

Articooloは、記事作成に特化したAIツールです。
作成テーマに関連するキーワードを2〜5個入れるだけで、AIが自動的に記事を作成してくれます。

1記事あたり1.9ドル(約300円)で作成できるため、コスパが良いのもポイントの1つ。
現時点では、日本語版はβ版となっており、精度に欠ける部分もありますが、記事のアイデア出しで活用可能です。

Articooloの詳細を見る

RakuRin(ラクリン)

料金 フリー:無料
シルバー:月額4,980円
ゴールド:月額9,980円
プラチナ:月額29,980円
特徴 ブログ作成に特化したAI記事作成ツール
公式サイト https://rakurin.net/

RakuRin(ラクリン)は、ブログ記事作成に特化したAIツールとして知られています。
記事のアイデア出しから構成案作成、本文の執筆まで、ブログ記事作成を一貫してサポートしてくれます。

4つのプランが用意されているため、毎月の記事更新数に合わせて最適なプランを選べます。
1アカウントに同時に複数名でログインすることもできるため、チームでブログ運営をする際にも便利なツールです。

RakuRinの詳細を見る

PlayAI

料金 無料
特徴 無料で使える初心者向けのAI記事作成ツール
公式サイト https://playai.nu/

PlayAIは、無料で利用できる記事作成ツールです。
120文字程度で冒頭の文章を入れて「文章作成」ボタンを押すと、その後の文章を自動で作成してくれます。

他の有料版のAI記事作成ツールと比較すると精度はやや劣るものの、記事執筆のヒントを得るためには便利なツールです。

PlayAIの詳細を見る

AI記事作成ツール活用のコツ

AI記事作成ツール活用のコツは、以下の3つです。

  1. リサーチで活用する
  2. アイデアを得るために活用する
  3. 人の手で文章をブラッシュアップする

それぞれのコツについて詳しく解説します。

リサーチで活用する

AI記事作成ツールは、リサーチ作業を効率化できる強力なツールです。
AIを活用すれば、膨大なデータベースから迅速に関連情報を収集できるため、短時間で必要な情報を受け取れます。

AIは最新のニュースや学術論文、統計データなどを網羅的に検索し、必要な情報を抽出してくれます。
リサーチの初期段階でAIを活用することで、情報収集にかけていた時間や労力を大幅に節約できるでしょう。

アイデアを得るために活用する

AI記事作成ツールは、記事のアイデアを得る際にも非常に有用です。

AIを壁打ち相手としてアイデアを練ることで、自分一人では気づかなかった新しい視点や独自の切り口を見つけられるでしょう。

AIには、膨大なデータを分析して、トレンドやニッチなテーマを抽出する能力があるため、過去のデータに基づいた精度の高い回答を返してくれます。

記事作成のアイデアが出ない時は、AI記事作成ツールを活用することで、魅力的なアイデアを見つけられる可能性があるでしょう。

人の手で文章をブラッシュアップする

AI記事作成ツールは、効率的に文章を作成できますが、最終的な品質を担保するためには人の手によるブラッシュアップが必要です。

AIが生成した文章は、しばしば機械的で感情やニュアンスが欠ける場合も少なくありません。また、抽出できる情報が最新版とは限らず、古い情報が表示されるケースもよくあります。

ベースとなる文章をAIに生成してもらった後は、ファクトチェックも含めて人の手で修正を加えて、自然で読みやすい表現に修正することが重要です。

文法や表現のチェックだけでなく、独自の視点や意見も加えることで、より品質の高い文章に仕上がるでしょう。

AIで記事作成する時の注意点

AIで記事作成する時の注意点は、以下の5つです。

  1. 事実かどうか精査する必要がある
  2. 独自性の高い文章作成は難しい
  3. Googleからペナルティを受ける恐れがある
  4. 文章のクオリティが低い場合がある
  5. 誤字脱字などをチェックする必要がある

それぞれの注意点について解説します。

事実かどうか精査する必要がある

AIを使って記事を作成する際には、生成された情報が事実かどうかを精査する必要があります。
AIは大量のデータをもとに文章を生成しますが、そのデータの正確性は、必ずしも保証されているわけではありません。

誤った情報や古いデータが含まれる可能性もあるため、記事を公開する前に必ず自分で情報の真偽を確認するプロセスが必要です。

誤った情報を発信すると、読者の信頼を失うリスクもあるため、事実かどうかの精査はしっかりと行いましょう。

独自性の高い文章作成は難しい

AIが作成する文章は、独自性に欠ける場合が少なくありません。

膨大なデータを参照して一般的な内容の文章を生成するため、AIの力だけで独自性の高いコンテンツを作成するのは困難です。

独自性の高い文章を作成するには、人の手を加える必要があります。

AIで記事を作成した後は、作成者自身の経験や業界ならではの専門知識を加えて、読者にとって新鮮さを感じさせるような記事を目指しましょう。

Googleからペナルティを受ける恐れがある

AIで記事作成する際は、Googleからのペナルティリスクを考慮する必要があります。

Googleのアルゴリズムは、質の低いコンテンツやコピーコンテンツを検出し、検索結果から除外する仕組みとなっています。

AIが生成した文章は独自性に欠けるため、オリジナルコンテンツとして認識されない場合も少なくありません。

AIにより生成された内容が他のウェブサイトと似通っている場合は、必ず人の手で精査して修正を加えましょう。

文章のクオリティが低い場合がある

AIによる記事作成は迅速で便利である一方で、生成される文章のクオリティが必ずしも高いとは限りません。

AIは既存のデータをもとに文章を生成するため、文脈やニュアンスが適切に反映されないことがあるためです。

また、文章が機械的に感じられる場合もあり、読者にとって魅力的でない内容になることも少なくありません。

特に専門的な知識が必要なテーマで記事を作成する際は、人の手による編集や工夫が必要です。

誤字脱字などをチェックする必要がある

AIにより作成された文章には、誤字脱字や文法ミスが含まれる可能性があります。

AI記事作成ツールの精度は徐々に高まっているとはいえ、まだまだ完璧とはいえない状態です。

誤字脱字や文法ミスが含まれた文章は、読み手にストレスを与えかねません。

記事の内容が良くても、読みづらいことが原因で、読者が途中で離脱する可能性もあるため、入念なチェックが必要です。

作成した記事を公開する前には、必ず目視確認して誤字脱字や文法ミスがないか確認しましょう。

まとめ:AI記事作成ツールは活用の仕方に注意して取り入れよう

AI記事作成ツールは、記事作成の効率を高める非常に有用なツールです。

膨大なデータをもとに文章を作成してくれるので、リサーチに活用したり、アイデアを得るために活用したりすることができます。

ただし、AIが作成した文章は必ずしも完璧とはいえません。最後は必ず人の手で修正する必要があります。

AI活用により効率化できること、人の手を加える必要があることを考慮しながら、AI記事作成ツールを試してみてください。