無料のAIライティングツール10選を紹介!ツールの選び方も徹底解説

AIライティングツールとは、AIに指示を出すことで、自動で文章を作成できるツールです。
ツールの種類は多岐に渡り、無料でも十分な機能を備えたツールも少なくありません。

本記事では、無料で使えるAIライティングツールの選び方や活用するメリット、使う際の注意点について解説します。
コストをかけずに効率よく記事作成をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

無料で使えるAIライティングツールの選び方

無料で使えるAIライティングツールの選び方は、以下の4つです。

  1. 日本語対応のツールを選ぶ
  2. 使用目的に特化したツールを選ぶ
  3. 対応デバイスで選ぶ
  4. 使用量や頻度で選ぶ

それぞれ解説します。

日本語対応のツールを選ぶ

無料で使えるAIライティングツールを選ぶ際には、日本語対応のツールを選びましょう。

AIライティングツールの中には、日本語対応していないものもあるため、導入前にチェックしておく必要があります。

日本語対応のツールであれば、日本語特有の文法やニュアンスを理解しているため、自然で読みやすい文章を生成してくれます。

特に、SEO対策やブログ記事、ビジネス文書など、日本語での精度が求められる場合には、日本語対応のツールから選びましょう。

使用目的に特化したツールを選ぶ

AIライティングツールの種類は多岐にわたります。

特定の使用目的に特化したツールが多く、ブログ記事やSNS投稿、広告コピー、SEO対策など、自身の使用目的に合うツールを選ぶことが重要です。

無料で使えるAIライティングツールを選ぶ際には、最初に自身の使用目的を明確にするのが大切です。使用目的に特化したツールを使うことで、効率的に高品質なコンテンツを作成できるでしょう。

対応デバイスで選ぶ

AIライティングツールを選ぶ際には、対応デバイスのチェックも必要です。

デスクトップやノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど、使用するデバイスに応じて選ぶと、導入後に快適な作業ができるでしょう。

外出先での作業が多い場合は、スマートフォンやタブレットで使いやすいツールを選ぶと便利です。
また、デバイス間のデータ同期がスムーズに行えるツールであれば、作業の中断や再開が容易になり、生産性向上につながります。

使用量や頻度で選ぶ

使用量や頻度も、AIライティングツールを選ぶ上で重要な要素です。
特に、無料プランには使用制限がある場合も多いため、自分の使用頻度や文章量に合ったツールを選ばなければなりません。

無料プランでも品質や機能が充実したツールを選ぶことで、コストを抑えながら効率的にライティング作業を進められるでしょう。
まずは無料プランを使用してみて、必要に応じて有料プランへのアップグレードも検討するのがおすすめです。

無料のAIライティングツールおすすめ10選

無料のAIライティングツールおすすめ10選を紹介します。

  1. Catchy(キャッチー)
  2. Perplexity(パープレキシティ)
  3. ChatGPT(チャットジーピーティー)
  4. Rakurin(ラクリン)
  5. Transcope(トランスコープ)
  6. EmmaTools(エマツールズ)
  7. Poe(ポー)
  8. Tome(トーム)
  9. Jasper(ジャスパー)
  10. Cohesive(コヒーシブ)

AIライティングツールの導入を検討している方は、参考にしてください。

Catchy(キャッチー)

料金 Free:無料
Starter:月額3,000円~
Pro:月額9,800円
特徴 キャッチコピー作成に適したAIライティングツール
公式サイト https://lp.ai-copywriter.jp/

Catchyは、その名の通りキャッチーな文章を作成するのが得意なAIライティングツールです。
記事タイトルや見出し、SNSへの投稿内容など、少ない文字数でも読み手にインパクトを与えたいときに役立ちます。

有料版では100種類以上のコンテンツ生成機能が搭載されており、記事作成以外にもさまざまな活用方法ができるのがポイントです。
無料版でも、読者の興味を惹く記事タイトルや見出しの作成、アイデア出しに活用できるため、多くの人に利用されています。

Catchyの詳細を見る

Perplexity(パープレキシティ)

料金 通常版:無料
Perplexity Pro月払い:月額20ドル(約3,200円)
Perplexity Pro年払い:年額200ドル(約32,000円)
特徴 追加料金なしで使えるAIツール
公式サイト https://www.perplexity.ai/

※2024年6月時点

Perplexityは、無料で使えるチャット形式のライティングツールです。
Web上の最新情報を参照して文章を出力するため、事実確認しやすいというメリットがあります。

サイトにアクセスするだけで無料で使い始められるのもメリットの1つ。
会員登録等の手間が不要であるため、AIライティングツールを使用したことがない人でも気軽に利用できるでしょう。

Perplexityの詳細を見る

ChatGPT(チャットジーピーティー)

料金 ChatGPT 通常版 無料
ChatGPT Plus 月額20ドル(約3,200円)
特徴 世界的に活用されているAI記事作成ツールの定番
公式サイト https://openai.com/index/chatgpt/

※2024年6月時点

ChatGPTは、世界的に最も多くの人々に活用されている、チャット形式のAIライティングツールです。
2024年5月には「GPT-4o」がリリースされ、出力の精度・速度ともに大幅に向上しました。

現代人に馴染みのあるチャット形式で文章が出力されるため、スマホ画面でも使いやすいのがポイントです。
記事のアイデア出しから本文の執筆まで、幅広く活用できるライティングツールといえます。

ChatGPTの詳細を見る

Rakurin(ラクリン)

料金 フリー:無料
シルバー:月額4,980円
ゴールド:月額9,980円
プラチナ:月額29,980円
特徴 ブログ作成に特化したAI記事作成ツール
公式サイト https://rakurin.net/

RakuRinは、ブログ記事作成に特化したAIライティングツールです。
記事構成の作成や見出し案の提案、本文の執筆まで、ブログ記事作成に必要な機能がひと通り搭載されています。

利用可能なトークン数により4つの料金プランが用意されているため、自身の使用量に合わせて最適な料金プランを選べるのもメリットです。
ブログ運営を効率化したい方は、導入を検討してみても良いでしょう。

Rakurinの詳細を見る

Transcope(トランスコープ)

料金 Free:無料
Basic:月額11,000円
Pro:月額38,500円
Enterprise:月額66,000円
Customize:要相談
特徴 SEOに強いAI記事作成ツール
公式サイト https://transcope.io/

Transcopeは、SEO対策を得意とするAIライティングツールです。
ChatGPTをベースに開発されており、出力される文章の精度が比較的高いのが特徴です。

複数の料金プランが用意されていますが、個人で利用する場合は、基本的にはフリープランでも十分活用可能です。
なるべくコストを抑えながらSEO対策したい方にとっては、重宝するツールになるでしょう。

Transcopeの詳細を見る

EmmaTools(エマツールズ)

料金 無料プラン
有料プラン:月額1,980円〜
特徴 SEO品質をスコア化できるライティングツール
公式サイト https://emma.tools/personal/

EmmaToolsは、記事のSEO品質をスコア化できるライティングツールです。
作成した記事のSEO対策が十分かどうかを数値で判断できるため、WebメディアのSEO対策を着実に前に進められるのがメリットです。

文章生成AIも搭載しており、記事執筆に欠ける時間を短縮できるのもポイントの1つ。
14日間の無料期間も設けられているため、気になる方はまずは無料で試してみると良いでしょう。

EmmaToolsの詳細を見る

Poe(ポー)

料金 無料プラン
有料プラン:月額2,500円〜
特徴 複数のAIツールを活用可能なライティングツール
公式サイト https://poe.com/login

Poeは、複数のAIツールを使えるオールインワンのAIライティングツールです。
ChatGPTやClaude、Bardなど、話題のAIライティングツールをまとめて活用できるという特徴があります。

画像生成や最新情報の参照など、Webメディア運営で求められる機能をひと通り利用できるため、活用の幅が広いライティングツールといえるでしょう。
使用目的により複数のツールを使い分ける必要がないため、ツール管理の労力削減にもつながります。

Poeの詳細を見る

Tome(トーム)

料金 無料プラン
有料プラン:月額8ドル(約1,300円)〜
特徴 スライド生成できるAIツール
公式サイト https://tome.app/

※2024年6月時点

Tomeは、スライド生成に特化したAIツールです。
文章だけでなく、内容に合わせたスライドも生成できるため、プレゼンテーションの準備の際に非常に便利なツールです。

画像生成にはStable Diffusion XLが使用されており、プロンプトを入力するだけで、写真のように詳細な画像が生成されます。
入力された文章を要約したスライド生成も可能で、資料作成時に重宝するでしょう。

Tomeの詳細を見る

Jasper(ジャスパー)

料金 無料プラン
有料プラン:月額39ドル(約6,300円)〜
特徴 画像生成機能も搭載したAIライティングツール
公式サイト https://www.jasper.ai/

※2024年6月時点

Jasperは、アメリカのユニコーン企業が開発したAIライティングツールです。
英語ベースの仕様となっていますが、生成される文章はツール内でDeepL翻訳をかけられるため、日本語での文章作成も可能です。

記事のテーマや文章の雰囲気、想定読者を入力すると、自動で文章が作成されます。
画像生成機能も搭載しているので、ブログ記事のアイキャッチ画像の作成も可能です。

Jasperの詳細を見る

Cohesive(コヒーシブ)

料金 無料プラン
有料プラン:月額15ドル(約2,400円)〜
特徴 150種類以上のテンプレートを備えたAIライティングツール
公式サイト https://cohesive.so/

※2024年6月時点

Cohesiveは、インドの企業が開発したAIライティングツールです。
150種類以上のテンプレートが用意されており、目的に合わせてさまざまな文章を生成できるという特徴があります。

文章生成機能だけでなく、画像生成や文章の読み上げ機能なども搭載されています。
英語ベースのライティングツールですが、無料プランでも多くの機能を利用できるため、機能豊富なツールを探している場合は試してみても良いでしょう。

Cohesiveの詳細を見る

AIライティングツールを活用するメリット

AIライティングツールを活用するメリットは、以下の3つです。

  1. 執筆時間を節約できる
  2. 外注コストを削減できる
  3. 文章表現の幅が広がる

一つひとつ解説します。

執筆時間を節約できる

AIライティングツールを活用すると、執筆時間を大幅に節約できます。
従来の手作業での執筆では、アイデアの出し方や構成作成に多くの時間がかかりますが、AIツールで自動化することで、生産性が向上します。

例えば、記事の下書きを作成する際にAIツールを活用すると、わずか数分で記事の叩き台を作成可能です。

時間がかかりがちな記事の下書きをAIに任せることで、その後の編集や表現の見直しに集中できるため、全体の執筆時間を短縮できるでしょう。

外注コストを削減できる

AIライティングツールを使用すると、外注コストの削減にもつながります。

ライティング業務を外部に委託する場合、記事数が増えるほど高額な費用が発生しますが、無料のAIツールを活用すれば、外注コストはゼロになります。

特に、予算が限られている中小企業やフリーランサーにとって、コスト削減は大きなメリットです。
外注コスト削減により浮いた予算を、広告費や開発費にあてることで、事業成長を加速させられるでしょう。

文章表現の幅が広がる

AIライティングツールの活用により、文章表現の幅が広がるのもメリットの1つです。

AIは膨大なデータベースをもとに多様な表現方法を提案してくれるため、今までにない表現方法に気づける可能性があります。

書かれている内容が同じでも、表現の仕方によって伝わり方は異なります。

より魅力的な文章を作成する手助けにもなるので、単調な文章からの脱却を目指す人は、AIライティングツールを使ってみると良いでしょう。

AIライティングツールを使う際の注意点

AIライティングツールを使う際は、以下の2点に注意しましょう。

  1. 事実確認が必須になる
  2. プロンプトの書き方に注意する

それぞれの注意点について詳しく解説します。

事実確認が必須になる

AIライティングツールを使用する際には、生成された文章の事実確認が必須です。

AIツールは膨大なデータベースをもとに文章を生成しますが、その内容が必ずしも正確であるとは限りません。まだまだ情報の誤りは多いでしょう。

特に、統計データや固有名詞に関する情報は、入念にチェックする必要があります。

誤った情報を公開すると読者の信頼性を損なうリスクがあるため、必ず自分で確認し、必要に応じて修正や補足を行うことが重要です。

プロンプトの書き方に注意する

AIライティングツールを効果的に利用するためには、プロンプトの書き方に注意する必要があります。
プロンプトとは、AIに対して指示を与える文章のことです。

プロンプトの書き方を工夫することで、AIが生成する文章の質が向上します。

プロンプトを書く際は、文脈や目的を明確に伝えることが重要です。

具体的な数字を示したり、AIの役割を明確に定義したりすることで、こちらが意図した内容をAIに出力させられるでしょう。

まとめ:無料のAIライティングツールをお試しで活用してみよう

AIライティングツールとは、AIに指示を出すことで、自動的に文章を作成できるツールです。

ツールの種類は多岐に渡り、それぞれ異なる特徴があるため、使用目的に合うツールを選ぶことが重要です。

無料のAIライティングツールは、有料版と比較すると機能に制限がありますが、工夫次第では無料版でも十分に活用可能です。

使用目的に合うAIライティングツールを導入して、記事作成の生産性を高めましょう。