モバイル決済端末とは?主要5社を種類や選び方とともに紹介

モバイル決済とは、スマホを使用して決済する方法です。クレジットカード決済や電子マネー決済、QRコード決済と連携して利用します。モバイル決済端末を導入するとキャッシュレス決済の利用ができ、販売機会損失を避けて集客力をあげられます。

しかし、モバイル決済端末の種類は多く、選ぶのに迷ってしまうでしょう。そこでこの記事では、モバイル決済のおすすめ5社を比較します。モバイル決済の種類と選び方についても解説するので、モバイル決済選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

モバイル決済とは

モバイル決済とは、スマホを使用して決済する方法です。クレジットカード決済や電子マネー決済、QRコード決済と連携することで、モバイル決済端末1台でキャッシュレス決済を利用できます。

キャッシュレス化が進み現金の利用が減っていることにより、モバイル決済の需要は年々高まっています。また、キャッシュレス決済を導入すると顧客のニーズに応えられるため、販売機会の損失を避けられるでしょう。

モバイル決済の種類

モバイル決済には、以下2つの種類があります。

  1. モバイルアプリ
  2. モバイルIC

モバイルアプリ

モバイルアプリとは、スマホやタブレット内でインストールできるアプリによるQRコード決済を指します。モバイル決済で利用されるアプリの例は、以下のとおりです。

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • au Pay

モバイルアプリは専用端末不要でコストがかからないので、導入のハードルは低いでしょう。QRコードのみで決済が可能で、アプリそれぞれにポイント還元などの特性もあります。

モバイルIC

モバイルICとは、ICチップが内蔵されたクレジットカードや電子マネーによる決済のことを指します。モバイルICによる決済には専用端末の準備が必要ですが、クレジットカード決済の利用率は最も高く、導入すべき決済方法だといえるでしょう。顧客のニーズに応えられるだけでなく、現金会計が不要になり会計時間の短縮にもつながります。

モバイル決済のおすすめ5社を比較

モバイル決済のおすすめ5社を比較して紹介します。

導入費用 決済手数料 入金サイクル
スマレジ・PAYGATE 0円 3.24% 月2回
STORES決済 0円 3.24% 最短翌々日
Square決済 46,980円 3.25% 最短翌営業日
Air PAY 0円 3.24% 月3回
※みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行なら月6回
楽天ペイ 0円 3.24% 楽天銀行登録で翌日

スマレジ・PAYGATE

初期費用 0円
月額費用 0円~15,400円
決済方法 クレジットカード決済
電子マネー決済
QRコード決済
決済手数料 3.24%
入金サイクル 月2回

スマレジ・PAYGATEは、キャッシュレス決済全般に対応しており、プリンター内蔵であるため1台でレジ周りをスッキリさせられるモバイル決済端末です。主要ブランドのモバイルアプリに対応しているので、顧客の販売機会を逃しません。

導入にコストもかからないので、利用のハードルが低く、レジ締め時間や会計時間を短縮させられます。

スマレジ・PAYGATE公式サイトへ

STORES決済

初期費用 0円
月額費用 0円
決済方法 クレジットカード決済
電子マネー決済
QRコード決済
STORES請求書決済
決済手数料 3.24%
入金サイクル 最短翌々日

STORES決済は、タッチするだけで決済処理を完了させられるのでレジの回転率を高められるモバイル決済端末です。決済用のWebぺージを作成してURLを送信するだけでオンライン請求書も作成でき、手間のかかる業務負担も削減できるでしょう。

店舗ニーズに合わせてカスタマイズも可能で、会計ソフトやCSVとの連携で、業務を効率化させつつ、店舗売上の向上にも期待できます。

STORES決済公式サイトへ

Square決済

初期費用 46,980円
月額費用 0円
決済方法 クレジットカード決済
電子マネー決済
QRコード決済
決済手数料 3.25%
入金サイクル 最短翌営業日

Square決済は、導入にコストや難しい手続きのないモバイル決済端末です。申し込みをしてアカウント登録は数分で完了し、その後数日でキャッシュレス決済を利用できます。利用開始までが短期間であることは魅力的なポイントの1つでしょう。

また、決済が完了した売上代金は、最短で翌日に入金されます。振込手数料も無料で最短翌日入金であることから、店舗のキャッシュフローを安定させられるでしょう。

Square決済公式サイトへ

Air PAY

初期費用 0円
月額費用 0円
決済方法 クレジットカード決済
電子マネー決済
QRコード決済
決済手数料 3.24%
入金サイクル 月3回
※みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行なら月6回

Air PAYは、カードリーダーとiPadまたはiPhoneがあれば、キャッシュレス決済を利用できるモバイル決済端末です。アプリによるQRコード決済はもちろん、クレジットカード決済や電子マネー決済をAir PAY1台で完結させられます。

Airレジアプリをダウンロードすれば、POS機能の利用も可能です。レジ会計時間の短縮や顧客管理も可能となり、顧客一人一人に適したアプローチが行えるでしょう。

Air PAY公式サイトへ

楽天ペイ

初期費用 0円
月額費用 0円
決済方法 クレジットカード決済
電子マネー決済
QRコード決済
インバウンド決済
決済手数料 3.24%
入金サイクル 楽天銀行登録で翌日

楽天ペイは、初期費用と維持費がかからないモバイル決済端末です。かかるのは業界最安水準の3.24%の決済手数料のみです。

そのほか、楽天ペイの魅力的なポイントは入金までの期日にあります。振込口座に楽天銀行を登録すると、365日翌日入金が可能になります。その他のモバイル決済を提供している会社は営業日での振込ですが、楽天ペイなら曜日問わず振込されるのでキャッシュフローが安定するでしょう。

楽天ペイ公式サイトへ

導入するモバイル決済を選ぶポイント

導入するモバイル決済を選ぶポイントについて解説します。

  1. 決済方法は豊富であるか
  2. 入金サイクルは早いか
  3. 既存システムとの連携が可能か

決済方法は豊富であるか

モバイル決済を選ぶ際は、決済方法が豊富であるか確認しましょう。決済方法はモバイル決済以外にも、クレジットカード決済や電子マネー決済などさまざまです。

決済方法が豊富であれば顧客ニーズにも応えられます。販売機会損失を防止できるので、顧客ニーズに沿った決済方法の導入をしましょう。

入金サイクルは早いか

入金サイクルの早いモバイル決済がおすすめです。入金サイクルが早いとキャッシュフローを安定させられます。しかし、入金サイクルが遅い場合は、資金調整が困難になりかねません。

入金サイクルは提供会社ごとに異なるので、必ず確認して比較検討を重ねた上で適したモバイル決済を選びましょう。

既存システムとの連携が可能か

導入するモバイル決済は、既存システムと連携可能であるかが大切です。モバイル決済は、POSレジなどの既存システムと連携させることで、顧客や売上の一元管理が可能になります。

データは自動集計されるので、手作業の負担をなくし効率的に業務を行えるでしょう。また、集計したデータの分析から施策立案に活かしやすく、店舗全体の売上向上も期待できます。

まとめ:モバイル決済を導入して販売機会損失を避け集客力をあげよう

モバイル決済端末とは、スマホを利用して決済する方法です。モバイル決済以外のキャッシュレス決済と連携させて利用することで、販売機会損失の防止につながります。

モバイル決済端末にはさまざまな種類があるので、この記事で紹介した内容を参考にモバイル決済を導入して、販売機会損失を避け集客力をあげましょう。