SEO無料相談受付中!

インハウスSEOとは?メリット・デメリットや業務内容、始め方について解説

インターネット上で手堅く集客を実現できるSEO対策。

近年では、SEO対策を自社リソースで完結させる、いわゆる「インハウスSEO」の需要が増加しています。SEO内製化に向けたサービスを提供する専門業者も少なくありません。

そこで本記事では、インハウスSEOのメリット・デメリットや具体的な業務内容、始め方について解説します。「SEO外注費を削減したい」「自社リソースで効率良く集客したい」という方は、ぜひ最後までご覧ください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

インハウスSEOとは自社内でSEO対策を完結させること

インハウスSEOとは、企業が自社内でSEO対策を完結させることです。キーワード選定やコンテンツ制作、運用、効果の検証など全ての工程を自社で行い、自社サイトの集客・収益化を目指します。

SEOノウハウの蓄積、外注費のコストカットなどの効果から、近年注目されているインハウスSEOですが、SEO対策の内製化はハードルが高いのも事実です。

インハウスSEOを成功させるには、内製化までのステップや注意点を深く理解しなければなりません。

インハウスSEOのメリット

インハウスSEOのメリットは、以下の4つです。

  1. 外注費を削減できる
  2. SEOノウハウを社内に蓄積できる
  3. PDCAサイクルを迅速に回せる
  4. コミュニケーションを円滑に取れる

それぞれのメリットについて解説します。

外注費を削減できる

インハウスSEOを実施すると、SEO業務を外部に依頼する際に発生する外注費を削減できます。

通常、SEO対策を外注すると、プロジェクト規模に応じた費用が発生します。場合によっては、月50〜100万円とかなり高額になるケースも少なくありません。

インハウスSEOを進めると、これらの外注費用を削減し、長期的にコスト効率の良いSEO戦略を展開できます。長期的な視点で見ると、外部委託と比べてコスト削減が期待できるでしょう。

SEOノウハウを社内に蓄積できる

インハウスSEOを採用すると、SEOに関する実践的なノウハウを社内に蓄積できます。

外部委託の場合、SEOのノウハウや成功事例が社外に流出するリスクがあります。しかし、インハウスで行うことによって、これらの知識や経験を社内に留められます。

SEO対策の内製化により、継続的な社員のスキル向上につながる点もメリットの1つです。

新商品や新サービスの展開時にも、蓄積されたノウハウを活用して効果的なマーケティング活動ができるでしょう。

PDCAサイクルを迅速に回せる

インハウスSEOによって、計画・実施・評価・改善のPDCAサイクルを迅速に回せるようになります。社内でSEO対策を行うことで、外部委託時に比べて迅速な意思決定が可能になり、市場や競合の動向に応じた柔軟な対応ができます。

また、実施した施策の結果を素早く評価して、必要な改善をタイムリーに実施できるため、SEO対策の効果を最大化できるのもメリットです。

例えば、アルゴリズムアップデート後の変化を分析し、影響を受けた時の原因と改善策を立案、社内で共有して即座に実行へと移せます。

インハウスSEOでは、社内の様々な部署が密接に連携し、スピーディーに運用や改善ができるでしょう。

コミュニケーションを円滑に取れる

インハウスSEOを実施することで、社内でのコミュニケーションが大幅に改善されます。

外部のエージェンシーやコンサルタントとのやり取りは、チャットツールを用いるために少なからずラグが生じます。これは簡単に避けられるものではありません。

しかし、SEO業務を社内で行うことで、こうしたリスクを減らすことができます。

社内のさまざまな部署やチームが直接協力し、SEO戦略に関するアイディアやフィードバックをリアルタイムで共有することが可能になります。

このような密接なコミュニケーションにより、より統合された戦略を迅速に実行でき、最終的にはSEOの成果にも直結します。

また、SEOに関連する意思決定プロセスが加速し、プロジェクトの進行速度も速められるでしょう。

インハウスSEOのデメリット

しかし、インハウスSEOにもデメリットがあります。主なデメリットは、以下の3つです。

  1. 担当者の採用・育成にコストがかかる
  2. 成果が出るまでに時間がかかる
  3. 最新情報をキャッチアップしづらい

一つひとつのデメリットについて、順番に解説します。

担当者の採用・育成にコストがかかる

インハウスSEOの最大のデメリットは、専門知識を持った担当者の採用と育成に関わるコストがかかる点です。

SEO専任者がいない企業では、新たにSEOに精通した人材を採用する必要があり、人件費が高くなるリスクがあります。

既存の従業員をSEO担当にする場合でも、SEOに関する知識と技術を身につけるための研修や時間が必要です。

これは特に、SEOに詳しい人材が少ない中小企業などで顕著な課題となります。

成果が出るまでに時間がかかる

SEO対策は、成果が出るまでに一定の時間がかかります。

特にSEO未経験者を担当者として採用した場合、SEO知識の学習期間や実施期間、結果が反映されるまでの期間が必要です。

プロが実践しても一般的に半年〜1年間は要するため、未経験者の担当者では何年要するかわかりません。

ノウハウがない段階なら、しっかりとSEOの知見を持った組織体制を構築し、万全な状態で取り組めるようにしましょう。

最新情報をキャッチアップしづらい

SEOは常に変化・進歩しており、最新の検索エンジンアルゴリズムやトレンドに対して迅速に対応する必要があります。

しかし、インハウスSEOの場合、最新のSEO情報やトレンドをキャッチアップするのは容易ではありません。しっかりと情報を追ってくれる人材が必要になるからです。

最新情報や技術に関するアップデートが遅れると、競合他社に追い抜かれる可能性もあることは念頭に置いておきましょう。

インハウスSEOに向いている企業の特徴

インハウスSEOに向いている企業には、以下4つのような特徴があります。

  1. SEOの専門的な知識のあるメンバーがいる
  2. 社内でSEOの重要性が周知されている
  3. コンテンツの制作体制が整っている
  4. SEOに注力できる予算がある

それぞれの特徴について詳しく解説します。

SEOの専門的な知識のあるメンバーがいる

インハウスSEOを成功させるには、SEOの専門知識を持つメンバーが不可欠です。専門知識があるメンバーがいると、SEOに関連する最新の動向を把握しながら、効果的な戦略を策定・実行できます。

経験豊富なSEO専門家がいれば、自社が管理するWebサイトのSEOを効果的に進めることも可能になるでしょう。

社内でSEOの重要性が周知されている

インハウスSEOを成功させるためには、社内でSEOの重要性が理解されていることが重要です。SEOはただの技術的な作業ではなく、ビジネス戦略の一環として取り組む必要があります。

社内でSEOの価値が認識され、各部門が連携して取り組むことで、インハウスSEOの効果を最大限に引き出せるでしょう。

コンテンツの制作体制が整っている

インハウスSEOでは、高品質なコンテンツの制作が重要です。コンテンツ制作に必要なリソースが社内にあることが、インハウスSEOを成功させるポイントの1つです。

業界の専門知識を持ったライターやデザイナー、コンテンツマネージャーなどがいると、インハウスSEOの成功率がグッと高まるでしょう。

SEOに注力できる予算がある

インハウスSEOを行うには、適切な予算の確保が必要です。

コンテンツ制作や分析などにかかる人件費やSEOツールの導入などで使う予算を確保しなければなりません。

また、SEOに取り組むための人材を雇う場合、その分の人件費も用意する必要があります。

インハウスSEOの業務内容

インハウスSEOの業務内容は、以下の通りです。

  1. KPI設定
  2. 社内折衝
  3. サイト改善
  4. 市場・競合調査
  5. コンテンツ制作・リライト
  6. 被リンクの獲得
  7. アクセス解析・効果検証
  8. コンバージョン率の最適化

それぞれの業務内容について解説します。

KPI設定

インハウスSEOでは、具体的な目標を設定し、達成度を測定するためのKPIを設定します。KPI項目としては、トラフィック数・検索順位・コンバージョン率・滞在時間・離脱率など、さまざまな指標が含まれます。

適切なKPI設定は、進行中のSEO戦略が効果的かどうかを判断し、必要に応じて戦略を調整するために重要です。

社内折衝

SEOチームは、マーケティングやIT、営業など他の部門と連携を取りながらSEO戦略を進めます。施策実行だけでなく、SEOの重要性を社内に理解させるための啓蒙活動も重要です。

社内折衝を成功させるには、SEOの長期的な価値を説明し、経営層や他部門の支持を得るためのプレゼンテーションやミーティングも行わなければなりません。

サイト改善

サイトの構造や内部リンクの最適化、サイトの読み込み速度の改善、モバイルフレンドリー性の向上など、Webサイトの技術的な側面での最適化も重要です。

SEOを意識したサイト改善を実施することで、検索エンジンへの効果的なインデックス、ユーザーエクスペリエンス向上につながります。

市場・競合調査

市場動向や競合他社のSEO戦略分析も、重要な業務内容の1つです。自社のWebサイトやコンテンツの改善点を特定し、改善に向けた効果的な施策を検討・実行します。

競合のキーワード戦略、被リンク状況、コンテンツの質や量などを調査して、自社のSEO対策に反映させます。

コンテンツ制作・リライト

ターゲット層の関心や検索意図に応える質の高いコンテンツ制作、既存コンテンツの見直しやリライトもインハウスSEOの業務内容の1つです。

キーワード選定やコンテンツの構成作成、高品質な記事の作成など、各施策を戦略的に実行しなければなりません。

一度制作して終わりではなく、リライトを行いながら定期的な改良も大切です。

被リンクの獲得

Webサイトの信頼性と権威性を高めるためには、外部の信頼できるWebサイトからの被リンクを獲得するのが有効です。

質の高い被リンクを獲得するには、高品質なコンテンツ作成、他社との良好な関係構築、業界関係者との折衝などがポイントになります。

アクセス解析・効果検証

Google Analyticsや他のWeb解析ツールを使用した、Webサイトのパフォーマンス測定も重要な業務です。SEO担当者は、サイト訪問者の行動、トラフィックのソース、コンバージョン、キーワードパフォーマンスなどのデータ分析を実施します。

収集・分析したデータは、SEO戦略の改善と調整のための重要な情報源となります。

コンバージョン率の最適化

Webサイトのコンバージョン率の最適化も、SEO担当者の業務内容です。コンバージョン率の向上に向けて、ランディングページの最適化、コールトゥアクションの配置、カスタマージャーニーの分析、A/Bテストなどを実施します。

SEO担当者の目標は、サイト訪問者をリードや顧客に転換し、WebサイトからのROIを最大化することです。

インハウスSEOの始め方4ステップ

インハウスSEOの始め方は、以下の4ステップです。

  1. インハウスSEOを支援するSEOコンサル会社を選ぶ
  2. 社内にSEOノウハウを蓄積する
  3. 徐々に取り組む業務を社内で巻き取る
  4. 完全な内製化に移行する

それぞれのステップについて詳しく解説します。

インハウスSEOを支援するSEOコンサル会社を選ぶ

インハウスSEOを始めるにあたって、最初にするべきことは、適切なSEOコンサルティング会社を選ぶことです。専門知識を持つコンサルタントのサポートを受けながら、自社でSEO対策を進めるための基礎知識とスキルを蓄積します。

コンサルティング会社は、自社のビジネスモデルや業界の特性に合ったところを選ぶのが重要です。

社内にSEOノウハウを蓄積する

SEOコンサルティング会社から学んだ知識をもとに、社内にSEOノウハウを蓄積します。社内研修やワークショップの実施、専門的な文献やオンライン資料などを活用し、SEOノウハウを蓄積していきましょう。

インハウスSEOを成功させるには、SEOの知識とスキルを持つ人材を育成し、組織全体でSEOに関する理解を深めることが重要です。

徐々に取り組む業務を社内で巻き取る

続いて、SEO業務を徐々に社内で担うようにします。

例えば、最初はライティング後のチェックから担当し、キーワード選定や競合調査、CVRの分析などはお任せし、少しずつライティングやその他の業務を巻き取っていくイメージです。

この段階では、コンサルティング会社から得た知見を活用しつつ、社内での実務経験を積んでいくことが重要です。社内のスタッフが実際にSEO業務に取り組むことで、理論だけでなく実践的なスキルを身に付けることができます。

完全な内製化に移行する

最終的には、すべてのSEO業務を社内で完結させることを目指します。専任のSEOチームの設置、適切なツールや技術の導入、効果的な戦略の立案と実行、定期的な成果のモニタリングと改善策の実施など、順番に進めていきましょう。

完全な内製化に移行することで、外注に頼ることなく、迅速かつ柔軟なSEO対策を実施できます。長期的には外注に比べてコスト削減も期待できるでしょう。

インハウスSEOを検討しているならandmedia株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

インハウスSEOは、and media株式会社にお任せください。

and media株式会社は、オウンドメディアに強いSEO・コンテンツマーケティング支援を行っており、これまでに多くの企業様に対して本質的なSEOのサービスを提供してきました。

自社メディアで培った実績やノウハウを活かしつつ、SEO経験が豊富なプロフェッショナルチームが、SEO内製化を支援します。

実際、弊社の支援を通じて内製化に舵をとれたクライアント様もいます。

業界の特徴に合わせて、ローカルSEOやコンテンツSEOなど、さまざまなニーズに対応可能です。

オンラインで日本全国の企業に対応できますので、ぜひお気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:インハウスSEOで得られる成果を踏まえて内製化を検討しよう

インハウスSEOとは、企業が自社内でSEO対策を完結させることです。外注費の削減、社内へのSEOノウハウ蓄積などのメリットがあるものの、内製化のハードルが高いのも事実です。

なお、インハウスSEOを成功させるためには、SEO対策支援の実績が豊富なコンサルティング会社に依頼するのがポイント。社内にSEOチームを設置して、迅速かつ柔軟なSEO対策を実現させましょう。