PV・CVを200%改善した事例紹介

SEOに文字数は関係ない。Googleに評価されるための7つのポイント

SEOに文字数は関係ない。Googleに評価されるための7つのポイント

キーワードの検索ボリュームを調べたりタイトルや見出しの作り方に注意したりと、さまざまなSEO対策を施している方は多いでしょう。

コンテンツの制作を担当している方で「文字数を増やせば上位表示されるのかな?」という疑問はありませんか?

本記事では、SEOの順位と文字数の関係性・SEOで評価されるための7つのポイントを解説します。

最後まで読めばSEOと文字数の関係が把握でき、適切なSEO対策が分かります!

コンテンツの文字数とSEOの順位に関係性はない!
コンテンツの文字数とSEOの順位に関係性はない!

コンテンツ制作において「文字数ってどれくらいが適切なんだろう?」と疑問に思っている方は多いでしょう。

結論から言うと、SEOの順位と文字数には直接的な関係はありません。
Googleには文字数をSEO的に評価できるアルゴリズムが存在しないのです。

実際にGoogleの社員であるジョン=ミュラー氏は次のように述べています。

文字数の多さで判断せず、ユーザーにとって魅力的であるかどうかでコンテンツを評価している。

参考:https://www.youtube.com/watch?v=MYkPRo8T44M#t=2077

あくまでも「ユーザーにとって有益で役立つかどうか」が重要で、「文字数を稼げば上位表示されるだろう」というのは誤った認識です。

質の高いコンテンツを作るなら自然と文字数は多くなる
質の高いコンテンツを作るなら自然と文字数は多くなる

「SEOの順位とコンテンツの文字数に直接的な関係はない」とお伝えしましたが、ボリュームのある記事が上位表示されやすい傾向はあります。

上位表示されるためには良質なコンテンツを制作し、Googleから評価されなければなりません。

コンテンツの内容を充実させるためには、ユーザーにとって役立つ複数の情報をまとめていく必要があります。
実はユーザーにとって必要な情報をまとめていくと、一定のボリュームに達することがほとんどです。

ユーザーの検索意図に沿ってコンテンツを制作すれば、自ずと必要な文字数が決まります。

SEOで評価されるためのコンテンツを作る7つのポイント
SEOで評価されるためのコンテンツを作る7つのポイント

今からは、SEOで評価されるための7つのポイントを紹介します。

  • 網羅性の高いコンテンツにする
  • ユーザーの検索意図に合致させる
  • 情報の信頼度を高くする
  • 専門性のあるコンテンツを作る
  • 狙うキーワードの共起語を含める
  • レイアウトに気を配る
  • ユーザーが読みやすい記事に仕上げる

上記のポイントについて一つずつ確認していきましょう!

網羅性の高いコンテンツにする

網羅性を高めるためには、対策キーワードに関連する情報を複数盛り込みましょう。
網羅性を満たすと、Googleからも「ユーザーにとって必要な情報や問題の解決方法を網羅した良質なコンテンツだ」と評価されやすいです。

網羅性を満たした良質なコンテンツを作るには、ユーザーの検索意図を汲み取らなければなりません。
サジェストキーワードや関連検索キーワードなどをリサーチし、どのように検索しているのか調べましょう。

関連するキーワードの情報も盛り込むことで、より多くのユーザーのニーズに応えられます。

ユーザーの検索意図に合致させる

ユーザーは悩みを解決するために検索するので、検索意図に合致したコンテンツを作らなければなりません。

ユーザーの検索意図を調べる方法としては、以下のようなものがあります。

  • 競合サイトのタイトルやディスクリプション、見出しをチェックする
  • サジェストキーワード・関連検索キーワードをリサーチする
  • 「Yahoo!知恵袋」でユーザーの悩みを調べる

特に、Yahoo!知恵袋はユーザーが抱えるリアルな悩みを知れるため、検索意図を調べる際に役立ちます。
コンテンツを制作する時は「ユーザーがなぜこのキーワードで検索したか?」という視点を常に持ちましょう。

情報の信頼度を高くする

ユーザーに有益な情報を提供するためには、正確な情報を盛り込まなければなりません。
信憑性の低い情報でコンテンツを制作しても、ユーザーにとって役立つ情報を提供していないと判断されるのでSEO的にもマイナスです。

コンテンツに関する知識がない場合は、書籍やWebサイトなどで情報収集しながら知識を身につけましょう。
公的機関の調査資料や研究論文などのデータを引用するのも信頼度を高めるポイントです。

コンテンツ自体の信頼度を高めるためにも、正確な情報・データを用いてください。

専門性のあるコンテンツを作る

専門性のあるコンテンツを制作するのも、SEO対策として有効です。
専門家が書いた記事というだけで権威性・信憑性が高まり、評価されやすくなります。

先ほど、ユーザーニーズの観点からコンテンツの信用度を高めることが重要だとお伝えしました。
「専門家が執筆した記事=専門性の高い記事」とGoogleから評価され、上位表示も狙いやすくなります。

特に、医療・保険・投資のような専門知識や経験が求められるジャンルでは、専門家に監修依頼をするのもおすすめです。

狙うキーワードの共起語を含める

「共起語」とは、対策キーワードと一緒に使用される頻度が多い語句のことです。
例えば「犬」というキーワードの場合は「募集」「ペット」といった語句が共起語として抽出されます。

共起語を盛り込むことで情報に深みが増し、ユーザーにとって読みやすくて理解しやすいコンテンツを作れるというメリットがあります。
あらかじめ共起語を調べておくと文章の方向性も把握でき、より執筆しやすくなる点もメリットです。

共起語を簡単に抽出できるツールは多数あるので、ツールを利用しながらコンテンツを制作しましょう。

レイアウトに気を配る

Googleには「ページレイアウトアルゴリズム」があります。
必要な情報を探しにくいページに対しては評価を下げるため、コンテンツを制作する際は以下のポイントに気をつけてください。

  • ユーザーが求める情報をファーストビューに配置
  • 過剰に広告を載せない
  • スマホ画面でも見やすいレイアウトにする

広告ばかり目に入るとストレスに感じるので、ユーザーにとって必要な情報はファーストビューに配置することが大事なポイントです。

最近はスマホからサイトを訪問するユーザーが増えています。
パソコン以外のデバイスから見た時のレイアウトも確認しておきましょう。

ユーザーが読みやすい記事に仕上げる

SEO対策というと、タイトルの付け方や対策キーワードといったテクニックが重視されます。

しかし、実際にコンテンツを読んだり見たりするのは人間です。
ユーザーは読みながら文章の読みやすさを判断し、伝えたいことが分かりにくい文章や難しい単語ばかり羅列した文章はストレスに感じます。

コンテンツを制作する際は、SEOの知識と併せて基礎的な文章力も欠かせません。
執筆後は「ユーザーにとって分かりやすく、読みやすい記事であるか」といった視点で、見直すように心がけてください。

タイトル・メタディスクリプションの文字数も重要
タイトル・メタディスクリプションの文字数も重要

コンテンツの文字数はSEOに大きく影響しないと言いましたが、タイトル・メタディスクリプションにおいては文字数が重要といわれています。

タイトルとメタディスクリプションの最適な文字数について解説していきます。

タイトルの最適な文字数

タイトルは検索結果で表示される文字数が決まっています。
長いタイトルは途中で切れてしまい、コンテンツの内容が分かりにくくなるので文字数には注意しましょう。

32文字以内に収めれば、タイトルが途中で切れることはありません。

また、コンテンツの内容を伝えるキーワードなどはできるだけ左側に寄せ、ユーザーの目に入りやすくすることも重要です。

メタディスクリプションの最適な文字数

「メタディスクリプション」とはコンテンツの内容を端的に要約したもので、検索結果に表示されます。

メタディスクリプションもタイトルと同様に、最適な文字数が決まっています。
パソコンであれば120文字ほど表示されますが、スマホの場合は90〜100文字しか表示されません。
長々と書いても途中で切れてしまうため、メタディスクリプションは100文字前後で収めましょう。

対策キーワードを冒頭で使用すれば、クリック率アップにもつながります。

SEOに最適な文字数はコンテンツ次第!
SEOに最適な文字数はコンテンツ次第!

上位表示されるコンテンツは「有益な情報を提供できる良質なコンテンツ」と評価されていることを考えると、最適な文字数はコンテンツ次第といえます。

例えば「○○駅 行き方」というキーワードであれば、駅までの行き方を知りたいだけなので簡潔にまとめるべきでしょう。
「○○駅 カフェ」なら駅周辺のカフェ情報をたくさん紹介した方が、ユーザーにとって役立ちます。

コンテンツによって最適な文字数は異なるため、競合サイトなどでボリュームを調べるのがおすすめです。

まとめ

本記事では「文字数とSEOに関係はなく、コンテンツ次第でボリュームが決まる」とお伝えしました。

上位表示を狙うのであれば、文字数よりも以下の7点が重要です。

  • 網羅性の高いコンテンツにする
  • ユーザーの検索意図に合致させる
  • 情報の信頼度を高くする
  • 専門性のあるコンテンツを作る
  • 狙うキーワードの共起語を含める
  • レイアウトに気を配る
  • ユーザーが読みやすい記事に仕上げる

「ユーザーにとって必要な情報を網羅できているか?」といった視点を持って、コンテンツ制作に取り掛かりましょう!

\SEOに強いマーケティングカンパニー/
\SEOに強いマーケティングカンパニー/
\SEOに強いマーケティングカンパニー/
\SEOに強いマーケティングカンパニー/