PV・CVを200%改善した事例紹介

CVRとは?初心者向けに分かりやすく解説!

Webサイトを運営していく上で、CVRという指標は非常に重要です。

  • 自分のサイトにほとんどお問い合わせがこない
  • ECサイトを作ったけど、全然商品を買ってもらえない

このような悩みを解決するためには、「CVRとはなにか」を理解しなければなりません。

そこでこの記事では、「マーケティングにおけるCVRの重要性」「CVRをあげるにはどうしたら良いか」をわかりやすく解説していきます!

そもそもCVRとは?

そもそもCVRとは?

まず、「CVRとはなにか」を知る前にCVという用語について知っておきましょう。

CV(コンバージョン)とは、「Webサイト運営者が設定したある一定の成果を、そのサイトを訪問したユーザーが達成すること」です。

そして、「訪問したユーザーのうち、お問い合わせなどの具体的なアクションを取ったユーザーの割合」をCVRと呼びます。

CVRはWebサイトを改善するデータの指標として非常に重要です。

そこで始めに、CVRの計算方法やCVの設定について、具体例を挙げながら解説していきます!

CVRの計算方法

CVRは以下の計算式で求められます。

  • CV(コンバーション)数/訪問者数(セッション数)×100=CVR(コンバージョン率)

例えば、Webサイトのアクセス数が10,000セッション、お問い合わせ数が30だった場合のCVRを計算してみましょう。

  • 30(CV数)/10,000(セッション数)×100=0.3%(CVR)

CVRの平均値は1~3%とされているので、0.3%だとやや低めの数値です。

サービス名や会社名からサイトが検索される場合、興味を持って調べるユーザーからのアクションを起こしやすくするため、CVRが高くなる傾向にあります。

CVの設定はWebサイトによって異なる

実はWebサイトで達成したい目的によって、「なにをCVの指標にするのか」が異なります。

CVRの説明の中で、「お問い合わせなどの具体的なアクション」と記載しましたが、ユーザーが取るアクションはお問い合わせだけではありません。

例えば、Webサイトを訪問したユーザーは次のような行動を取ります。

  • 商品が購入された
  • 資料の請求を受けた
  • 申し込みフォームからお問い合わせがあった

このように、Webサイトで達成したい目的によって、CVの指標は変わってきます。

マーケティングにおけるCVRの重要性

マーケティングにおけるCVRの重要性

前述した通り、CVRとはユーザーが具体的なアクションを起こした割合をデータ化した数値のこと。

マーケティングをする上でも、このCVRの指標は重要となります。

例えば、あなたの運営するWebサイトが月間100万PVあるにも関わらず、CVが月に10件しかない場合を考えてみましょう。

このサイトのCVRは0.001%と非常に低く、「ただ多くのユーザーが訪れるだけのサイト」となっています。

多くの人に訪問されるサイトを作っても、商品が売れなかったりお問い合わせがなかったりすると、売り上げを伸ばせません。

Webサイトで売り上げを上げるためには、マーケティングにおけるCVRの重要性を理解し、CVRの数値を改善していく必要があります。

CVRが低くなる原因として考えられること

CVRが低くなる原因として考えられること

そもそも、サイトのCVRが低くなるのはどのような原因があるのでしょうか?

具体的な原因は以下の4つです。

  • ユーザー目線に立っていない
  • 問い合わせまでのハードルが高い
  • 広告の配置が適切でない
  • 信頼性に欠ける

あなたの運営するWebサイトがこの4つのどれかに当てはまってないか、確認してみてください。

ユーザー目線に立っていない

まず、CVRが低くなる原因のひとつとして、「Webサイトがユーザー目線を考慮して作られてない」ことが挙げられます。

例えば、競合が多いジャンルの商品を紹介する場合、独自の魅力をユーザーに伝えるのはなかなか難しいです。

だからと言って、注目を浴びることに特化したサイトを作っても、ユーザーが「自分が思っていた商品と違う」と感じたら、そのサイトから離脱してしまいます。

本当にユーザーが知りたい情報を詰め込んだWebサイトを作りたいなら、ユーザーの目線に立つしかありません。

運営側の伝えたい内容やSEO対策ばかりを意識して、表現を誇張したコンテンツにならないようにしましょう。

問い合せまでのハードルが高い

次に、問い合わせまでのハードルが高いとCVRは低くなる傾向にあります。

Webサイトに次のような問題があると、お問い合わせまでのハードルは高くなりがちです。

  • サイトで販売されている商品が高額
  • 実際のサービス内容がわかりづらい

サイトを訪問するユーザーは「とりあえず情報を見てみたい」くらいの人が多いので、いきなりCVに結びつけるような手段を取っても意味がありません。

少しでも興味を持っているユーザーに対して、もう少しハードルの低いコンテンツやホワイトペーパー(役立つ情報をまとめたページ)などを用意する必要があります

広告の配置が適切でない

広告の位置が適切でないWebサイトではCVRの数値が高くなりません。

ユーザーからするとサイト内の文章が読みづらくなり、ストレスを感じてしまいます。

最後まで読んでもらいアクションを起こさせるためにも広告の配置を見直しましょう。

信頼性に欠ける

そして、ユーザーの信頼性を欠いたWebサイトはCVを獲得しにくくなります。

もし、あなたのWebサイトに次のような問題があると、ユーザーはどんどん離れていくでしょう。

  • 商品は良さそうだけど、企業情報がまったく分からない
  • 文字情報ばかりで読みにくい
  • 関連する商品がどこにあるのか分かりづらい

ユーザーにWebサイトの魅力を伝える手段は文字だけではないので、画像データを取り入れるなどの工夫をしてください。

CVRを改善するにはどうしたら良い?

CVRを改善するにはどうしたら良い?

最後にCVRを改善する方法を紹介していきます。

  • ファーストビューの改善
  • サイト内の導線を考え直す
  • ターゲットを明確にする
  • ユーザーへの負担を減らす

「どうしたらCVを取れるのか」とお悩みの方は、この4つの方法を試してみてください。

ファーストビューの改善

CVRを改善したいなら、サイトのファーストビューを見直してみましょう。

ファーストビューは「サイトの第一印象を決める部分」と言っても過言ではありません。

もし、ユーザーが最初に見たページに少しでも違和感を感じたらページを閉じてしまいます。

ファーストビューから次のコンテンツや申し込みボタン(購入ボタン)へ向かうよう、意識しながらサイトを改善してみてください。

サイト内の導線を考え直す

サイト内の導線を考え直し、ユーザーがアクションを起こしやすくするのもCVRを改善する一つの手段です。

WebサイトのCVポイントが目立たず、しっかり見なければわからないレベルだとCVRの向上は期待できません。

「複数のCVポイントを設置する」「サイトのデザインを目立つように変える」といった手段を取って、スムーズな導線を作りましょう。

ターゲットを明確にする

また、ターゲットを明確にすることでユーザーのページからの離脱を防げます。

アクセス数はあるのにCVが伸びない場合、サイトのコンテンツとユーザーのニーズが一致していない可能性が高いです。

ターゲットを明確に設定することでユーザーのニーズに合わせたWebページを作れます。

その結果、サイトのサービスを利用したいユーザーからの訪問が増えるのでCVRの増加につながりますよ。

ユーザーへの負担を減らす

最後に大事なのは、ユーザーの負担を減らしてストレスを与えないようすること。

サイト内に読みにくい文章や目立たないCVポイントがあると、自然とユーザーに負担がかかります。

ユーザーの熱が冷めないうちにCVさせるには、関係ないことを考えさせる時間を減らすようにしましょう。

最近ではスマートフォンからのアクセスも多いため、モバイルファーストを徹底したサイト作りが重要になっています。

まとめ

WebサイトのCVRを向上させるのに一番重要なのは、「ユーザーの気持ちになって考えること」です。

サイトの運営側がどれだけ便利でおしゃれなWebサイトを作り上げても、ユーザーにとってメリットがなければサイトのCVは取れません。

だからこそ、「いかにしてユーザー目線に立ってサイト設計できるか」がCVを取れるサイトを作るためのポイントになります。

今回紹介したCVRの改善方法を参考にして、「Webサイトが本当にユーザーにとって有益なモノかどうか」について考え直してみましょう!

\SEOに強いマーケティングカンパニー/
\SEOに強いマーケティングカンパニー/
\SEOに強いマーケティングカンパニー/
\SEOに強いマーケティングカンパニー/