SEO無料相談受付中!

リフォーム会社向けSEO対策7選!進める手順もわかりやすく解説

Webサイトのアクセス増加を目指すならSEO対策は必須です。

SEO対策を実施すれば検索エンジンで上位に表示されやすくなり、多くの人の目にとまるようになります。

リフォーム会社においても、Webサイト経由で集客の増加が見込めるためSEO対策を行うことは重要です。

本記事では、リフォーム会社がSEO対策に取り組むべき理由や、具体的な施策、SEO対策を進めるステップなどについて紹介します。アクセス増加でお客様を増やしたいという方は、ぜひ参考にしてください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

リフォーム会社がSEO対策に取り組むべき3つの理由

リフォーム会社がSEO対策に取り組むべき理由は、以下の3つです。

  1. 検索経由でアクセス数・集客数アップが見込める
  2. 営業コストの削減につながる
  3. 元請けの仕事につながりやすくなる

それぞれ1つずつ解説していきます。

検索経由でアクセス数・集客数アップが見込める

適切なSEO対策を実施すれば、GoogleやYahooといった検索エンジンでの検索順位を上げて、自サイトを上位に表示させられます。

上位に表示されているサイトほどクリック率は高くなり、アクセスしてもらいやすくなります。

上位表示されると自サイトへのアクセス・集客の増加が見込めて、申し込みも増えやすくなります。

反対に、検索順位が低く2ページ目以降に表示されている場合は、人の目に触れる機会が少なくなってしまうのでアクセス増加はあまり期待できません。

上位表示を目指し、さらにそこからクリック率を高める施策を行うと、アクセス・集客増加が見込めます。

営業コストの削減につながる

SEO対策を行い、Webからの集客アップに成功すれば、営業コストの削減にもつながります。

Web上のページは常に自社を宣伝してくれていると言って過言ではなく、自動的に検索エンジンからの流入を増やすことが可能で、低コストで集客増加を狙えます。

対面営業では見込み客を見つけるところからスタートし、さらにアプローチをかけるなど時間やコストを要します。

自社のPRを増やしたい」「受注をもっと増やしたい」などの方針を対面営業で進める場合は多くの営業担当者が必要になりますが、Webからの集客増を目指すなら担当を増やす必要もなく、効率的な宣伝が可能です。

元請けの仕事につながりやすくなる

インターネットを活用した集客を行えば、一般のお客様から工事の依頼を直接受けられる機会が増え、元請けの仕事につながりやすくなります。

リフォームを検討する人は、インターネットで疑問を検索して解決しようとする人も少なくありません。

リフォームにかかる費用や、塗料・床材の種類、済んでいる地域のおすすめリフォーム会社などの情報を求めている人は多いです。

自社のサイトにそういった悩みを解決するコラムなどの有益な情報を掲載することで、検索エンジンからサイトに来たお客様からの問い合わせや成約につながります。

リフォーム会社のSEO対策を進める手順5ステップ

SEO対策をすると決まれば、実際に取り組んでいきましょう。

SEO対策を進める手順5ステップは、以下の通りです。

  1. ホームページ・Webメディアを作成する
  2. キーワードをリストアップする
  3. キーワードの検索ボリュームを調査する
  4. キーワードの優先順位を決める
  5. キーワードに沿ったコンテンツを制作する

1.ホームページ・Webメディアを作成する

まずは自社のホームページ・Webメディアを作成しましょう。

ホームページは、WordPressやソフトなどを使用して作成します。

現代ではオンライン集客は多くの企業が行っていることであり、ホームページは会社の顔となりうる存在です。
ホームページで自社の魅力を伝えることができれば、競合他社との差別化につながり、集客が可能ですが、反対に質の低いホームページであれば、「この会社はやめておこう」と思われてしまいます。

ホームページを開設して終わりではなく、その後もコンテンツを増やしたり質を高める努力をしましょう。

ホームページのデザインに関しては、専門的な知識がなければ難しい部分もあります。より高品質で見やすいホームページを作成したいという場合は、プロの制作会社へ依頼するのも選択肢の一つです。

2.キーワードをリストアップする

リフォーム関連のキーワードをリストアップし、ホームページ内でどのようなコンテンツを作成していくのかを検討します。

どのようなキーワードで検索上位表示を狙うのか」という観点で選定し、問い合わせに案内しやすいものであれば成約にもつながりやすいでしょう。

競合他社のサイトでどういったキーワードで集客しているのかを調査するのも有効です。

内装 リフォーム」などがイメージしやすいと思いますが、これ以外にもコラム記事のタイトルになるキーワードなど、なるべく多くリストアップしてみましょう。

サジェストや再検索キーワード、関連キーワードなどを調べるのも有効です。

3.キーワードの検索ボリュームを調査する

検索ボリュームとは、Googleなどの検索エンジンで検索された回数のことを指します。

検索ボリュームが大きいキーワードほど、ポテンシャルを秘めており、上位表示された時のアクセス増加の幅が大きくなります

リストアップしたキーワードの検索ボリュームを調査し、どのキーワードなら上位表示を目指せるかを検討します。

検索ボリュームを調査するツールとしては「Googleキーワードプランナー」「Ahrefs(エイチレフス)」があります。

4.キーワードの優先順位を決める

次に、キーワードの優先順位を決めます。

検索ボリュームを把握したとして、サイトの開設直後から検索ボリュームの大きなキーワードをテーマにしても上位を取るのは容易ではありません。

  1. 競合性が低く成約が見込めるキーワード
  2. 競合性が低くできれば獲得したいキーワード
  3. 認知を目的としたキーワード
  4. 競合性が高い最終的に狙いたいキーワード

上記のようにサイトの成長度合いに応じて狙うキーワードの優先順位を決めましょう。

5.キーワードに沿ったコンテンツを制作する

優先順位を決めたら、初めに取り組むと決めたキーワードに沿ったコンテンツの制作にかかります。

キーワードで検索するユーザー像を想像し、どんなコンテンツを求めているかどういった意図で検索をしてどんな答えを求めているかまでを想定して制作しましょう。

有益な情報が載っているサイトはアクセスも自然と増えやすいので、専門的な内容を掲載することを心掛けましょう。

ただし、コンテンツを制作してアクセスしてもらえれば終了ではなく、その先のリフォームの申し込みまでつなげられればベストです。

リフォーム会社のSEO対策で狙うべき3つのキーワード

リフォーム会社のSEO対策において、集客につながる狙うべきキーワードを紹介します。

  1. 地域・エリア名×リフォーム
  2. 集客が見込めるキーワード
  3. お悩み系キーワード

地域・エリア名×リフォーム

お客様は自分の住んでいる地域に対応したリフォーム会社を探すため、「地域・エリア名×リフォーム」の形で検索するケースが多いです。

  • 渋谷 リフォーム 会社
  • 東京 リフォーム おすすめ

このように、エリア名×リフォームにもう一つ単語を付け加えるとより上位表示を狙いやすくなります。

集客が見込めるキーワード

リフォーム会社のSEO対策において集客が見込めるキーワードは「金額に関する事」「リフォームする場所」「細かな要望・条件」などが挙げられます。

  • 東京 リフォーム 補助金
  • 渋谷 リフォーム キッチン
  • 横浜 リフォーム バリアフリー

このようなキーワードでアクセスを獲得できるようになれば、集客につながる見込みが高いです。
こういったキーワードはGoogleサジェストにも現れやすい単語で、検索されやすい傾向にあります。

サジェストを調べるには、「ラッコキーワード」などのツールを使用すれば簡単に調べられます。

お悩み系キーワード

お悩み系キーワードを使ってコラム記事を執筆・投稿すれば、サイトの専門性が向上し、Googleからのサイト自体の評価が高くなります。

リフォーム関連の悩みを抱えているユーザーは多く、費用のことであったり、工事期間など、様々なキーワードから集客が狙えます。

  • リフォーム 費用 相場
  • リフォーム 期間 どれくらい
  • リフォーム 補助金 平均

上記のようなキーワードでアクセスがあれば、自社の概要・案内ページへ誘導することもできます。ユーザーの疑問を解決できる内容であれば「この会社になら任せられるかも」といった安心感も与えられるでしょう。

リフォーム会社向けの有効なSEO対策7選

リフォーム会社向けの有効なSEO対策は、以下の7つです。

  1. 良質なコラム・コンテンツを充実させる
  2. ユーザーが求めるページ構成を作る
  3. タイトル・見出しに検索キーワードを含める
  4. サイトのE-E-A-T高める
  5. 更新頻度を意識する
  6. サイトマップを作成する
  7. ローカルSEOを取り入れる

良質なコラム・コンテンツを充実させる

ブログ記事を投稿するなど、良質なコラムやコンテンツを充実させると、リフォームにより深い関心を抱いてもらえるようになります。

ユーザーの悩みや疑問、つまり検索意図を意識して執筆することが重要となります。

こういった悩みを解決できる「アンサー」「具体的な解決方法」を示したコラムを作成すると、ユーザーは「この会社に任せられるかも」とリフォームを自社に依頼しようかと検討してくれます。

また、「よくある質問」や「お悩み解決」系のユーザーの不安を解消するようなコンテンツなら、ユーザーからの信頼性も向上してサイトの専門性も高まるので、その分検索エンジンから評価されやすくなります。

ユーザーが求めるページ構成を作る

ユーザーが求めるページ構成の作成も大切です。

リフォーム会社のサイトでは、以降で紹介する要素を取り入れましょう。

料金案内ページは各種料金を記載し明確にする

料金案内ページは、しっかりと料金プランの詳細を明示し、安心感を与えられるようにしましょう。

リフォームの費用はキッチンや浴室、リビング、寝室など、家の中でも細かく料金が異なるほか、外壁塗装や増改築、全面リフォームなど多岐にわたります。

それらのプランやオプションのすべての料金を記載し、合計金額の例などを掲載するとよりわかりやすいです。

対応エリアを明記する

お客様は自分の住んでいる地域に対応しているリフォーム会社を探しています。

どのエリアに対応しているかをわかりやすい場所に明記しておくことで、お客様も依頼しやすくなります。

例えば、サイトのタイトルに地名を入れたり、サイトのキャッチフレーズに地名を入れたりするとわかりやすいです。

(例)埼玉でリフォームするなら〇〇株式会社(タイトル)
〇〇株式会社|埼玉の住宅リフォームなら〇〇におまかせ(キャッチフレーズ)

過去の施工事例実績を紹介する

リフォーム会社のホームページには、施工事例の実績を掲載することがとても重要です。
大抵の一般消費者の方はリフォーム会社について詳しくないと考えられます。
過去の施工事例を紹介することで、自社がどういった実績を持っているのかを示すことができ、信頼を得られる可能性が高まります。
ただし、単純に実績が何件、いつ工事をしました、などの紹介だけをするのではなく、施工前・施工後の画像を掲載して、価格や工期、こだわりポイントなどもあわせて紹介するといいでしょう。

口コミをまとめる

口コミを掲載すれば、信頼性の向上につながります。
過去の施工事例の件数や、実際に利用した方の感想は大きな説得力になります。
施工事例の紹介とともに、口コミを載せることでそのお客様がどういった感想を抱いたのかをイメージしやすく、見ている側としても安心感を得られます。

過去の利用者による口コミは、高い独自性を持つコンテンツであり、Googleに評価されやすく、SEO対策において効果的です。

参照:日本語検索の品質向上にむけて | Google 検索セントラル ブログ

問い合わせフォームや連絡先を明記する

リフォーム会社への問い合わせ方法・連絡先を明記しておくと、「ここに相談してみよう」と思ってくれた場合に次のステップにスムーズに進みやすく、契約につながりやすいです。

SEO対策を行って訪問者が増えても、問い合わせ先がわからないとせっかく得たユーザーを手放すことになってしまいます。

見込み客が行動に移しやすい環境を作ることを意識しましょう。

具体的には、お問い合わせボタンをわかりやすい位置に設置する電話番号を大きく表示する、などが挙げられます。

文字のリンクではなくボタンで表示することで目立つため目につきやすい効果があります。

タイトル・見出しに検索キーワードを含める

サイトの各ページで、タイトルや見出し内にキーワードを盛り込んで最適化すると検索順位が上がりやすいです。

最適化とは、具体的には選定したキーワードはタイトルの左側に入れたり、タイトルの文字数は38文字程度に留めるというものがあります。

例えばタイトルは長すぎると後半が「…」と省略されてしまうので、ユーザーはタイトルを把握できず、クリック率も下がってしまいます。

タイトルを最適化できれば、検索順位やクリック率の上昇につながります。

サイトのE-E-A-T高める

E-E-A-Tとは、Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の略で、ウェブサイトの評価基準のことです。

Experience(経験) 情報発信者の実体験を元にした内容か
Expertise(専門性) 専門的な内容であるか、知識やスキルがあるか
Authoritativeness(権威性) 信頼できる情報源か、価値のあるコンテンツか
Trustworthiness(信頼性) 内容や運営者は信頼できるか、安全か

「イーイーエーティー」や「ダブルイーエーティー」と読み、サイトのE-E-A-Tを高めるとSEO対策として大きな効果を発揮します。

先に紹介した施工事例はもちろん、お客様のレビューもE-E-A-Tに当てはまります。

住宅設備のメリット・デメリットの解説の記事などは専門性が高いですし、住宅の統計情報を扱う際は国土交通省などからデータを引用するなどすれば信頼性が向上します。

更新頻度を意識する

更新頻度は直接SEOに関連するわけではありません。

しかし、最終更新が数ヶ月・数年前というページは情報が更新されていないことになり、古い情報を扱っているサイトとしてユーザーからの信頼度低下につながる恐れがあります。

古いページを更新すればコンテンツの質が上昇する効果を得られるため、結果的にGoogleから評価されやすくなります。

重要なのはユーザーにとって有益な情報を発信しているかという点で、検索順位が低下してきたらページを更新するなど、一定のペースで更新することが必要です。

サイトマップを作成する

サイトマップは、サイト全体の構造をわかりやすく示すために必要です。

HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2種類があり、「HTMLサイトマップ」は実際にページの一覧として目で見える形で示すものです。

1つのページとして作成したり、フッターに記述するサイトも多いです。

XMLサイトマップ」はユーザーが目にするものではなく、クローラーにサイト内のページの存在を教えるためのものです。

クローラーによる巡回を効率的なものにする効果があり、SEO対策として有効です。

ローカルSEOを取り入れる

リフォーム会社の集客にはローカルSEOの取り入れも重要で、地域にフォーカスしたSEO対策です。

地域情報の影響を受けやすいキーワードの場合、検索したユーザーの現在地によって検索結果は変動するため、ローカルSEO対策を取り入れておくと集客につながりやすいです。

具体的には、Googleビジネスプロフィールの情報を充実させるクチコミ対策などがあり、それぞれローカルSEOの評価基準である「関連度」や「視認性」に関わってきます。

ユーザーにクチコミを書いてもらえるような仕組みづくりは重要な施策です。

リフォーム会社のSEO対策ならand media株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

リフォーム会社のSEO対策でお悩みの方は、andmedia株式会社にお任せください。

SEOに精通したプロフェッショナルチームが高品質なコンテンツを作成し、最新情報も取り入れながら集客数・売上増加を支援します。

and media株式会社は、BtoB事業に強い支援会社として多数の企業から高い評価をいただいております。法人向けのSEO対策やクライアントの強みを活かした記事制作を得意としており、企業の売上アップにつながる施策を提供します。

リフォーム会社の問い合わせ数増加に効果的なSEO対策も可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:リフォーム会社のSEO対策を実施してコスト削減につなげよう

リフォーム会社の集客増加を目指すならSEO対策は重要です。

単純に集客効果を得られるだけでなく、Webでの集客が成功すれば営業にかけるコストの削減にもつながりますし、検索上位に表示されれば自動的に24時間効果を発揮する広告と同等という見方もできます。

SEO対策が実を結べば大きな効果が見込めますので、ユーザーを獲得できるような適切なSEO対策を実施しましょう。