SEO無料相談受付中!

ハウスクリーニング業者向けSEO対策9選!キーワード選定のコツも解説

Webサイトのアクセス増加を目指すなら、SEO対策は必須です。

SEO対策を実施すれば検索エンジンで上位に表示されやすくなり、多くの人の目にとまるようになります。

ハウスクリーニング業者においても、Webサイト経由で集客の増加が見込めるためSEO対策を行うことは重要です。

本記事では、ハウスクリーニング業者がSEO対策に取り組むべき理由や、具体的な施策、狙うべきキーワードなどについて紹介します。アクセス増加でお客様を増やしたいという方は、ぜひ参考にして下さい。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

この記事の内容

ハウスクリーニング業者こそSEO対策に取り組むべき理由

ハウスクリーニング業者がSEO対策に取り組むべき理由は、以下の2つです。

  • 検索経由でアクセス・集客の増加が見込める
  • 中長期的な資産となり費用対効果が大きい

それぞれ解説していきます。

検索経由でアクセス・集客の増加が見込める

適切なSEO対策を実施すれば、GoogleやYahooといった検索エンジンでの検索順位を上げて、自サイトを上位に表示させられます。
上位に表示されているサイトほどクリック率は高くなり、アクセスしてもらいやすくなります。

上位表示されると自サイトへのアクセス・集客の増加が見込めて、申込みも増えやすくなります。

反対に、検索順位が低く2ページ目以降に表示されている場合は、人の目に触れる機会が少なくなってしまうのでアクセス増加はあまり見込めません。

上位表示を目指し、そこからタイトルを工夫するなどのクリック率を高める施策を行うと、アクセス・集客増加が見込めます。

中長期的な資産となり費用対効果が大きい

一度作成した記事は削除しない限りサイトに残り続けるため、中長期的な資産となります。
SEO対策を行って、Webからの集客に成果が現れ始めたら、広告を打つよりも安く済み、費用対効果が大きいです。
検索からのアクセスは無料であり、検索順位が上がれば自動的に安定した集客が期待できます。

ハウスクリーニングのSEOキーワード選定

ハウスクリーニング業者のSEO対策において、集客につながる狙うべきキーワードを紹介します。

  • ハウスクリーニング(サービス内容)+エリア名
  • ハウスクリーニング(サービス内容)+エリア名+条件
  • 掃除関連のお悩み系キーワード

ハウスクリーニング(サービス内容)+エリア名

お客様は自分の住んでいる地域に対応したリフォーム会社を探すため、「ハウスクリーニング(サービス内容)+エリア名」の形で検索するケースが多いです。

また、ハウスクリーニング業者は地域に特化してサービス展開する事が多く、地名をキーワードに入れることで検索結果の上位を狙いやすくなります

  • ハウスクリーニング 東京
  • エアコンクリーニング 渋谷

このように、地名を入れないと全国区がターゲットになってしまい、競合も増えて上位表示は難しくなってしまいます。

ハウスクリーニング(サービス内容)+エリア名+条件

もう一つ付け加えて「ハウスクリーニング(サービス内容)+エリア名」にプラスして条件を入れて検索する人も多いです。

  • ハウスクリーニング 京都 賃貸
  • エアコンクリーニング 京都 格安

このように3単語前後のキーワードの組み合わせを「ロングテールキーワード」といい、キーワードを細かく設定すると競合も減って上位表示を目指しやすいです。

その分月間検索ボリュームが少なくなるということもあり、上位に表示されても爆発的なアクセスが見込めるわけではありません。

しかし、ホームページへのアクセスは大半がロングテールキーワードからといわれており、成約につながりやすいのは間違いないでしょう。限定的な顧客を確保するのにおすすめです。

掃除関連のお悩み系キーワード

掃除関連のお悩み系キーワードは、日頃から多くの方が検索するワードです。

家中の掃除や庭掃除など、ユーザーが抱えている悩みを想定したキーワードを狙ってコラムを作成すると良いでしょう。

  • キッチン 油汚れ 落とし方
  • エアコンクリーニング 自分で

上記のようなキーワードは季節によってボリュームが増減することはあまりなく、1年中検索されやすいワードなので、アクセスを集めやすいです。

ハウスクリーニング業者向けの有効なSEO対策9選

ハウスクリーニング業者向けの有効なSEO対策は以下の9つです。

  • 良質なコラム・コンテンツを充実させる
  • ユーザーが求めるページ構成を作る
  • タイトルや記事の見出しに店舗の地名を入れる
  • サイトのE-E-A-T高める
  • 内部リンクを設置する
  • 関連性の高い被リンクを獲得する
  • 更新頻度を意識する
  • サイトマップを作成する
  • ローカルSEOを取り入れる

良質なコラム・コンテンツを充実させる

ブログ記事を投稿するなど、良質なコラムやコンテンツを充実させると、検索流入から自社へのサービス申し込み・成約へとつなげやすいです。

ユーザーの悩みや疑問、つまり検索意図を意識して執筆することが重要となります。

ハウスクリーニングに関する悩みを抱えている人は多く、「料金が高いのではないか」「自分でできそうなら自分でしたいけど、難しそうなら業者に任せたい」などが想定できます。
こういった悩みに対して「ハウスクリーニングの料金相場」「業者に任せるべき箇所」などの「アンサー」「具体的な解決方法」を示したコラムを作成すると、それを読んだユーザーは自身の考えを整理し、業者への依頼することをより深く検討します。

また、専門業者による「よくある質問」への回答はユーザーの不安を手軽に解消できるコンテンツで、よりユーザーからの信頼性も向上し、サイトの専門性も高まるので、その分検索エンジンから評価されやすくなります。

ユーザーが求めるページ構成を作る

ユーザーが求めるページ構成を作成することは、ユーザーが納得して申込みに進むことができるようになるためとても重要です。

初めてのお客様へのページ

初めてのお客様へ向けたページとして、自社がどういった会社なのか、どういったサービス展開をおこなっているかをまとめたページが必要です。

ハウスクリーニング業では、浴室クリーニングやエアコンクリーニングなど、業務内容の幅が広いため、それぞれの内容をわかりやすく紹介すると、お客様も会社のことを理解しやすいでしょう。

料金案内ページは各種料金を記載し明確にする

しっかりと料金プランの詳細を明示し、安心感を与えられるようにしましょう。

ハウスクリーニングの費用はキッチンや浴室、リビング、寝室など、家の中でも細かく料金が異なるほか、外壁塗装や増改築、全面リフォームなど多岐にわたります。

それらのプランやオプションのすべての料金を記載し、合計金額の例などを掲載するとよりわかりやすいです。

また、ハウスクリーニングを検討しているユーザーは、他の業者と比較しながら考える人も多いです。そこで、競合他社のページを参考にしつつ、なるべくわかりやすく簡潔に記載されていたほうが良いでしょう。

清掃場所ごとにページを分ける

ハウスクリーニング業は、キッチン、浴室、ベランダ、寝室など、清掃場所ごとに清掃方法も異なります。

清掃場所ごとにページ分けをして、作業箇所や作業方法を細かく明記しておくとお客様にも伝わりやすく、安心感を与えられます。

対応エリアを明記する

お客様は自分の住んでいる地域に対応しているハウスクリーニング業者を探しています。

どのエリアに対応しているかをわかりやすい場所に明記しておくことで、お客様も依頼しやすくなります。

例えば、サイトのタイトルに地名を入れたり、サイトのキャッチフレーズに地名を入れたりするとわかりやすいです。

(例)大阪のハウスクリーニングなら〇〇株式会社(タイトル)
〇〇株式会社|大阪のハウスクリーニングは〇〇におまかせ(キャッチフレーズ)

活用事例

過去のハウスクリーニングの実績として、具体的な活用事例を掲載すると、どのような依頼を受けてきたかを示せるため、ユーザーもイメージが膨らみやすくなります。

クリーニングした場所・利用されたプラン・料金詳細・利用者の家族構成などを掲載し、どのくらい時間がかかったのかも紹介するとよいでしょう。

「自分の家もハウスクリーニングを依頼できそうか知りたいけど、問い合わせて確認まではしたくない」と、利用するかの検討段階での問い合わせは面倒に感じられるかもしれません。

そういった方にも利用を促すのに効果的なので、活用事例の掲載はおすすめです。

口コミ

口コミを掲載すれば、信頼性の向上につながります。

オンライン化が進む現代において、口コミは非常に重要な役割を持ち、実際に利用した方の感想は大きな説得力になります。

お客様としても一切口コミがない業者というのは信頼感に欠けるという印象を持たれる方がいるので、「ジモティー」「ミツモア」などに書かれた口コミを引用して掲載すれば信頼度が高くなる可能性があります。

過去の利用者による口コミは、高い独自性を持つコンテンツであり、Googleに評価されやすく、SEO対策において効果的です。

参照:日本語検索の品質向上にむけて | Google 検索セントラル ブログ

FAQ

申し込む手順や、工事を依頼した後の流れなどが気になる方は多いです。

また、ハウスクリーニングに関する専門用語などを解説するFAQのページがあれば、ユーザーにとって役立ち、サイトの専門性も高まりますので、SEO対策として有効です。

タイトルや記事の見出しに店舗の地名を入れる

サイトの各ページで、タイトルや見出し内に店舗の地名を入れると検索順位が上がりやすいです。

最適化とは、具体的には選定したキーワードはタイトルの左側に入れたり、タイトルの文字数は38文字程度に留めるというものがあります。

例えば、タイトルは長すぎると後半が「…」と省略されてしまうので、ユーザーはタイトルを把握できず、クリック率も下がってしまいます。

タイトルを最適化できれば、検索順位やクリック率の上昇につながります。

サイトのE-E-A-T高める

E-E-A-Tとは、Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の略で、Webサイトの評価基準のことです。

Experience(経験) 情報発信者の実体験を元にした内容か
Expertise(専門性) 専門的な内容であるか、知識やスキルがあるか
Authoritativeness(権威性) 信頼できる情報源か、価値のあるコンテンツか
Trustworthiness(信頼性) 内容や運営者は信頼できるか、安全か

「イーイーエーティー」もしくは「ダブルイーエーティー」と読み、サイトのE-E-A-Tを高めるとSEO対策として大きな効果を発揮します。

例えば、ハウスクリーニング未経験者による発信と、資格保有者の発信なら権威性は後者が高いことは言うまでもありません。信頼性も高まるでしょう。

他のサイトにはない専門的な情報が多数掲載されていれば、Expertiseを担保できます。

このように、ユーザーのためになる情報発信には、発信者や内容などが信頼できるものを提供するようにしましょう。

内部リンクを設置する

自社コンテンツ同士を結びつけるものとして、内部リンクの設置が有効です。

リンク先との関連性を考慮して結びつけることで、リンク先・リンク元の両ページの品質が上昇します。

こういったサイトの構築を行えばGoogleから評価されやすくなり、SEOの効果が現れやすくなります。

また、関連記事として関連性のある内容の詳細ページを用意しておくことで、サイトの離脱率を下げる効果があります。結果として、ハウスクリーニングの申込みや成約へとつながる可能性が高くなります。

関連性の高い被リンクを獲得する

被リンクとは、外部のサイトで設置された自社のサイトへのリンクのことで、「外部リンク」とも呼びます。

被リンクは、最も重要な順位決定要因といっても過言ではなく、関連性の高い被リンクを獲得できれば、サイト自体の評価が高まり、上位表示されやすくなります。

関連性の高い被リンクとは、具体的には「取引先企業」や「所属団体」「同業他社」などが挙げられます。

こうした被リンクの獲得は専門的な知識を有する場合があり、具体的な施策の方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、BacklinkPressではこうしたお悩みを解決するべく、被リンク獲得のプロがサポートします。

プレスリリースでのアンケート調査結果の配信を活用した被リンク施策は、とても効果的です。アンケート案の提案から配信、レポート集計まで一貫してサポートいたします。

サイトのドメインパワー向上を目指すなら、ぜひご相談ください。

BacklinkPressの詳細ページへ

更新頻度を意識する

更新頻度は、直接SEOに関連するわけではないです。しかし、最終更新が数ヶ月・数年前というページは情報が更新されていないことになり、古い情報を扱っているサイトとしてユーザーからの信頼度低下につながりかねません。

古いページを更新すればコンテンツの質が上昇する効果を得られるため、結果的にGoogleから評価されやすくなります。

重要なのはユーザーにとって有益な情報を発信しているかという点で、検索順位が低下してきたらページをリライトするなど、一定ペースでの更新が大切です。
サイトマップを作成する
サイトマップは、サイト全体の構造をわかりやすく示すために必要です。

「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2種類があり、「HTMLサイトマップ」は実際にページの一覧として目で見える形で示すものです。1つのページとして作成したり、フッターに記述するサイトも多いです。

「XMLサイトマップ」はユーザーが目にするものではなく、クローラーにサイト内のページの存在を教えるためのものです。クローラーによる巡回を効率的なものにする効果があり、SEO対策として有効です。

ローカルSEOを取り入れる

リフォーム会社の集客には、ローカルSEOの取り入れも重要で、地域にフォーカスしたSEO対策です。

地域情報の影響を受けやすいキーワードの場合、検索したユーザーの現在地によって検索結果は変動するため、ローカルSEO対策を取り入れておくと集客につながりやすいです。

具体的には、Googleビジネスプロフィールの情報を充実させるクチコミ対策などがあり、それぞれローカルSEOの評価基準である「関連度」や「視認性」に関わってきます。ユーザーにクチコミを書いてもらえるような仕組みづくりは重要な施策です。

ハウスクリーニング業者のSEO対策を成功させる5つのポイント

ハウスクリーニング業でSEO対策を成功させるためのポイントは以下の5点です。

  • 自社の強みを明確にする
  • ターゲットを明確にする
  • PDCAサイクルを早く回す
  • サイトの表示スピードを速くする
  • 成果が出るまでに時間がかかることを理解する

自社の強みを明確にする

競合他社と自社の違いを分析し、他社にはない魅力・自社の強みや優位性を明確にしてアピールすることが重要です。

自社のアピールポイントを明確に記載できていれば、ページを見たユーザーに興味をいだいてもらいやすくなり、依頼してもらえる可能性が高くなります。

自社の強みを明確に把握できない場合は、利用者(顧客)に話を聞くことで客観的な視点からの自社の魅力を知ることができます。

ターゲットを明確にする

自社の行っている事業に応じてターゲットを明確にすることで、より自社の強みを活かすことができます。

ハウスクリーニングを検討している顧客層は、主婦、高齢者、サラリーマンとさまざまで、賃貸物件の管理会社など企業からの依頼の可能性もあります。

エアコンクリーニングなどは基本的に一般消費者がターゲットとなりますが、店舗の定期清掃などの事業であれば企業がターゲットとなります。

集客効果を高めるためにも、ターゲットは明確にし、そのターゲットにフォーカスしたSEO対策を行いましょう。

PDCAサイクルを早く回す

PDCAサイクルを回して、適切なSEO対策が行えているのかを分析することは重要です。

施策を実行してそれで終わりではなく、その結果をみて分析するところまでが1つのサイクルです。

PDCAサイクルを素早く回していくことで、問題点の洗い出しや改善へと向かいやすくなります。

もし思うような結果が出なかった際は何がいけなかったのかを考える必要があります。
具体的にはPV数の把握から、検索流入の詳細分析、キーワードの再検討などを行うと良いでしょう。
PDCAサイクルを回すには下記ツールが便利です。

  • GoogleSearchConsole
  • GoogleAnalytics
  • サジェストツール

サイトの表示スピードを速くする

サイトの表示スピードが遅いとユーザーは閲覧をやめてページから離脱してしまう可能性が高くなります。
これはデータでも立証されていて、2017年に発表された研究結果では「ページの読み込みに3秒以上かかる場合、ユーザーの53%が離脱する」(※1)とされています。

また、表示スピードは検索順位の決定要因の一つであることも公表されており(※2)、表示スピードを速くすることは立派なSEO対策になり得ます。

一つの目安としては、ページ表示速度3秒以内を目指すといいでしょう。

参照※1:Find Out How You Stack Up to New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed

参照※2:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します|Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]

成果が出るまでに時間がかかることを理解する

SEO対策を行ってもすぐに結果が出るわけではなく、新規サイトの開設から半年〜1年間くらい、既存サイトの場合でも3〜6ヶ月ほどの時間を要します。

この期間はあくまで目安ですが、SEO対策を実施して次の日に突然成果が現れるわけではないということは理解しておきましょう。

ハウスクリーニング業者のSEO対策でやってはいけないNG行為

ここからは、ハウスクリーニング業者のSEO対策においてやってはいけないNG行為を紹介します。

具体的には以下の4点が挙げられます。

  • 他記事のコピーなど低品質なコンテンツを作らない
  • 低品質な被リンクは非認にする
  • ユーザーに寄り添った運営をしていない
  • 全く更新されていない

他記事のコピーなど低品質なコンテンツを作らない

他記事からコピーした内容など、低品質なコンテンツは検索順位を下げる要因となるため、コピペ(コピー&ペースト)は行わないようにしましょう。

「質の低いコンテンツ」として、Googleから手動で対策を受ける可能性があり、サイト全体の評価の低下につながります。

低品質な被リンクは非認にする

被リンクには低品質なものも存在し、それらはつけないか、非認にするようにしましょう。

被リンク欲しさに購入して付けられたものや、低品質なサイトからのリンクは、悪質なリンクとみなされペナルティが課せられる可能性もあります。

サイト自体に悪影響を及ぼしかねないため、被リンクの購入はNGです。

ユーザーに寄り添った運営をしていない

ユーザーの意図に寄り添わずに、ニーズのない記事やコンテンツばかりを投稿しつづけても、Googleから評価されず検索順位も上がることはありません。

検索意図を理解し、「ユーザーが求めている情報はなにか?」を考慮して、ユーザーに寄り添った運営を心がけましょう。

全く更新されていない

長期間更新されずに放置されているサイトは、Googleなどの検索エンジンからの評価が低下し、検索上位に表示されなくなります。

あまりにも更新されていないと、「このサイトは古い情報ばかりだ」とユーザーからの不信感にもつながります。

料金や消費税などの情報が更新されていない場合は、「内容が違う」とトラブルになる可能性もありますので、全く更新されていないということがないように気をつけましょう。

ハウスクリーニング業者のSEO対策ならand media株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

ハウスクリーニング業者のSEO対策でお悩みの方は、ぜひand media株式会社にお任せください。

SEOに精通したプロフェッショナルチームが高品質なコンテンツを作成し、最新情報も取り入れながら集客数・売上増加を支援します。

and media株式会社は、BtoB事業に強い支援会社として多数の企業から高い評価をいただいております。法人向けのSEO対策やクライアントの強みを活かした記事制作を得意としており、企業の売上アップにつながる施策を提供します。

ハウスクリーニング業者の申し込みや資料請求などのCV増加から逆算した効果的なSEO対策が可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:ハウスクリーニング業者のSEO対策を実施して集客を強化しよう

ハウスクリーニング業において集客増加を目指すならSEO対策は重要です。

その地域でハウスクリーニングを検討しているユーザーを確実に呼び込むためにも、SEO対策を実施して、Webからの流入で申し込み・成約につなげましょう。

正しいSEO対策を継続して実行すれば、大きな成果が見込めますので、ユーザーを獲得できるような適切な施策を実施しましょう。