SEO無料相談受付中!

弁護士事務所向けのSEO対策9選!取り組むべき理由や手順も解説

SEO対策は、弁護士事務所の集客に効果的な方法です。

インターネットを活用してユーザーに役立つコンテンツを届けることで、弁護士への相談を考えているユーザーを的確に集客できます。

本記事では、弁護士事務所がSEO対策に取り組むべき理由や具体的な対策方法、SEO対策の始め方について紹介します。

インターネットを活用した集客を目指している弁護士事務所の方は、ぜひ参考にしてください。


SEO対策のお悩み解決します!

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

被リンク対策

Image 1

被リンクを獲得するためのリリースの打ち方が分からない

Image 2

弊社独自のdofollowリストを活用し被リンクを獲得します

SEO記事制作

Image 1

SEOで上位表示できる記事が作れない

Image 2

採用率1%のライターが貴社のSEO記事を制作します

オウンドメディア運用

Image 1

オウンドメディアで全然リード獲得できない

Image 2

月間1,000CV以上の実績を元に運用代行します

弁護士事務所がSEO対策に取り組むべき理由

弁護士事務所がSEO対策に取り組むべき理由は、以下の3つです。

  1. 競合の弁護士事務所と差別化を図れる
  2. インターネット検索で弁護士を探すユーザーが多い
  3. プル型のアプローチが可能になる

それぞれの理由について解説します。

競合の弁護士事務所と差別化を図れる

最大の理由は、競合の弁護士事務所と差別化を図れることです。自社の強みが伝わるようなコンテンツを作成し続けることで、競合との差別化やブランディング効果が期待できます。

弁護士としてのスキルが高くても、ユーザーに認知されていなければ、依頼や相談にはつながりません。

自分たちの弁護士事務所ならではの強みをアピールすることで、相談してみたいというアクションにつながるでしょう。

また、明確な差別化を図ることで、顧客とのミスマッチを防ぐことにもつながります。

インターネット検索で弁護士を探すユーザーが多い

弁護士事務所の利用者は、その大半がインターネット検索で弁護士を探しています。ユーザーが検索したときに自社サイトにアクセスしてもらうには、日頃のSEO対策が欠かせません。

近年は、SEO対策に取り組む弁護士事務所も増えており、競合に負けないためにも早めに手を打つことが重要です。ユーザーの悩みを解決するコンテンツを作成できると、弁護士事務所の信頼度アップ、お問い合わせ数増加につながるでしょう。

プル型のアプローチが可能になる

営業活動の仕方には、プル型とプッシュ型の2種類があります。プル型はユーザー側から企業側へ問い合わせを受けて対応する方法、プッシュ型は企業側がユーザー側へ積極的にアプローチする方法です。

SEO対策に取り組むと、プル型のアプローチができるというメリットがあります。弁護士事務所側からアプローチしなくても、Webサイトを見たユーザー側から接触してもらえるため、営業活動の手間がかかりません。

弁護士事務所に有効なSEO対策9選

弁護士事務所に有効なSEO対策は、主に以下の9つです。

  1. 複合キーワードで上位表示を狙う
  2. 法人向けと個人向けでページを分ける
  3. 相談内容ごとにカテゴリー分けをする
  4. 弁護士と関連性の高い被リンクを獲得する
  5. E-E-A-Tを高める施策を実施する
  6. ユーザーの悩みに合わせた有益なコンテンツを作成する
  7. タイトルにキーワードを入れて最適化する
  8. SNS運用とかけ合わせる
  9. Googleビジネスプロフィールを最新情報に更新・充実させる

もちろん、上記の施策だけに留まりません。この記事では、特に重要な施策のみに絞って紹介します。

複合キーワードで上位表示を狙う

「離婚 養育費」「交通事故 慰謝料 高い」のように、複数の単語を組み合わせてできたものを複合キーワードと呼びます。弁護士事務所のSEO対策を成功させるには、このような複合キーワードをうまく攻略することがポイントです。

対策する複合キーワードは、具体的であればあるほど、ユーザーの悩みに対してピンポイントでアプローチできます。年齢・性別・家庭環境・被害状況など、ユーザーが置かれた状況を正確に把握できるような複合キーワードを選びましょう。

法人向けと個人向けでページを分ける

弁護士事務所のホームページを作る際は、法人向けと個人向けでページを分けることも大切です。

法人が抱える悩みと個人が抱える悩みは大きく異なっているため、それぞれに適切なコンテンツを用意しなければなりません。

法人と個人では費用に対する感じ方も変わるため、それぞれの予算感を理解したうえで価格設定をするのも重要です。法人と個人のそれぞれに適切なページを用意して、Webサイトを訪れたユーザーが迷わないように誘導しましょう。

相談内容ごとにカテゴリー分けをする

弁護士事務所のSEO対策では、相談内容ごとにカテゴリー分けすることも重要です。一口に弁護士事務所といっても相談内容はさまざまなので、コンテンツがカテゴリー分けされていると、ユーザー自身の悩みに合わせたコンテンツを見つけやすくなります。

また、相談内容ごとにカテゴリー分けをすることで、専門性の高さをアピールできる点もメリットです。「離婚」「債務整理」「交通事故」など、カテゴライズして記事を作成しましょう。

弁護士と関連性の高い被リンクを獲得する

弁護士事務所のSEO対策で成果につなげるには、弁護士と関連性の高い被リンクを獲得するのも効果的です。

被リンクの量と質は、Webサイトの信頼性を測るための指標の1つであり、コンテンツの検索順位にも大きく影響を及ぼします。

弁護士と関連性の高い被リンクを獲得できると、Googleから「信頼性が高いWebサイト」として評価される可能性があります。

その後に、作成・アップロードする新規コンテンツの検索順位も上昇しやすくなるため、被リンク対策は十分に行わなければなりません。

E-E-A-Tを高める施策を実施する

E-E-A-Tとは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字をとったSEO用語です。

Googleのような検索エンジンや、Webサイトを訪れるユーザーからの評価に関係します。

E-E-A-Tを高めると、検索エンジンやユーザーから「専門性が高い」「信頼できる」といった高評価を得られるでしょう。近年ますます重要度が高まっている指標なので、弁護士事務所のSEO対策をする際も重点的に取り組まなければなりません。

ユーザーの悩みに合わせた有益なコンテンツを作成する

SEO対策では、ユーザーの悩みに合わせた有益なコンテンツを作成することが重要です。ユーザーがどんな悩みを抱えて検索しているか、どんなコンテンツがあればその悩みを解決できるか、想像力を働かせながらコンテンツを作成しなければなりません。

ユーザーの悩みを解決するには、よくある悩みを分析したり、弁護士事務所を訪れる人の状況を深く理解しなければなりません。ユーザーからの信頼を獲得して、「いざというときに依頼しよう」と思ってもらえるような弁護士事務所を目指しましょう。

タイトルにキーワードを入れて最適化する

Webサイトに掲載するコンテンツを作成する際は、タイトルや見出しに検索キーワードを入れて最適化する必要があります。検索キーワードの入れ方は、コンテンツの検索順位にも影響を与える重要なポイントです。

Googleなどの検索エンジンには「クローラー」と呼ばれるロボットが存在し、インターネット上にどのような情報があるのか精査しています。

自社サイトを訪れたクローラーに、コンテンツ内容を正しく伝えるためには、タイトルや見出しに対策キーワードを入れることが重要です。

SNS運用とかけ合わせる

弁護士事務所のSEO対策を行う際は、SNS運用と掛け合わせると相乗効果が期待できます。

最近では、若い世代を中心にSNS検索が増えており、Google検索だけでは見込み客の取りこぼしが発生してしまいます。

SNS運用を始める際は、X(旧Twitter)やInstagram、TikTokなど、利用者が多いSNSを選ぶことがポイントです。Webサイトに掲載したコンテンツを加工してSNS用に仕上げると、コンテンツ作成の手間を減らしながらSNSも運用できるでしょう。

Googleビジネスプロフィールを最新情報に更新・充実させる

Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供している無料の情報管理ツールです。弁護士事務所の最新情報を登録することで、Googleのサービスを利用するユーザーに見つけてもらいやすくなります・

Googleビジネスプロフィールの運用自体は無料で行えるため、自社のリソースを割かずに集客力を高められるのがポイントです。SEO対策と組み合わせて適切に運用すれば、高い費用対効果が期待できるでしょう。

弁護士事務所のSEO対策の始め方

弁護士事務所のSEO対策の始め方は、次の2パターンです。

  1. 自社で対策する場合
  2. SEO対策会社に依頼する場合

それぞれの始め方について解説します。

自社で対策する場合

SEO対策を自社で行う場合は、本記事で紹介した以下9つの方法を実践するのがおすすめです。

  1. 複合キーワードで上位表示を狙う
  2. 法人向けと個人向けでページを分ける
  3. 相談内容ごとにカテゴリー分けをする
  4. 弁護士と関連性の高い被リンクを獲得する
  5. E-E-A-Tを高める施策を実施する
  6. ユーザーの悩みに合わせた有益なコンテンツを作成する
  7. タイトルにキーワードを入れて最適化する
  8. SNS運用とかけ合わせる
  9. Googleビジネスプロフィールを最新情報に更新・充実させる

一つひとつの施策を丁寧に実行することで、インターネットを活用した集客力アップにつながります。

実際にSEO対策に取り組む際は、優先順位をつけてから着手することも大切です。自社にとって効果的な施策を見極めて、効率よく対策していきましょう。

とはいえ、自社で行う場合、SEOに熟知した人材やリソースが欠かせません。もしいずれかでも不足している場合、以降で紹介する方法を検討してみてください。

SEO対策会社に依頼する場合

SEO対策会社に依頼する場合は、弁護士事務所への支援実績が豊富な会社に依頼するのがおすすめです。弁護士事務所への支援実績があるSEO対策会社に依頼すると、ITに関する専門知識と法律関係の業界知識を活かした施策を提案してもらえるでしょう。

SEO対策会社への依頼は、担当者のスキルや経験によって成果が大きく変わります。

実績豊富な担当者や、法律に精通した担当者がいるかどうか、事前に確認してから依頼しましょう。

弁護士事務所のSEO対策ならand media株式会社

会社名 and media株式会社
設立 2019年4月15日
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町27-14
電話番号 03-4500-9407
URL https://andmedia.co.jp/

弁護士事務所のSEO対策で迷ったときは、and media株式会社にお任せください。

SEOに強いディレクター、厳選されたライターによるプロフェッショナルチームがサイト運営を支援します。自社メディアで培った実績やノウハウを活かしつつ、成果につながるコンテンツを作成します。

サイト設計や運営戦略の立案はもちろん、地域に特化したSEO施策、プレスリリースを活用した業界の良質な被リンク獲得サービスなど、柔軟なご支援も可能です。

丁寧かつ入念なヒアリングを行い、ターゲットとするユーザーに沿ってキーワード選定から行います。

オンラインで日本全国の弁護士事務所に対応できますので、ぜひお気軽にご相談ください。

andmediaに無料相談する

まずは資料請求

まとめ:弁護士事務所こそSEO対策で集客をしよう

弁護士事務所の集客数を増やすには、SEO対策が有効です。競合との差別化になるうえに、プル型のアプローチも可能になるSEO対策は、費用対効果が高い集客方法の1つです。

弁護士事務所のSEO対策を成功させるには、高品質なコンテンツ作成や被リンク対策など、幅広い施策を打たなければなりません。

ユーザーや検索エンジンからも信頼されるようなSEO対策を実施しましょう。